なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「期間限定ピリ辛ネギラーメン430円」@スガキヤ 津イオン店の写真2018年冬の青春18切符で行く東海旅です。この日は地元千葉柏を始発で出て、13時半に津に到着。三重県立博物館&美術館を見て、17時20分頃にこちら、イオン津店に到着しました。お店は昔のダイエーのような雰囲気で、フードコートは1階にありました。

 夕飯には少し早い時間帯だからか、または年末だからか、フードコート内は空いていました。それでも2割程度の席は埋まっています。早速注文です。今回は期間限定から選びました。期間限定は2種類のメニューがありますが、味噌らーめんは昨年の18切符東海旅で食べたので、前回無かったピリ辛ネギラーメンを選択しました。

 注文から5分程度でタイマー鳴動!

 スープ:基本的なスープは薄い豚骨スープで、そこに魚介の風味が加わっています。豚骨魚介に近いのかもしれませんが、Wスープと言うよりも、豚骨のスープにカツオダシを少し入れたような味わいでした。また気のせいかもしれませんが少しだけゆずの風味もありました。基本の味は薄めで甘味がある優しい味わいなのですが、白コショウを入れると結構辛味やスパイシーな香ばしい味わいが出ます。またピリ辛白髪ネギからラー油が溶け出して、スープ自体も辛味のある味わいになりました。基本の味にラー油やコショウの辛味が加わり、かなり自分好みの旨辛な味わいになりました。

 麺:麺量は丼のサイズと比べてやや多く、140グラム程度はありそうです。一般的なラーメンよりも少ないでしょうが、丼のサイズ感を比較するとなんだか多いような気がします。もしかしたら150グラム以上あって、丼サイズに騙されているだけかもしれません。麺は中細いやや縮れた麺で、豚骨ラーメンっぽさもありつつ、中華そばっぽさもありました。細いながらも適度なコシと旨味があって、値段の割には美味いと思います。

 具:メンマ、白髪ネギ、チャーシュー1枚など。白髪ネギはラー油が絡まっているのでオレンジ色になっています。大量に入っていて、基本のラーメンから110円増しでこの量になるならばお得です。チャーシューは相変わらずのペラペラで、カップ麺のかやくに入っているチャーシューに似たような味でした。こちらの方が脂身が付いている分高級っぽさはあります。メンマは歯応えがあり存在感が出ていました。

 基本のラーメンが320円で、こちらは430円。価格差はありますが、多少でも白髪ネギが好きなら、または辛味が好きならば絶対にこちらの方を頼んだ方が良いです。このラーメンをむしろ基本にして、そこからトッピングを色々考えたい、そう思いました。通常メニュー化を強く望みたいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「夜食ラーメン(税込み313円)別途入店料金」@快活CLUB 四日市追分店の写真大阪ツーリングへと出かけ、大阪まで行ってから三重県内まで戻ってきました。ここ四日市追分店は国道1号線沿いから程近い場所にあり、利用し易いです。快活CLUBの中でもかなり大きな店舗のようで、カラオケなど付帯設備が充実していました。

 入店は20時以降なので、ある程度以上の滞在により自動的に深夜料金になります。深夜料金は平日、休日で100円程度違いますが、深夜8時間の利用で1600円程度になります。ブース席を利用する場合は会員登録が必要ですが、会員であればポイントサービスも受けられるので、複数回の利用の場合は会員になっておいた方が有利です。

 さて今回は5時前にチェックアウトしてしまう予定なので、6時以降利用できる無料モーニングを頼む事ができません。しかし24時から4時まで利用できる”夜食ラーメン”を注文するチャンスです。料金は313円(税込み)で、通常時間帯に注文できる”醤油ラーメン”税込み594円よりも250円以上安いです。深夜3時半過ぎに目が覚めていたので、このタイミングで夜食ラーメンを注文する事にします。

 ブース席内にあるパソコン画面より、簡単に注文操作ができます。注文すると直ぐに”注文受付”のメッセージが届きます。注文から7分程度でブース席に料理が運ばれてきました。ブース席の扉を閉めている場合は、ノックされるのでヘッドホンなどはご法度です。別のブース席で何度も「開けて宜しいでしょうか?」とノックを受けているパターンがありました。

