なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

saima

男性 - 神奈川県

平均点 88.681点
最終レビュー日 2019年10月15日
1,929 694 36 4,544
レビュー 店舗 スキ いいね

「らーめん(中・ニンニク・生姜)」@らーめん きじとらの写真【訪問日:10月4日】

二日酔いで半日程のた打ち回った後
午後イチ、腹拵えに向けて外出。
昼休みに入る店が多い時間帯につき
本日は、通し営業候補から此方を訪問。
荒れた胃を鑑み、キーマは自重し表題メニューで臨みますw

先客が多かった割に調理待ちは少なく、然程も経たずに着丼。
丁度良く盛られたヤサイを数口挟んでから、麺・スープに移ると
目論見通り、芳しくない胃腸に寄り添った、ほんのり塩気が効いた味わい(笑)
そんなアッサリタイプながら、此処の特徴的な平打ち麺・ヤサイの受け皿として弱い感は無く
ニンニク・ショウガの後押しも手伝い、箸が止まりませんね~。
徐々に胃腸が復活に向かってきたところで、次は卓上アイテムから
食べる辣油を少々投下し、程良い刺激感を堪能。
食後のスッキリ感を求め、〆は前日同様にお酢を少々垂らし
酸味を帯びたスープを数口啜り、完食としました。
どうもご馳走様です!!

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 25件

「【期間限定】辛味冷し塩そば+味玉」@81番の写真【訪問日:9月10日】

間髪入れず、次は姉妹店の此方を訪問。
お目当ては、冷やしでは二年ぶりとなる表題メニューです。
食事時でそこそこ混み合っていましたが
僅かな空きに恵まれ、直ぐ様着席。
中太縮れ麺の旨を伝え、出来上がりを待ちます。

そして着丼後。
先ずは、鶏・貝の旨味が効いたデフォの状態から食べ始め
梅雨時期以来、冷仕様ならではの美味さを堪能w
人心地ついてから、辛味を全体に馴染ませず部分的に啜ると
ハラペーニョが含まれるだけあって、相応に辛さが来ますが
元の作りを損なわい塩梅につき、旨辛レベルに美味しく頂けますね~。
以降、キンキンに冷えているので涼は取れるものの
ジワジワ来る辛さに汗を浮かばせるという、矛盾した流れにて完食(笑)
どうもご馳走様でした!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

「【平日限定】豚煮干ラーメン」@湖麺屋 Reel Cafeの写真【訪問日:9月2日】

静岡を後に、北上する事小一時間。
続いては、9ヶ月ぶりとなる此方へやって来ました。
平日遅めの時間にしては、結構な盛況ぶりで
珍しく席を指定され、壁側に着席。
オーダーは、4年ぶりとなる表題メニューで臨みます。

調理待ちが嵩んでいたせいか、ややあって着丼。
早速一口啜ると、表題通りに煮干の風味が立つもので
更に厚みを持たせる上で、豚の要素が変わらず良い仕事をしてますね~。
塩らしかぬスープに対し、ウェーブのかかった細麺も食感が印象的で
脇を固めるチャーシュー・焦がし葱含め、何処を向いても平坦な部分が見当たらず
余分な卓上アイテムの出る幕無しw
正直、気温的には冷やしに期待するところもありましたが
食べ終わってみれば、これで良かった…と思える位に満足のいく一杯でした。
どうもご馳走様です!!
暮れの遠征回は確定として、年2回訪問では寂しい気がするので
10月か11月の何れかにもう1回、日帰りで来たいですね…。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 16件

「【期間限定】冷塩レモン(ニンニク・トウガラシ)」@麺屋 づかちゃんの写真【訪問日:7月30日】

梅雨明けらしい猛暑に耐えられず、冷房が効いた所で一旦休憩(-_-)
やや過ごしやすくなった夕暮れ後、一駅歩いて此方へやって来ました。
オーダーは、去年からの課題だったメニューを迷わず選択。
混み合う時間帯でしたが、幸いにも空き席に滑り込めた為
然程待たずに出来上がりを受け取ります。

