なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「まぜそば600円」@麺爆怒門の写真「青春18切符の旅、2014年夏シリーズ」が始まりました。5時40分に地元千葉は柏を出て、上野で乗換え、高崎で乗換え、水上で乗換え、土合駅では写真を撮る人が何人も居て、ほくほく線だと追加料金を取られると思ったので長岡経由で直江津までやってきました。直江津で待ち時間がかなりあったので、ここでお昼をいただこうと思い、静かな直江津の街を歩きました。北口から少し歩いたところに派手な看板が。13時45分くらいの入店です。店内は噂を聞きつけた?お客さんが何組か食べていました。日曜日ではありますが、14時近いこの時間帯にしては結構な繁盛具合です。入店してカウンター席に着席して、女性店員さんがひと段落付いたタイミングを見計らって注文しました。なんだか忙しそうでした。

 注文から15分くらいで登場!

 スープ:まぜそばなのでスープなどは殆ど入っていません。豚骨醤油系の甘味のあるカエシタレがちょこっと入っています。これを麺と絡めて混ぜるわけですが、生卵も入っているので卵も崩してスープと同化させ、それを更に麺に絡めるとまるですき焼きのような甘く濃い目の味付けで非常に美味でした。また背脂も少し乗っているので、ドロッとした食感と脂分の重厚感も楽しめました。

 麺:麺については太さを選べるらしいのですが、その旨店員さんから聞かれなかったので何もいわずにおきました。すると見た目には恐らく太麺だろうなと思われる麺が。かなり太く角ばった麺で、混ぜそばには良く合いそうな麺です。麺量は結構多めで、250gは有ると思いますが、もしかしたら300グラム以上かもしれません。

 具:生卵、メンマ、モヤシ、ネギ、角切りチャーシューなど。生卵は具材と言うよりもスープに同化させて調味料、味付けとして使う感じです。メンマは小さめのメンマですが、よく味付けがしてあって甘くて美味しいです。モヤシなどは味付はしておらずシャキシャキした食感。ネギも同様です。角切りされたチャーシューはかなり大きめで、これを普通のラーメンの枚数に換算したら3枚分くらいはありそうです。大きいのですがトロっと柔らかく、甘味と塩気のある味付けでかなり美味しかったです。

 比較的シンプルなまぜそばですが、味は確かなものがありました。雰囲気としては、これまで食べたまぜそばの類では日高屋の汁なしラーメンにやや雰囲気は似ていますが、完成度の点ではずっとこちらの方が上です。またこれだけの量があって600円と言うのもかなり魅力があります。

 まぜそばでこれだけ美味しいんだから、ラーメンや中華そば、つけ麺も食べてみたい!と強く感じました。直江津は遠いですが、是非ともまた行きたいお店でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「老麺(油入り)700円」@安福亭 神田店の写真長岡に観光に来て、ご当地ラーメンを食べたいと思い調べたら、長岡と新潟の間にある「燕三条系」のラーメンが長岡で食べられる事を知り、早速行ってきました。最初、千手店に行こうとしたら夏休みと言う事で休業。駄目元でこちら神田店に来てみたら開いていたので入店。神田店はチェーン店なのに、妙に家庭的な雰囲気でした。券売機で食券を購入。渡すときに「油入り」で注文しました。「大油」「油入り」など、どちらも背脂マシになるようです。どちらがよりマシマシになるかということではなく、一律で背脂がマシになります。

 8分ほどで登場!

 スープ:これが燕三条系ラーメンか!初遭遇ですが脂が凄いです。ただし何も指定しないで頼むと醤油ラーメンにやや背脂が乗っているかな程度。「油入り」にすると、背脂がかなりチャッチャされます。スープは鶏がらの純正醤油のようですが、若干生姜の風味も感じました。長岡のご当地ラーメンは生姜を使うようなので、もしかしたらこれは「燕三条系」と「長岡系」の折衷なのか!?とも思いましたが、生姜の風味はほんのちょっとだけなので、これは矢張り燕三条系ラーメンであるようです。

 麺:太麺の平麺でした。麺の太さは東京で言えば家系だったり二郎系だったりとほぼ同じです。茹で時間が長めなのか、柔らかめでした。友人は「硬め」で頼もうとしてましたが麺の硬さは指定できないそうです。麺量もかなり多く、200g以上ありそうです。250gくらいあるかもしれません。

 具:メンマ、ネギ、チャーシュー二枚など。ネギは卓上にあるネギ缶にて投入できるので少しだけ入っています。メンマは4,5本程度で多め。チャーシューも比較的大きく、やや薄めですがチャーシューらしい感じ。柔らかめで麺と絡めて食べると美味でした。

 ネギはいくらでも投入可能です。千手店では二種類のネギがあるような情報がありましたが、こちらは一種類だけでした。他に炒めニンニク、紅生姜なども入れ放題でした。ラーメンの方向性としては二郎系にやや近いかなとも思いますが、スープの味が二郎と比べるとあっさり。背脂もなんとなく柔らかというか、ギトギトっとした感じでもなく、見た目以上にさっぱりと食べられました。ただし、全体量がかなり多いので、完食したときはかなり満腹でした。二郎とまではいきませんが・・・。個人的には二郎よりも好きなラーメンでした。美味しかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン650円」@ラーメン 東横 笹口店の写真 新潟のご当地メニューとして有名なのは「イタリアン」ですが、新潟には濃厚味噌ラーメンもご当地らーめんとしてあるらしい、という話を耳にして、早速調べてみました。すると、2年前に新潟に行ったとき、丁度店の前を通って「あ、ここにもラーメン屋がある」と思ったその店が、新潟のご当地ラーメンを出すお店でした。

 このラーメン、どうやら「味噌が濃厚すぎるので、割りスープが出る」というのがご当地流。期待しながら行ってみました。

 日曜日の12時半過ぎ、もしかして並ぶカナと思ったのですが、店内は広々していて並ぶようなことは無かったです。お客さんもそこそこ入ってました。

 味噌ラーメン650円を注文して、待つこと数分、登場した味噌ラーメンには、なるほど確かに割りスープが。

 メインの味噌ラーメンは、まずモヤシが沢山、その後でかなり太い麺が。スープは割りスープ前提なので量が少ないです。

 割らないでスープを飲んでみると、確かにかなり濃いです。普通の味噌ラーメンの2倍くらいの濃さだったか。

 麺をすすってみると、これもまたなかなか。特別とてもおいしいという感じではないのですが、これはこれでそこそこいけます。悪くないかなと思いながら、割りスープも含めて完食となりました。

 今回は割りスープのラーメンと言うシステムが珍しく(地元にも一軒ありますが)、そのもの珍しさに戸惑ってしまったというのが正直なところです。何度か行ってみて、それで判断したいなと思いますが、ここは新潟、地元からだとかなり距離があるんですよね。。。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

 地元千葉から旅行で来て、ラーメンDBで1位だったのできました。午後1時頃でしたが、席は45席あって、結構賑わっていました。オススメの1つであるチャーシューメンを注文しました。

 チャーシューは、食べたらとろけるタイプのチャーシューで、結構美味しかったです。ラーメンそのものはごく普通の醤油ラーメンで、特別おいしいということはありませんでした。チャーシューは良かったので、まぁ気が向いたら食べてもいいかなってレベルです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件