なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね
このレビューは移転前のものです。

「味玉ラーメン小630円(ニンニク有・野菜&味濃さ&脂各4倍」@ダントツラーメン 岡山一番店の写真青春18切符で行く2016年夏の西日本旅行の初日、この日は岡山にて宿泊しますが、その前に夕飯として利用しました。金曜日の午後9時頃の来店で、外待ちはありませんでしたが、店内待ちが6名くらい居ました。店員さんは3名体制でした。先に券売機で”味玉ラーメン小630円”の食券を買い、待っていると途中で「食券伺います」といわれて、食券を提出。その時に「ニンニクの有無」や「味の濃さ、脂の量、野菜の量」などを指定できます。今回は「ニンニクあり」にして「味の濃さ&脂の量&野菜の量を各4倍」で注文しました。前回とは味玉子の有無と味の濃さ&脂の量がそれぞれ多くなっている点で違います。

 店内で10分程度立って待ち、その後着席して7分程度待って登場!

 スープ:スープは前回よりも明らかに脂が多く入っていました。基本的にはモヤシタワーの上にドロッとかけられていますが、スープの中に入っている分も多くなっているような気がします。また味もかなり濃くなっていて、カエシの強さが際立っています。スープの出汁に関しては前回と同じ程度の濃さに感じました。個人的には「スープの出汁はむしろ普通のラーメンよりも薄いくらいかも」と思います。スープの出汁は薄めですが、それを補うニンニク&味の濃さ&脂の量だと思います。出汁そのものはいわゆる「二郎インスパイア系」のようなそれで、豚骨などのダシを取っているようです。

 麺:四角く角ばった麺で、加水率低め。最初はやや硬いと思いますが、しばらくずっとモヤシを食べていたので最初の硬さは分かりません。後半食べてそこそこの硬度を保っていたので、最初はもっと硬めだったかと思われます。二郎本体の麺と比べると角ばった麺である印象が強いです。またストレート麺で、やや太めでした。麺の美味さはそこそこ・・・悪くは無いですが、めっちゃ美味い!と言うほどとは思いませんでした。麺量は小サイズで150グラム、この量でも十分多いです。

 具:野菜(モヤシ)、味玉子1個、チャーシュー1枚など。野菜の量は普通から2倍、3倍・・・と8倍まで増やせるようで、前回と同じ4倍にしました。4倍だと二郎本体でやや多めに野菜を出す店と同じくらいでした。野菜はモヤシだけで、しかも細くて硬めのモヤシでした。シャキシャキサクサクとした歯ごたえで美味いです。チャーシューは前回は2枚でしたが、今回は1枚だけでした。脂身と赤身がバランスよく入っているばら肉で、適度にトロッとしていて悪くないです。味玉子はほぼ完熟の半熟玉子で、しばらく放置していたのでスープの熱で完熟状態になってしまったのかもしれません。茹で置きのようで玉子そのものはやや冷えていました。

 通常のラーメン小は570円で、味玉ラーメン小は630円。味玉子が60円増しと言う事になりますが、通常は味玉子が100円するので、これはお得感が出ます。玉子そのものはそれほど出来が良いとは思いませんでしたが、完熟ゆで卵よりかは半熟感が出ていました。野菜の歯ごたえはイイ感じで、カエシのタレがかかっているのかしっかりと味も出ていました。

 スープはそれほど出汁が出ているわけではないので、意外とあっさりといけます。今回味の濃さ4倍にしましたが、そこまで味を濃くしなくてもいいかな・・・とは思いました。脂量はむしろもっと多くてもいいくらいに感じました。

 値段の安さに対する量の多さは惚れ惚れするくらいでした。二郎系としてはライト過ぎるかなと思わぬでもないですが、食べやすくてこれはこれで良いです。つけ麺や汁なしもあるので、また岡山に来た時は寄りたいと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
このレビューは移転前のものです。

