なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

saima

男性 - 神奈川県

平均点 88.681点
最終レビュー日 2019年10月15日
1,929 694 36 4,544
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば(並)+メンマ・海苔」@中華そば 葉山の写真【訪問日:9月29日】

よくよく考えたら、増税前ラストの麺活につき

新規課題店や遠隔地の限定等の冒険は止め、此方に向けて針路変更。

行列が伸びきる前に接続出来た事もあり、比較的スムーズに入店し

席についてからは、そう待たずに出来上がりが到着。

ほんのり魚介が効いたスープは、口当たりこそ柔らかながら

モチモチ食感の縮れ麺や硬めのメンマの受け皿に確りハマっており、本日も安定の組立ですね~。

メンマが地味に咀嚼力を必要とする為、中盤辺りにて遭難しかけたものの

残して帰るのはあり得ないと奮起し、以降はペースを落として進行(笑)

これが功を奏し、麺・メンマ・ネギの順に食べ終え

最後はスープの美味さに浸れる位に持ち直し、無事完食としました(^_^;)

どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

「ブラックらーめん(大)」@麺創研 紅 BLACKの写真【訪問日:9月15日】

長丁場前の腹拵えに、本日は此方を訪問。
着席後、後続の都合で席移動をしたりと
祝日らしい混雑ぶりを感じつつ、麺大盛をオーダー。
ワンオペかつ調理待ちが多めともあって
普段より長めの待ち時間を経て、出来上がりを受取ります。

啜り易さを求め、先ずは野菜から着手。
2~3口後、改めて麺・スープを頂くと
中華鍋で確り炒められた分、醤油の香ばしさが前面に効いた味わいで
ブラックペッパー・ニンニクによるアシストが、より満足感を嵩上げw
太さがバラバラの乱切り麺も食感で負けておらず、麺大盛のチョイスは大正解でしたね~。
連続して啜るのが難しいしょっぱさは、野菜・叉焼を合間に挟む事で多少緩和され
美味しく頂ける範疇でスープを堪能し完食。
どうもご馳走様でした!!
新ブランド立上げに伴う営業短縮後、目立った続報は無いですが
ブラック好きとしては、是非とも此処の存続を望むところですね…。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 7件

「ラーメン(小・身入り)+海苔・ネギ・ニンニク」@手打ち中華そば 酒田の写真【訪問日:9月12日】

蒲田を後に、次は京急線を跨いで
此方で二杯目を頂く事に。
昼只中につき、背後霊待ちからややあって着席。
目まぐるしいワンオペだったせいか、細かな調整を頼む間が無く
トッピングの他は、プラス身入りのみで臨みます。

麺、次いでニンニクの別皿の順にて着丼。
葱を巻き込みつつ、麺・スープから頂くと
魚介がほんのり効いた味わいで、何時もの如く
厚みを持たせる上で、身入りが良く働いています(^_^)v
また、コクが増す反面、途中から凭れてくるデメリットも
増しにした葱の苦味が活き、連食ながら疲れ知らずに進行w
卓上のタレでセルフ濃口にした後、中盤からはニンニクを投下し
劇的に化けた味を堪能しつつ完食としました。
どうもご馳走様です!
一時休業だった平間店も再開との事で、次は極太麺がリリースされたら
そのタイミングを狙って来ようと思います。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 5件

「【限定】冷やし醤油らーめん+味玉(クーポン)」@40番の写真【訪問日:9月10日】

台風の後始末に明け暮れ、昨日は麺活無しで帰宅。
その気分転換がてら、本日は映画を楽しんでから
ハンドルを握り、此方から頂く事に。
オーダーは、この暑さから表題メニューを迷わず選択。
比較的空いていた為、然程待たずに出来上がりを迎えます。

先ずはスープから啜ってみると、野菜メインとは思えない厚みのある味わいで
春に頂いた、“洋”の持ち味が遺憾無く活きた格好。
出汁感が出易い冷やしバージョン故、トマトの風味が感じ取りやすいのも
涼を取る目当てに叶って、箸が止まりませんね~。
油分多めが些か食べ手を分けるところはあるものの、個人的にはカイワレ・紫玉葱が
箸休めとして働いている分で気にならず、麺・スープ共に閊える事無く進行。
蒸し暑さが戻った日和にあって、すっきりと頂ける良い一杯でした。
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン(身入りW)+ネギ・ニンニク」@手打ち中華そば 酒田 平間店の写真【訪問日:7月14日】

長丁場前の小休憩。

京町本店に行ってから、間も経ってないですが

極極太麺目当てに、本日は此方を訪問。

…が、ツイートは出ているのに、訊くと提供はしていないそうで

どうにも、本店との連携が取れてない様子…(ノД`)

課題だったニンニクは、身入りWとネギと併せて

パンチ力が格段に増すもので満足度が高かったですが

それだけに、相性が良いだろう麺とセットで頼めなかったのは残念でしたね~。

近々、本店でもニンニク・極極太麺が始まるそうなので

提供が安定してきた時期を見計らい、行ってみようと思います。

どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「ラーメン(小・こい口・身入りW)+海苔」@手打ち中華そば 酒田の写真【訪問日:7月6日】

