なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 336
レビュー 店舗 スキ いいね

「朝ラーメン390円(油多め&味濃い目)」@ラーメン山岡家 長野南長池店の写真ツーリングにて長野へ、そのまま長野市内の健康ランドに宿泊し、翌朝の朝食にとやってきました。国道から1本折れ、少し走ったところにお店がありました。片側2車線の広い道で、ロードサイドの飲食店や中古車販売店などが並んでいました。8時半頃の入店で店員さんは1名、お客さんは1名だけでしたが、後で2名ほど入店してきました。券売機で食券を購入。今山岡家ではラーメンを買うと引換券が付いてきて、これを10枚集めるとラーメン1杯がタダになるのですが、朝ラーメンには付いてきませんでした。食券を渡すとき、味のお好みを聞かれたので、油多めの味濃い目で注文しました。

 注文から3分程度で登場!

 スープ:これぞ山岡家!という感じのこってりしたスープでした。前回、ラーメン山岡家 沼津柿田川店にて朝ラーメンを食べたときは、油多め&味濃い目にしたのになんだか物足りないあっさり目でしたが、今度はしっかり濃くなっていました。590円の塩ラーメンを何も言わずに注文したらこんな味になるのではなかろうかと思われるくらい、山岡家らしい濃い目の味わいでした。油は普通のサラダ油のような透明な油が多めに乗っかり、味は塩ダレ多めという感じ。朝ラーメンは塩豚骨仕様ですが、普通の博多ラーメンよりも塩気が強いです。

 麺:山岡家のデフォルト麺ではなく、細麺を使用しています。ほぼストレートな細麺で、麺がかなり固めでした。麺量が少ないので替え玉をする人もいました。麺の太さは博多ラーメンの太さですが、食感はちょっとゴワゴワしたような印象でした。かなり硬かったというのもあるかもしれませんが、原材料の小麦などの配合が違うのかもしれません。

 具:海苔一枚、白ゴマ、白ねぎ、種を抜いた梅干、チャーシュー1枚など。海苔はいつも山岡家で出される歯ごたえのある海苔でした。白ねぎは生のねぎを切ってそのまま入れています。梅干は1個分を種抜きして入れていますが、これをどう食べるかは悩むところでした。今回はスープに溶かし込まず、麺に絡めるようにして一口で食べてしまいました。チャーシューは脂身の部分は柔らかくトロッとしていて、赤身の部分はやや固めでした。全体的に甘みがあります。

 公式サイトによると、ほんのり生姜風味とありますが、生姜の風味はあまり感じませんでした。前回食べた朝ラーメンよりもずっと味が濃くておいしかったです。店舗によって味に差が出てきてしまうのはややいただけないですが、その分いろんな店舗を回る楽しみはあるのかなと思います。博多ラーメンっぽいラーメンですが、博多ラーメンを山岡家テイストにしたような味というよりも、塩豚骨の”山岡家の朝ラーメン”と言った方が当たっているのかなという感じでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「福助らぅめん680円」@らぅめん福助の写真ツーリングで長野までやってきました。この日は長野市内にある健康ランドに宿泊。その道すがら、こちらにある二郎系のラーメン店で夕食をいただくことにしました。国道403号を走ってきましたが、途中で道を間違えたりしてなんとか到着。18時15分くらいの到着で先客1名でした。券売機で食券を購入し、店員さんに手渡します。何も聞かれなかったので味などは何もいいませんでした。

 注文から7分?程度で登場!

 スープ:先ず上にコショウのような粉が振りかけられていて、スパイシーな風味がラーメンから漂っていました。味については、店内にある張り紙に福助らぅめんは基本の状態だとカエシ(味の濃さ)が薄めと書かれています。なるほどスープは黒っぽくなっていていかにも味が濃そうなのですが、すすってみるとなるほどやや味が薄いような気もします。味は醤油がメインで豚骨の味は特にしませんが、ダシとして使われているのかもしれません。なんとなく醤油の味は二郎っぽいです。二郎インスパイア系では最も二郎の味に近いような味の方向性ですが、その上で味が薄いです。二郎に近いのか遠いのか微妙なところを漂流しています。またテレビ前にあるというカエシボトルを少し入れてみましたが、そんなに味が変わったような気はしませんでした。

 麺:麺は太麺で角ばっていました。二郎で使われている麺よりも太く、その分二郎で食べられる麺よりも硬いです。スープの色が移ったのか茶色い麺で小麦の風味が二郎よりも強く出ていました。二郎の麺というよりも、匠神角ふじ 柏店のふじ麺に見た目も食感も近い印象です。麺の増量が無料だそうですが、どのくらいの量で出てくるかがわからないのでデフォルトで頼みましたが、そうなるとやや物足りない量?でした。