「ラーメン小570円(野菜4倍、ニンニク・背脂・味濃い目)」@ダントツラーメン 岡山一番店の写真2016年春の青春18切符で行く西日本遠征の初日です。この日は地元柏を始発で出発し、途中明石で下車して博物館や明石城址を見学。その後20時頃に岡山に到着しました。お腹空いたので早速、前回”2016年冬の青春18切符で行く西日本遠征”の時に閉店していて行けなかったこちら、ダントツラーメン岡山一番店にやって来ました。ダントツラーメンは昔、香川は高松にてダントツラーメン 高松一番店食べたことがあります。地方にある二郎系のお店として貴重な存在です。

 週末金曜日の20時過ぎの来店で、外待ちはありませんでしたが店内待ちが7名ほど発生していました。

 また他の方のレビューにもあるとおり、こちらのお店は二郎系としては驚くほどほのぼのとした雰囲気で、お客さんもかなりゆったりと召し上がっておられます。また複数人で来店したお客さんには、とりあえず一人ずつ別々に、座ってもらって、どちらかの隣が空いたらそこに移動してもらうと言う素敵なシステムを導入していました。
 
 メニューはなんと570円からあり、他に混ぜそばやつけ麺などもあります。二郎インスパイア系であっても、混ぜそばやつけ麺も一緒に発売しているお店は珍しいです。今回は初訪なのでラーメン小にしました。570円で麺量は150グラム、野菜の増しは8倍まで出来るようです。今回のオーダーは「ニンニク、味濃い目、背脂多め」でお願いしました。お客さんによっては「ニンニク別盛り」や「背脂4倍」などの注文をしている人もいました。

 店内待ち20分、着席してから10分待って登場!

 スープ:これはもうまぎれもなく二郎系スープのそれでした。やや濃い目の醤油と、少しだけ背脂が入ったスープ。また無料トッピングの背脂は野菜の山の上に盛られていましたが、想像よりも少なめでした。非乳化で二郎本体であればラーメン二郎 目黒店に近いです。二郎系としては、カエシの濃さは「かなり薄い感じ」ではありますが、それでもちゃんと美味いです。慣れない人はこのくらいサッパリした二郎系の方が受けはいいのかもしれません。

 麺:麺はラーメン 新橋店のような角ばった中太の麺で、二郎本家のような平打ちの麺とは違いました。小ラーメンは麺量150グラムと言う事で、普通のラーメンと同じくらいの量です。麺の風味や食感はなかなか良い感じ。大量のモヤシをワシワシ食べながら食べたのであっという間に無くなっていました。

 具:野菜はモヤシ&キャベツ、チャーシューは2枚入っていました。後で気が付いたのですが、このお店は味付け玉子が60円だったんですね。60円なら頼んで置けば良かったと後で激しく後悔しました。味付け玉子は宿題と言う事にします。。モヤシとキャベツの比率は、殆どがモヤシですがキャベツは芯に近い部分が少しだけ入っていました。モヤシは細いモヤシで、ザクザクした歯応えがあり硬めでした。野菜は通常、2倍、4倍、8倍・・・などと増量できるようですが、ラーメン本体を大盛にした場合、4倍だったか8倍だったか以上の野菜増量は出来ないようです。今回は4倍にしましたが、かなりの量のモヤシを堪能しました。ラーメンを食べにきたというよりも、モヤシスープを食べに来たような感じです。チャーシューはややパサですが基本的にはトロ系。厚い部分は1cm、薄い部分でも5mm位あり、それなりに重厚感があります。

 570円でこれだけのラーメンを食べられると言うのはかなりお得!野菜8倍は流石に怖くて出来ませんでしたが、4倍でもかなりの量でした。麺量を増量した状態で野菜4倍などは幾らなんでも無理そうです。二郎系としてはライトですが、ライトならではの良さがあって、なんなら二郎直系よりも良いかも知れません。次回は是非とも味玉子入りで注文したいと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「煮干し鶏白湯らぁめん700円」@らあめん丈の写真青春18切符で行く2016年最初の旅行の初日、岡山にやって来ました。本日は岡山にて宿泊するのですが、先ずは腹ごしらえと思い、色々歩いていました。本当はダントツラーメンに行きたかったのですが、正月3が日だったからか営業しておらず、以前にも食べたことがあるらぁめん丈さんにやってきました。