元住を後に、次はケンチャン気分が高じた為
南武線経由にて、此方を訪問。
ランチ帯から外れた時間ともあって、スムーズに入店後
表題メニューを身入りWでオーダー。
調理待ち数も少なく、間も無く出来上がりを迎えます。

先ずは麺・スープから頂くと、魚介系をベースに
身入り効果で、更に味わいに奥行きが加わった塩梅。
増して、今回はそれを“W”で頼んだ分
食感の強い縮れ麺の受け皿として、しっかり立っていましたね~。
反面、デフォのスープの油分の強さと併せては、やや胃が疲れてしまったので
以前の様に、脂少なめが正解だったかなと頼み方を反省…。
程良い小サイズにつき、遭難には至りませんでしたが
スープまでは充分に堪能し辛く、やや課題を残す形にて完食としました。
どうもご馳走様です!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「中華そば(小)+メンマ」@中華そば 葉山の写真【訪問日:7月4日】

芸術点の高い一杯を頂いた後、護国寺から南下する事30分。
続いては、此方で二杯目を頂いて来ました。
雨予報から、多少は列も緩いだろうとの目論見が当たり
程無く入店し、表題メニューをオーダー。
メンマ増しが叶った事に満足しつつ、出来上がりを待ちます。

盛りに盛られたメンマをグッと我慢し、先ずはスープから頂くと
魚介が確り効いた此処ならではの味わいで、ホッと一息w
手間暇かかった縮れ麺の食感とのコンビネーションも変わらず好調で
梅雨冷の中、程良く暖が取れていく様です…(~O~)
人心地ついてからは、楽しみだったメンマを合間に
後続から煽られる事無く、じっくり堪能(笑)
ボリュームも相当で、麺小盛らしからぬ満腹感のまま完食としました。
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 11件

「チャーシュー麺」@尾道ラーメン 丸ぼしの写真【訪問日:5月31日】

長かった遠征もいよいよ最終日。
宿を取っていた新居浜から、別子~今治~しまなみ海道と経て
おやつ時にスタート地点である尾道に到着。
レンタカー返却まで猶予があった為、それならば麺活!と決め
此方へやって来ました。
煮干やおいなりラーメン等、独自色が目立つ布陣の中
今回は表題メニューで臨みます。

表面を彩るチャーシューを横目に、先ずはスープから啜ると
背脂こそ、4日前に頂いた朱華園程のインパクトは無いものの
小鯛・小魚ベースがスープの輪郭を象り、味わいでは引けを取らず。
コシの強めな縮れ麺の食感は、前述店より好みで
今治で寿司を喰った後で無かったら、麺大盛は必須でしたね~(^^)d
また、薄状にスライスされたチャーシューも、合間に挟む一品として良い仕事をしており
家系の海苔巻きスタイルよろしく、麺を包んで頂くと得も言えぬ満足感が…(笑)
吃驚する程喉が乾かない…との謳い文句通り、レンゲの辞め時が中々見つからず
汁完こそしませんでしたが、ギリギリまでスープを楽しみ完食w
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「なべ焼きラーメン(普)+ごはん(小)」@橋本食堂の写真【訪問日:5月29日】

遠征三日目。
前日、不首尾に終わったカルスト攻略戦からの戻り道で
時間に余裕があった為、鍋焼きらーめんを正しく頂こうと思いつき
急遽、此方を訪問する事にw
ランチ帯只中の突入で、待ちが心配でしたが
何とか空き席に潜り込め、そう待たずに出来上がりを迎えます。

今回は、“正しく”ライスを添えての実食(笑)
先ずは麺・スープから頂くと、前日頂いた鍋焼きラーメン まゆみの店同様
スープは鶏ガラが強めに効いた味わいで、麺の食感も細状ながら硬めで
釣り合いが取れた仕様となっています。
細かな違いで言えば、鶏肉の量が若干少ないかな~という印象でしたが
良心的な価格を思えばマイナス要素には成り得ず、誤差の範疇。
基本部分を一頻り頂いてからは、手を付けていなかった卵黄を
ライスに載せ、そこへ醤油代わりにスープを投下。
卵かけご飯的なアプローチが当たり、麺と交互に楽しみ完食としました。
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「鍋焼きラーメン(並)」@鍋焼きラーメン まゆみの店の写真【訪問日:5月28日】

遠征二日目。
鍋焼きラーメンが食べたい!をスローガンに
宿を取っていた伊予市から四国カルストを経て
此方へやって来ましたw
品書きには塩やカレー版があったりと、バラエティに富んでいましたが
初回らしく、今回は王道の一杯で臨みます。

予想より待たずに着丼。
恐々と蓋を外し、早速頂くと醤油ベースに鶏ガラの旨味が前面に出た味わい。
パンチの効いたスープに対し、一見すると華奢に映った細麺も
実際に啜ってみれば、硬めの茹で加減がストンとハマっており
両者、丁度良いパワーバランスになっています。
また、トッピングでは、生卵・ちくわ・ネギ・鶏肉が本体を下支え
スープと被るものの、鶏肉が個人的に一番のポイントに感じましたね~。
鍋焼きラーメンについてイマイチ勉強不足だった為、〆のライスは頼まず
漬物をポリポリ齧りつつ完食(笑)
早仕舞いの看板にヒヤリとするものを感じながら、次の高知へと向かいました(^_^;)
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件