なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「特濃ラーメン700円(バラ肉、麺硬め、ネギ多め)」@特製ラーメン 大中 伏見店の写真青春18切符で京都へ。伏見稲荷をお参り(登山?)して、伏見の酒蔵見学に行って、お昼へとやってきたのがこちらです。前にラーメン藤 大手筋店に行った事がありますが、その時も本当はこの店に行きたかった・・・・2年越しの希望が叶いました。日曜日開店直前に行ったら、もちろん先客はゼロ。11時の開店と同時に店内へと雪崩れ込んで、5人居たのでテーブル席へ。注文はそれぞれ違いますが、私は「特製ラーメン(700円)」にしました。

 特製ラーメンの場合は、スープの濃度が売りらしく、大中ラーメンでは選べた無料トッピングが殆ど選べません。選べるのはお肉「ロースorバラ」と「麺の硬さ」「ネギの量」のみです。私は「バラ肉&麺硬め&ネギ多め」でお願いしました。

 注文から8分程度で登場!

 スープ:これは濃厚だ!京都の鶏白湯系濃厚ラーメンといえば、いまや全国区となった「天下一品」がありますが、天下一品よりも更なる濃さがあります。天下一品の店舗の中でも特に濃厚と言われている幾つかの店舗と比べてみたいですが、残念ながらそれらの店舗は未だ未訪なのでわかりません。また鶏白湯系では豚骨 大岩亭が自分の行ったお店の中では最高濃度でしたが、流石にそこまでの濃厚さではありませんでした。つまり天下一品<特製ラーメン大中<大岩亭・・・濃度レベルはこんな感じでした。またこちらのラーメンには「黒マー油&辛味噌」が添えられてくるので、これを入れると味がかなり変化して面白いです。最初に黒マー油のみを入れて一口、その後で辛味噌を入れて一口すると、三段階の味変化を楽しめました。

 麺:細ストレート麺でした。京都地区で食べられるラーメンはこんな麺が多い器がします。麺量はそこそこの量があり、150グラムくらいはありそうです。濃厚なスープにこの細ストレート麺が絡まり、ネギを一緒にシャキシャキ食べると幸せに包まれます。

 具:ネギ、メンマ、チャーシュー2枚など。ネギは増量または無しも可能です。九条ねぎでシャキシャキと柔らかな食感で、濃厚スープに良く合います。メンマは増減できませんが、プラス料金で増やせるようです。メンマも良い素材を使っているような印象で美味!チャーシューはバラ肉かロース肉か選べるようだったので、脂身が多くて好きなバラ肉をチョイス。薄く丸いタイプのチャーシューで、シットリしてました。薄いので柔らかでした。

 特製ラーメンは大中ラーメンとはかなり違うようですが、友人が頼んでいた大中ラーメンも美味しそうでした。大中ラーメンはフルトッピングすると見た目にも豪華なので、次回は大中ラーメンフルトッピングを試してみたいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「喝采ラーメン670円(麺柔らかめ)」@らーめん喝采の写真2016年夏の青春18切符で行く大阪旅行の三日目、この日は朝から伏見稲荷大社へ観光し、山頂まで行ってきました。下山してお昼としてらーめん大 京都深草店に行こうと思って歩いていたら、なんとこの日に限って11時開店のところ12時開店に!12時の開店まで待つと帰りの列車の時間に間に合わなくなってしまうので「どうしたもんじゃろのう~」と悩んでいたら、近くに別のラーメン店を発見。喝采ラーメンと言う店名と同じ名前のラーメンに興味を惹かれたので、入ってみる事にしました。

 11時20分頃の来店で、店内は店員さんが3名ほど、お客さんは最初5名程度でしたが、30分程度の滞在時間の間に10名くらいの来客がありました。老若男女様々で、地元の人から愛されるお店であるとの思いを抱き、これなら大丈夫かなと一安心です。口頭で注文。喝采ラーメンをお願いすると、麺の硬さはどうしますかと聞かれました。「かため・やわらかめ」とあり、ならばと柔らかめで注文。「普通もありますけど・・・」と言われましたが、なんとなく柔らかめで良いかなと思い、柔らかめでお願いしました。

 7分程度で登場!