 どうしようか少し迷って入店。ジャージャー麺なんてのがあるらしく、気になったので注文しようとしたら、既に既定分売り切れてしまったそうです。うーんとなると・・・・以前食べたらぁめんは同じになるので止めて、食べたことが無いであろう「煮干し鶏白湯らぁめん700円」をチョイス。このお店は麺を選べるなんてありましたが、麺は選べませんでした。選べるらぁめんと選らべないらぁめんがあるようです。かつお梅を無料でもらえるので、お願いしました。

 注文から6分くらいで登場!

 スープ:ややあっさりとした鶏白湯スープでした。煮干のダシは出ているのかどうか・・・あんまりよく分かりません。スープの濃度としては、正月に食べた幸楽苑の司らーめんとどっこいどっこいでした。後半はかつお梅&辛味噌を投入して味を変えて楽しみました。個人的にはもう少し濃い方が好きですが、これもまあまあです。

 麺:麺は細ストレート麺でした。豚骨らーめんの麺に近いです。なかなかいい風味で、なるほどこのスープには合うと思います。麺量はそれほど多くは無くて、140グラムくらいかなと思われます。

 具:具は半分カット半熟玉子、ネギ二種類、メンマ、味噌ダレ、チャーシュー1枚など。チャーシューは硬めのパサトロタイプでしたが、なかなか美味いです。玉子はほぼ熟していました。ネギは青ネギと万能ネギ(白い部分)など。味噌ダレは少しだけ入っていて、これを溶かし込むと多少味が変わりました。

 以前食べた時の印象よりもやや良い印象でした。空腹だったからより美味しく感じたのかもしれません。昔と比べて値上げしているようですが、他店も値上げしているので割高感はそれほど感じません。ポイントカードなどもあるようですが、申し出ないと貰えないようでした。まあ岡山なので・・・ポイントカードを貰っても容易には行く事ができないので、貰う事は止めておきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば650円」@あまい からいの写真18切符で岡山へ。乗り換えまでに少し時間があるので、腹ごしらえをと思い、駅周辺をフラフラ歩いていました。すると以前行ったことがあるラーメン店があったのですが、せっかく岡山まで来て一度いったお店に行くのもなあと思ったら、そのすぐ横にもう一軒ありました。あっこれは!前に調べたときに、こちらのお店は名前を確認していました。ヨシ今度こそ行こう!

 注文して、4分ほどで登場!

 スープ:かなり甘いスープでした。尾道ラーメンのような、基本は醤油でやや背脂が入りという感じ。基本的なベースは「あまい」であるようです。これに、豆瓣醤のような辛味タレを投入することで「からい」になるようです。かなり良く出来たスープで、結構美味しいです。

 麺:細めのストレート麺で、やや硬めでした。量は650円ならばこんなものでしょうという感じです。

 具:メンマ、モヤシ、青ねぎ、チャーシュー三枚など。チャーシューはややぱさ、スープが染み込んでいました。

 完成度の高い一杯でした。変わった味のラーメンですが、それでも美味しいです。辛味タレをいれたところで、甘味は決して無くならず「甘辛い」という味になっていました。余りにもタレを投入しすぎて、翌日はやや体調不良になりましたが。。。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン700円」@中国杭州家庭料理 宝々の写真 岡山に来た時に、さて岡山歓楽街で遊ぼう!と思ったのですが、その前に小腹が空きました。そんな訳でラーメン店を探しているうちに見つけたのがこちらのお店です。店主は中国から来た人のようで、日本語に訛りが若干ありました。渋みのある任侠系の映画俳優のような男前の店主でした。

 注文したら「辛いのは大丈夫ですか?ならマーボー丼がお勧めですよ」と言われましたが、やっぱりラーメン!という訳で注文。数分して醤油ラーメン登場!