 スープ:夜食ラーメンのスープは醤油ベースでした。”中華そば”と言って良いような味わいで、節系や動物系のダシは余り使われていないような印象です。味としては物足りなかったので、ドリンクバーから「ワカメスープの素」を貰ってきて入れてみると、塩分だけが増されて”富山ブラックラーメン”のようなしょっぱさに。後1袋入れたら完全なる富山ブラックラーメンの味になる事でしょう。

 麺:中太い平打ちやや縮れた麺でした。麺はややモチッとしていて、食感などはなかなか良いです。インスタントラーメンの中で、麺の美味さを謳った某商品にかなり似たような味わいでした。ラーメン店で食べるような麺と比べると、モチプリ感はやや劣りますが、ヘタなラーメンチェーン店よりも麺は美味しいです。麺量はやや少なめ、130g程度かと思われます。

 具:刻み海苔、青ねぎ、半分カット半熟玉子など。半熟玉子はやや熟し気味でしたが、味染みも多少ありなかなか美味しいです。半熟玉子1個分108円、チャーシュー2枚162円、十勝産チーズ162円など、ラーメンにも合いそうなトッピングも幾つかありました。またチャーシューのトッピングをした場合、先述した”醤油ラーメン”とほぼ同じ内容のラーメンになると思われます。夜食ラーメン313円にチャーシュー162円で合わせて475円なので、通常時間帯の醤油ラーメンよりも更に100円以上安い事になります。

 ラーメンを頼むと、お盆にレンゲやプラスチックの箸、ラー油、コショウなどが置かれて配膳されました。ドリンクバーのドリンクなどを入れる”禁断のちょい足し”ができるので、コーンスープラーメンやソフトクリームラーメンなど、他店にて存在が確認されているヘンテコ・ラーメンを作ることも出来そうです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ガッツ麺780円(大盛り無料300g&小ライス無料)」@日の出らーめん 四日市店の写真 四日市に来ました。この街に来た理由は二つ。この街でスーパー銭湯に入ることと、この街のラーメンを食べることで全都道府県ラーメン行脚の旅、三重県をクリアする為に来ました。先にスーパー銭湯に入り、13時頃近鉄四日市駅付近を歩いていたら発見しました!なんでも横浜に本店があるお店の分店でつけ麺や油そばである”ガッツ麺”が売りのようです。これは面白そうだなと思い入店しました。

 券売機で食券を買い、極太麺なのでお時間かかって登場!

 スープ:油そばなので殆どありません。既に麺に絡まっている油と、後から麺に絡める生卵他の具材が絡まり、かなり濃い味わいになっています。味としては何とも形容しがたい複雑な味で、それでいてかなり濃いです。

 麺:かなり太い、それこそうどんのような極太の麺でした。首都圏千葉柏にある”角ふじ”というラーメン店のラーメンにほぼ並ぶほどの太麺でした。太麺なので歯ごたえがあり、食べ応えも十分です。今回は大盛り無料で300グラムだったので、ますます食べ応えがありました。ちなみに並盛は200gだそうです。

 具:ネギ、角切りのチャーシュー、生卵、マヨ団子、辛味団子など。マヨ団子と辛味団子というのは私が勝手につけたネーミングですが、なんとなくそんな味わいの団子が二つ。団子と言うのかつくねというのか、一つはマヨネーズで味付けしてあるかのような味わいで、もうひとつは赤く辛味のある団子でした。

 これだけで食べて十分味は濃く、ジャンク性抜群だったのですが、それだけではなく卓上に置かれている酢、タレ、魚粉をかけて更に自分好みの味に。ここまですると濃さの強さもより強くなり、とんでもない味わいになります。こうなると今度は薄めたくなり、そうなった時に助かるのが卓上に置かれた魔法瓶。これがスープ割になっていて、スープ割することでどんぶりの下に残った油汁も綺麗に飲み干す事が出来ます。

 最初食べた時は「うーん、お腹一杯にするための大味な油そばかも」と思いましたが、この他店にはないジャンク性、オリジナリティが癖になり、すぐにまた食べたくなるような中毒性のある油そばだと思いました。ただしこの点も「食べ手を選ぶ」ようなところがあり、ダメな人はダメだと思います。お昼はランチタイムとして小ライス無料でした。 

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件