 スープ:丼になみなみと注がれたスープは、一目見て「あーこれは伏見の駅前で食べたラーメン(ラーメン藤 大手筋店)に似てる!」と思いました。豚骨や鶏がら、野菜などを煮込んだ京都ラーメンで、首都圏だと横綱とか魁力屋とかチェーン店が進出している、あのラーメンでした。味の方向性としては、魁力屋のスープにやや似ていました。背脂などは最小限で、スープは豚骨や鶏がらの出汁が良く出ていて、あっさりなのに濃厚なダシの味わい。同じ醤油ラーメンで見た目も似ていますが、東日本地域で食べる醤油ラーメンとは全然違いました。これは美味いです。後半は豆板醤を入れましたが、パンチのあるスープなので豆板醤との相性も良い!美味さ倍返し!でした。

 麺:麺は柔らかめ注文なので、麺が伸びて気持ち麺量が多くなっているような印象です。麺はそうめんとは言わないまでも、かなり柔らかな食感になっていて、個人的にこの注文は正解でした。中細麺のストレート麺で、博多ラーメンよりも太く、東京の中華そばよりも細いです。なかなか風味も良くてイイ感じでした。どうやら100円で替え玉が出来るようです。この辺り博多スタイルに似てます。

 具:九条ねぎ、メンマ、チャーシューなど。九条ねぎは東京だったら”ねぎラーメン”と言っても良い位に沢山入っています。メンマはやや小ぶりですが、存在感がありました。チャーシューは豚肩ロースのようで、薄めでややパサですがローストビーフのようなしっとりとした食感があり、脂身と赤身のバランスも良くて美味しいです。4,5枚くらい入っていました。

 ラーメン大に行こうとして、結局ダメでこちらにしましたが、京都観光で食べるラーメンとしてはむしろこちらの方が適していたかもしれません。久しぶりに京都ラーメンを食べる事が出来、大満足でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製味噌ラーメン650円」@ラーメン藤 大手筋店の写真青春18切符で行く”2015年春の大阪旅”の三日目です。三日目は朝銭湯に行き、大阪銭湯を堪能したあと、京都までやってきました。京都駅から乗換え、桃山駅にて下車。歩いて伏見の街を散策して、お昼としてこちらのお店へ。11時半過ぎの入店で、既に先客が何名がいて、後からもお客さんが何人も来ていました。どうやら人気店のようです。

 注文は、折角なので特製味噌ラーメンにしました。単品では最高値ですが、それでも650円です。メニュー構成を見てみると、大盛と特製の間の差は、どうもメンマの有る無しではなかろうかと思われます。

 注文から7分程度で登場!

 スープ:醤油ベースのラーメンに味噌を入れたような味わいで、味としては結構濃い味です。純粋な味噌だけではないような味です。背脂も少しですが入っていて、脂感も堪能でき、背脂醤油ラーメン味噌味って感じ。生姜っぽい風味も少しですがありました。卓上にある調味料、コショウや辛味タレを入れると、また味が変化して美味しいです。他のラーメンと比べても、調味料を入れた時の味の変化が大きい印象です。

 麺:中細いストレート麺でした。やや硬めに茹でられていて、麺量は150グラムくらい。これが「大盛」をも含んだ上での「特製」なのかどうかは初見でもありよくわかりませんが、意外とすんなり食べられてしまう量だったので、これは大盛ではなかったのかもしれません。よくわかりません。食感もさることながら、風味もなかなか良く、美味しくいただきました。

 具:具はメンマ、青ネギ、モヤシ、タマネギ、チャーシューなど。チャーシューがかなり沢山入っていて、豚ロースかなと思われます。最初にも書きましたが、大盛と特製の差はメンマの差だろうと思いますが、特製は大盛ではないとするならば、ラーメン480円に150円増ししているので、その差はメンマだけでは追いつきません。その差がなんなのか、結局分からず仕舞いでした。

 650円でこれだけの量を食べる事が出来て、かなり満足です。味も美味しく、ボリュームもあるので、誰でも満足できると思います。また、ライスとセットで頼んでいる人も結構いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ミソラーメン504円&餃子210円(クーポンで無料)」@餃子の王将 河原町三条店の写真京都旅行二日目、ネットカフェをチェックアウトしたら早朝。そこから歩いて約1キロ、朝でも営業している餃子の王将、三条河原店にやってきました。前日は1号店で、今回はこちらです。入店すると1階席はカウンターのみ、2階席はテーブル席のようです。1階席は最初は誰もいませんでしたが、後から1名お客さんが入店して来ていました。メニューは本店ほどではないですが、結構豊富な印象です。何を頼むか悩みましたが、関西地区の「ミソラーメン」は食べたことがなかったので、ミソを頼むことにしました。関東のそれよりも100円以上安いのですが、さてどんな内容なのか?そしていつもの餃子は新聞広告の餃子無料券です。

 餃子のレビューはこちら:http://gyouzadb.supleks.jp/review/788033.html

 注文から3分ほどでミソラーメン登場!