 具:モヤシ、キャベツ、ヤクミタマネギ、チャーシューなど。チャーシューはぺらぺらで何枚も入っていて、それが重なっています。味はしょっぱめ。モヤシとキャベツの比率はどちらも同じくらいで、どちらも二郎系らしく多めに入っていました。ヤクミタマネギは少しだけ入っていて、あまり薬味としては印象が強くありませんでした。野菜もマシが出来るそうですが、こちらについてもマシをしたらどのくらいの量になるかわからなかったのでデフォルトで注文しました。

 見た目は二郎系らしくボリュームのあるラーメンでした。カエシが薄いこともあり、食べ進めていくと意外とあっさりと食べられてしまいました。これならば本場二郎系が好きな人は麺の大盛にしたり野菜の大盛にしたり脂マシしたりしたら良いと思います。お昼のラーメンでにんにくを入れてしまったので夜はにんにくを遠慮しましたが、にんにくは入れた方がよさそうです。

 このラーメンは二郎インスパイアを謳っていますが、カエシの味というかダシの味というか、スープの方向性はある意味今まで食べた二郎系の中でも最も二郎っぽく感じました。ただし逆のベクトルにも向いていて、そっちの方向性は今度は今まで食べた二郎系の中でも最も二郎っぽくない味わいにも思えます。何とも言えない不思議な”二郎系”ラーメンでした。結構面白かったので、また食べたいと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「自家製こってり味噌らーめん800円(太麺、麺固め、味濃いめ、コッ」@麺や 天鳳の写真 バイクで信州佐久まで足を伸ばしました。千葉からだと4時間半くらいでした。国道沿いを走っていたら、丁度洒落た看板のお店を発見!14時頃だったのに駐車場には難題も車が止まっていて、こりゃあ繁盛しているなと安心して入店。平日のランチタイムだったので半ライスもサービスしてもらえました。

 注文して、待つ事7分程度で登場!

 スープ:味濃い目で頼んだので、通常よりも更に濃い目の味になっているようですが、そのためかかなり濃くてオイシイです。信州味噌を使用しているのかいないのか、深みのある良い味わいでした。こってりに更にこってりを加えたので、背脂もかなり多く入っていました。これにニンニクを入れて、唐辛子を入れてかなり美味に!

 麺:太麺を注文しましたが、東京のつけ麺やさんのつけ麺ほどの太さではなく、程良い太さでした。中太い麺でちぢれていました。

 具:モヤシ、海苔一枚、コーン、メンマ、チャーシューなど。チャーシューはかなりやわらかいほろほろチャーシューでした。モヤシやコーンが味噌によくなじんでいて、具材のチョイスもその分量も丁度良いくらいでした。

 半ライスは本当にちょこっとだけのライスでした。スープを飲みながらライスを頬張り、最後まで美味しく頂きました。800円と言う値段は少し割高でしたが、この味ならばこの値段は適当な価格かもなと思います。また行きたいお店です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩バターラーメン630円」@らーめんたいむの写真 10月の三連休、午後10時半過ぎ。原付で走っていて、そろそろ夕飯を食べようかなと思ったところ、丁度よくラーメン屋を発見。入りやすそうな店構えだし、丁度いいから入ろうかなと入りました。

 店内は結構広くて、おばちゃんとおじちゃんが店員をしてました。夫婦のようですが定かではありません。

 テーブル席に座って注文。お昼に味噌を食べていたので今回は塩ラーメンで。ついでにバターも入れて塩バターラーメンで。

 登場したラーメン、味は…何の変哲もない塩バターラーメンでした。不味くはありません。しかし、旨いかと言えばそうでもなく、本当に普通のラーメンでした。

 値段はバターを入れて630円。入れないと530円です。その値段なら安いし、いいのかなと思いました。

 地獄ラーメンがオススメみたいです。次行く事があるかどうかはわかりませんが、次回は地獄ラーメンにしますか!?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「コロッケ定食(味噌らーめん)970円」@ねね家の写真 浅間サンラインを原付で快適に走っていたら、信号待ちになってしまいました。ふと右側を見るとラーメン屋が。15時近かったし、そろそろお昼にしようかなと入りました。平日だったら閉店時間でしたが、休日だったので夕方休憩無しでそのまま営業を続けていました。

 店内は広々としていて、いかにも高原のラーメンレストランと言った趣です。若くて頬が赤い、信州娘って感じの女性店員さんが水を持ってきてくれました。

 定食メニューがあったので、それにしました。通常は普通のらーめんのようですが、追加料金で他のラーメンにできるようだったので、味噌にしました。

 登場した味噌。小エビが浮いていて、味噌の層の上には脂の層が。そのためかなりスープが熱々で、なかなか冷めませんでした。信州の味噌を使っているとかで、味噌の味もほかとは若干違った、まろやかなコク(?)の味わいでした。

 どちらかとえば上品な味で、そこそこ美味しかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件