軽く和えてから頂くと、案内にあった様に
肝となる麺の冷たさはバッチリで、昨シーズンの弱点を確り改善。
元々、冷やし映えするレモンの酸味が効いた作りは素晴らしかったので
麺の問題がクリアされた事で死角が無くなり、只々美味い!と言う他ありませんね~。
パーツ毎に見ると、ふわとろなチャーシューが神懸っており
連食で無ければ、豚増し…或いはお土産購入は待った無し(笑)
後半は避けていたニンニクを馴染ませ、よりジャンク感の増した味わいに浸りながら完食としました。
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「【裏メニュー】ごぐにぼ」@長尾中華そば 第4回 夏祭り ねぶた・七夕 青森・宮城物産展の写真【訪問日:7月22日】

東急東横店の催事に出張中の此方を目掛け
仕事明け一直線、渋谷へ急行w
平日の開場直後ともあって、客入りが疎らな中
ポールポジションを確保後、オーダーを検討。
限定作と相当に悩んだ末、今回は表題メニューで臨む事にしました。

慣れない百貨店職員さん故、やや覚束無いオペレーションにて着丼。
絵面的には、通常版と変わり映えしないものの
いざ啜ってみれば、出汁感がクローズアップされ易い塩が活きた格好で
煮干のエグみが、より一層際立つ味わいとなってますね~。
また、個性の強いスープとタッグを組む太麺も、モチモチ食感で負けておらず
個人的には細麺では無く、此方を選んで大正解d(>_< )
合間の箸休めとなる、ネギ・チャーシューも各々良く働き
終始、濃厚仕様に閊える事無く、スープの一滴すら残さず完食としました。
どうもご馳走様です!!
梅雨明けを感じさせる暑さの到来を受け、次は神田店で冷やしを頂こうと思います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【期間限定】冷やし汁なし担々麺(大盛・ショウガ)」@らーめん きじとらの写真【訪問日:7月2日】

本日は脇目も振らずに定点観測!…との副題に沿い
此方を目指し、淵野辺までドライブ。
道中から何を食べようか考えていましたが、到着するなり
新作の表題メニューを見つけ、一時間もの熟考をフイに注文決定(笑)
アイドルタイムにつき、そう待たずに出来上がりを迎えます。

基本は細麺仕様ながら、太麺もOKとの事で迷わず後者バージョンにてご対麺w
大盛につき、ある程度は覚悟していたものの
ヤサイも相応の盛り具合で、天地返しは諦めて局地的に混ぜ返しながらスタート。
此処の酸辣湯を思わせるほのかな甘味を伴った箇所については、以前頂いたものと同様ですが
挽肉部分の旨味は主張が激しくなり、担々テイストが増した感じですね~。
また、非推奨の麺については、アナウンス通りの硬さでしたが
挽肉&食べる辣油によるメインどころとの相性は頗る良く、太麺&大盛のチョイスで大正解d(>_< )
終盤、麺を絡ませる部分が少なくなってきてからは、卓上調味料の食べラーを追加で投下する事で
麺ボリュームを余さず楽しみ、完食としました。
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 25件

「【期間限定】冷やし塩そば(中太手もみ麺)」@81番の写真【訪問日:6月23日】

車の戻り時間の都合上、予定していたらーめん きじとらは断念…。
このまま帰ろうかとも思いましたが、隣駅の此方を思い出し
急ハンドルで進路変更(笑)
ランチ帯から外れた時間ながら混み合う店内を横目に
表題メニューの食券を店員さんに手渡します。