 スープ:色は濃いです。色はかなり濃い目ですが、味は薄いです。粘度もサラッとしていてあっさり。ミソラーメンのスープとしてはちょっと微妙な味付けでした。後で餃子のタレとして貰った酢味噌ダレを投入して味を濃い目に。

 麺:王将の麺は中細い縮れ麺です。何故かメニューにより、またはお店により?麺量が違うような気がします。ここは大目のような印象を受けました。王将は麺類の評判があまり芳しくないですが、個人的には悪くないと思ってます。

 具:モヤシ、ニラ、タマネギ、ニンジン、キクラゲ、タケノコ、ひき肉など。具材の内容はなんだかタンメンみたいです。野菜たっぷりで滋養のありそうな感じ。

 スープの味は薄かったですが、それ以外はかなり印象が良かったです。これで504円ならばまた食べたいと思っちゃいます。関東の王将での「ミソラーメン」と比べると、麺量&具材の量は関東のほうが多く、スープも濃い印象ですが、メニューの方向性は殆ど同じでした。関東のそれと殆ど変わらなくて、値段が100円以上安いんだから、これはお得です!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「徳島風ラーメンAセット871円(焼き飯)」@餃子の王将 四条大宮店の写真ついに来ることが出来ました!!餃子の王将一号店!!

 いつか行きたいと思っていたのですが、今回友人と京都旅行が決まり、やっと来ることが出来ました。夕方18時過ぎに入店、休日この日は祇園祭もあり、かなり混雑していましたが、2階席はテーブル席で比較的空いていました。メニューもかなり多く「おおこれが本店かあ」と感動しながらも、オリジナルなメニューにするか、それともチューリップか・・・と考え、結局初体験である徳島ラーメンのセットにすることにしました。徳島ラーメンは単品だと609円で王将のラーメンメニューとしては比較的高いです。今回はそれにミニ焼き飯もつけてAセット(871円)にしました。

 ミニ焼き飯のレビューはこちら:http://chahandb.supleks.jp/review/787869.html

 注文から7分位で登場!

 スープ:徳島ラーメン、実は食べたことがないのですが、どうやら醤油ベースで甘いタレというかカエシの入ったスープのようです。食べてみると先ず甘味が口の中に広がります。その後で醤油の味やら塩気やらを舌が感じるようなイメージです。

 麺:中細いやや縮れ麺でした。そこそこに量があり、いつもの王将でのラーメンと比べると大盛りか?という感じ。もしかしたら首都圏での王将と、関西圏での王将ではラーメンの麺量が違うのかもしれません。それとも、メニューによりけりなのか???

 具:生卵、九条ねぎ、モヤシ、豚バラなど。生卵は後で崩してスープにしてしまうべきなのか、それとも単体で食べるべきなのか、はたまた豚バラに絡めて食べるべきか?と悩みましたが、そのまま食べてしまいました。スープの温かさでやや固まりつつあり、そのままちゅるっと一口。九条ねぎやモヤシはそこそこ量があり、豚バラはメイン具材であるだけあり、かなりの量がありました。スーパーでグラム100円以下で売っているような豚バラですが、それが70グラムか80グラムかくらい入っています。

 本店でこのメニューを食べても良かったのか・・・と思わぬでもないですが、徳島ラーメン初体験だったし、美味しかったので良いのだ!と思うことにして、再訪を誓いました。ちなみに友人は餃子を頼み、味噌ダレ(無料)を頼んでいました。酢味噌っぽい味で美味しかったです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「こってりらーめん577円」@餃子の王将 JR福知山駅店の写真青春18切符で福知山までやってきました。福知山は4年前に一度行ったきりなのですが、駅前は再開発され綺麗な駅舎になっています。南口は未訪だったので行ってみると、いきなり駅前に王将がありました。どうやら王将は駅舎の中からも利用できるようです。ただし、改札の外にはでなければなりません。17時頃の入店で店内はガラガラでした。早速注文します。

 注文から5分弱で登場!