 スープ:醤油というよりも中華スープのような味でした。あっさりとしていて飲み易いです。

 麺:極細麺でした。バリカタで、まるで博多ラーメンのようでした。

 具:モヤシ、ほうれん草、ザーサイなどなど、これもおよそ日本風ラーメンらしくない、中華が発想の根源にあるような野菜が勢ぞろいしていました。このスープにはこのような具材が非常にマッチしています。

 この量で700円はチト高いかなぁという印象でした。歓楽街で遊ぶ前か後にフラッと立ち寄るようなお店だなという感じ。実際お水系のお客さんも来ているようでした。店そのものはかなり新しく綺麗でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「元祖タンタン麺」@熱烈タンタン麺 一番亭 玉島店の写真 新倉敷にて途中下車し、くらしき乃湯というスーパー銭湯に行きました。帰りにラーメン屋を探したら、何とお隣にありました。これ幸いと入店、タンタン麺専門?のお店のようです。タンタン麺をフューチャーしたお店なんて珍しいですね。

 店内は18時頃でしたがガラガラ。しかしそれからお客さんが数組入ってきました。店員は若い女性の店員さん。袋入りお絞りとサービスとしてネギ、キムチが登場しました。

 タンタン麺系のメニューがちょっと高かったのですが、元祖タンタン麺というのが安かったので、それを頼みました。数分待って出てきたタンタン麺。なぜかスープがかなり少ないです。 

 愚はナッツと挽肉、白髪ネギやししとうなどが入っていて、なるほど初期のタンタンメンとはこうあるべきだ!という自己主張の強いタンタン麺でした。麺は普通の麺で特出すべき点を見出すことはできませんでした。ただし時間がたつとただでさえ少ないスープを麺が吸ってしまい、さながら油そばのようになってしまいました。

 また、タンタン麺は辛いものと相場が決まっていますが(?)、このタンタン麺はそれほど辛くはありませんでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「丈らぁめん(白醤油)650円」@らあめん丈の写真 岡山駅に深夜到着。ラーメン店はないかと歩いているとありました!
 
 何軒か並んでいたのですが、とりあえずこちらに。

 店内は昭和の居酒屋のような雰囲気。どうやらここは紫つけ麺が良かったみたいですが、よく知らなかったのでラーメンにしちゃいました。白醤油って初めて聞く名前です。

 ラーメン登場。醤油は鶏がらベースなのか、あっさりとした中にもしみじみとダシが出ていて、上品なうま味が効いていました。麺は細く縮れた玉子入りの麺でした。

 ネギや味玉子もかなり美味。後でかつお梅などを入れるとさらに味に深みが増し、非常に美味しくなりました。

 今度は紫つけ麺にしようかと思います。スープ割は有料みたいですが、替え玉は1回分無料になるようで、それで相殺されるのかなという印象です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「亀王らーめん昔味(650円)」@ちゃぁしゅうや亀王 岡山大安寺店の写真 岡山のスーパー銭湯に行く途中、何も食べていなくて空腹で死にそうだったのでラーメン屋を探したら、ありました。さっそく入店。メニューは「かめおう」?そう店員氏に注文して待っていると、後で「きおう」であることが判明。赤っ恥です(汗)

 ラーメン登場。豚骨のようです。麺は極細麺で、昔味というのは真ん中に辛子味噌のようなタレがかかっているから。これで味が変わります。

 スープは豚骨、鶏がら、野菜を炊き上げたスープのようで、結構な美味。豚骨ラーメンなのですが、塩味も少しありました。

 岡山にはご当地ラーメンがあるようですが、発見できず。ならばと行ったラーメンで豚骨と言う事で少々鼻白んだところはありましたが、しかし思いがけずおいしかったのでよかったかなと思いなおしました。

 岡山、ラーメン店沢山あるようですが、登録は市街地に集中しているようなので、郊外の登録についても地元の方にはぜひお願いしたいなーと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件