出汁具合がクリアに表れる冷やし仕様により、普段に増して鶏由来の円やかさと貝の滋味感が顕現w
こってり派につき、塩の行きつけ店が圧倒的に少ない自分ですが
この厚みのある味わいは、温でも冷でも楽しめて全く飽きが来ませんね~。
対となる手もみ麺の食感を楽しむ傍ら、トッピングでは二種のチャーシューと乾燥エノキが活躍し
特に後者は、スープの引立てにバッチリd(>_< )
生憎の冷やし映えしない曇天での実食でしたが、最後まで満足感が途切れないまま完食と相成りました。
どうもご馳走様です!!
次は冷やしの提供が終わるであろう9月頃に、辛いバージョンを頂きに来ます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 11件

「【限定】我流豚星。台湾混蕎麦(大蒜・マヨネーズ)+塩」@豚星。の写真【訪問日:6月11日】

缶詰仕事中からの遅めの昼メシ時。

予告通り、本日は此方の台湾を塩&マヨネーズで頂いて来ました。

ピークを外して臨んだつもりが、人気メニューならではの混雑帯が続き

おおよそ1時間半にて着丼…(^_^;)

円やか仕様を楽しむべく、ホアジャオ抜きで頂きましたが

これが当たり、前回とは食べ易さが段違いw

辛さが幅を利かせる元の作りは、後半で息切れを起こしがちですが

麺のボリュームを楽しむ事にかけては、この組合せに軍配が上がりますね~。

ただ、それでも追い飯の余地は無く、今回は麺・具材を浚い切って終了(笑)

次は出来るかどうか解りませんが、カレー券を付けて台湾印度とイケれば…と思います。

どうもご馳走様でした!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 66件

「【期間限定】冷やし鯵煮干しそば+キーマカレー」@讃岐ラーメン はまんど横須賀の写真【訪問日:6月1日】

連休最終日。
遠征時に行けなかった讃岐らーめん はまんどを惜しみ
本日は、その横須賀店を目がけてドライブ訪問。
前回の訪問時も、四国遠征で回れなかった後の反省回と
歴史に学ばない自分を嘆きつつ、目一杯頼ませて頂きました(笑)

カレー、次いで麺の順に着丼。
先ずは麺・スープから啜ると、“冷やし”“塩”と
出汁を強調させる要素が重なった事もあり、鯵の旨味が程良く香る味わいとなっています。
そのスープを引き立てるべく、チャーシュー・そぼろ・バラ海苔・野菜諸々等
各トッピングも良い仕事をしており、個人的には味変役としてワサビの配置がポイントでしたね~。
また、冷たく締まった細麺で涼を取る傍ら頂いたキーマカレーも絶品で、箸休め以上の満足感w
連食でなければ、今回の様な麺とのセットも有りだな~と思いつつ完食としました。
どうもご馳走様です!!

2回に渡る遠征での攻略失敗と、此処最近弛みがちな横須賀エリアへの麺活を省み
今後は此処を中心に、コンスタントに半島方面の食べ歩きを再開しようと思います…(^_^;)
…そして次の四国遠征は、絶対に本拠地のはまんどを訪れます!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】トロトロ豚軟骨そば」@づゅる麺 池田の写真【訪問日:5月16日】

毎年恒例の行事を終え、ホッと一段落。
それに伴い空腹が押し寄せてきた為
午後仕事前の気つけに、此方で腹拵え(笑)
オーダーは、限定提供中の表題メニューで臨みます。

大昔の沖縄旅行を思い返す内、出来上がりが到着。
現地で頂いた記憶では、紅生姜が載ったり?豚は角煮だった様な?と
かなり混在していますが、ググってみたところでは本場と遜色無いビジュアル。
一口啜ると、見た目通り塩ベースに基づいたアッサリ型な味わいで
必然的に、旨味たっぷりの豚軟骨が際立ちますw
ただ、ツイートに紹介は無かったものの、薄めの味付けをフォローすべく
沖縄そばの定番である“こーれーぐす”が、中盤以降の味変ポイントとして活躍。
泡盛の風味に少々強めの辛味が乗り、趣が劇的に変わったスープを
汗滲ませながら頂き、完食としました。
どうもご馳走様です!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件