 スープ:かなり濃厚なとんこつスープです。天下一品のスープと同じ方向性で、ドロッとしたポタージュのようなスープで、濃厚なとんこつの味がするこってりしたスープです。ただし天下一品のそれよりも濃さ、ドロり感は数段落ちます。

 麺:細ストレート麺で、こちらは王将の他店でも同じような麺を使っています。ほかのラーメンでも同じ麺を使用していると思われます。麺量は少なめで120g程度です。提供時間が短かったのでもしかしたら茹で時間が短かったのか、やや硬めでした。

 具:チャーシュー3枚、青ネギ、メンマなど。チャーシューは薄いですが3枚も入ってお得。ややしょっぱいです。メンマなどは普通のメンマでした。

 5分弱で登場しましたが、何故か麺もスープも熱々でした。ちょっと普通には考えられない熱さで、調理方法を知りたくなりました。スープは恐らく真空パックの専用スープだと思います。麺も製麺所から送られてきた麺で、それを茹でるタイプです。

 過去、初めて大阪でこのメニューを食べた時は「天下一品を安く食べられる!」とかなり評価たかかったのですが、しかし天下一品に似ていても、まだまだ天下一品レベルの濃さではなく、それでいて値段もさほど安くはないので、考えを改めることになりました。また量を考えても、こちらのほうが量が少ないようです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン定食700円」@天下一品 八条口店の写真 年末の大阪旅行の途中、9時間にも及ぶ18切符の旅もやっと京都!あと少しだ!でもお腹空いた!と言う訳で行ってきました天下一品。

 注文して4分で登場!早い!?

 スープ:相変わらずのポタージュ風スープです。濃さはどの店もそれほど変わらないような気がします。ドロドロっとしたスープをすすってみて、麺をすすってみて、ああこれこそ天下一品だなあと思いながら飲んでました。

 麺:中細いストレート麺でした。こちらも天下一品ならでは?ですね。

 具:薄切りのチャーシューが数枚、それとネギがパラパラっと乗っていました。こちらもいかにもテンカイッピンと言う感じで、なんだかほっとしました。

 今回は定食だったのでこれにライスとサラダが付いてきていました。通常が680円なのに、定食にしたら700円。20円しか値段が上がらないならば、こちらを選んだ方がお得ですね。また卓上にゴマダレ、辛味噌がありました。食べ終わる頃には「うーーこってりだぁ」と食傷してしまうのですが、すぐにまた食べたくなる、中毒性のあるラーメンですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン735円」@ラーメン壱番館の写真 青春18切符で大阪に行く途中、京都で降りて地下鉄でここまで来ました。隣のビルに入っているお店に行ってから、お腹空いてしまったのですぐ隣にあるこちらへ。年配のオヤジさんたちが3人も店員をしてました。なんか暇そうです。

 オヤジの一人に注文して、待つ事少しで登場!

 スープ:醤油ベースで鶏がらが入っているような感じ。背脂も入っていましたが、とんこつの味はあまり感じませんでした。京風っぽくてなかなかでした。

 麺:細麺でストレートな麺でした。量もそこそこ。

 具:大き目のチャーシューが3枚、ネギ、もやし、キャベツなど。チャーシューは甘みのあるタレがつけられているのか甘くて美味しかったです。

 最初見た時は、一番安いメニューでも700円以上するのでどうかなと思いましたが、その分量が多めなのか、それでまぁいいかなと言う雰囲気になりました。味も決して悪くなくて、これならと言う感じでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「とんこつ醤油らーめん700円」@ラーメン酒家 驛麺の写真 青春18切符にて京都に着きました。本当は別に狙っていたお店があったのですが、なんと臨時休業!?歩きまわるだけの時間もないので、駅にあったラーメン店に入りました。

 とんこつ醤油らーめんをチョイス。これがデフォルトのラーメンなのか、良さそうに見えたので選びました。安い方のメニューだったというのもまたあり。。。少し待って登場。スープは、どうやらとんこつと鶏ガラを煮込んだスープに醤油を入れている様子。また油膜がかなり厚い割りにはスープはヌルいです。また業務用?の背脂が入っていました。

 麺は即席麺の生麺に似ていて、特別美味しいという感じはしません。ラーメンと一緒に登場した「からあじ豆乳」は豆板醤の味が強いものでした。これは通常のラーメンとは別容器で来るので、お好みで入れて味を変えることができます。

 チャーシューは薄いのが二枚入っていました。あんまり味が良いという訳でもなく、普通にチャーシューでした。麺の量も全体として少なめで、それでいて700円というのはちょっとどうかなと思いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

 普通の醤油ラーメンでした。個人的に、量が多いか脂が多いかがすきなのですが、それからするともう本当に普通。ただ、醤油ラーメンとしては王道を行くラーメンなんじゃなかろうかと思います。

 ちなみに、普通のラーメンが600円、特製ラーメンが750円ですが、その違いは「チャーシューの量」でした。特製ラーメンとは、一般的に「チャーシュー麺」と呼ばれているそれに近いようです。

 スープの味はかなり絶妙で、醤油好きにはたまらないでしょう。平日17時半過ぎに行きましたが、最初は座るスペースがあったのに、18時に近づくにつれてどんどん混んでいって、最後には並ぶほどになっていました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件