なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「小ラーメン(麺少な目250g)700円ニンニクアブラ」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真知り合いがラーメン二郎に開眼し、それ以来しょっちゅう守谷店に出没している話を聞いていて、久しぶりに行きたい熱が高まってきました。とある月曜日、チャンスがあったので行ってきました。10時38分頃の来店で店内待ち5番目でした。オープン直後で一気に入店していて、1ロット目に入りきれなかった5番目です。

 先に券売機で食券を購入。小ラーメン(麺少な目)250g豚2枚で700円です。750円払えば麺量320gになるそうですが、そんなに麺が多くても食べ切れなかったら嫌だったので、麺250gの少なめサイズです。待ちイスで25分程度、カウンターに着席して10分程度待って登場です。提供直前に「ニンニク入れますか?」聞かれました。ニンニクアブラで返答しています。

 並び初めから35分程度で登場!

 スープ:カエシが強めの微乳化タイプのスープでした。塩分濃度が高くて結構しょっぱいのですが、スープ自体は軽めな印象で、ダシも余り出ていないような気がします。なので最終的に全て飲み干せてしまいました。ラーメン二郎本体の店舗でスープを全部飲み干せるという事は、自分の中ではそれは薄い事を表しています。もう少しダシがしっかり出ていれば旨味があって良かったと思いますが・・・ちなみにニンニクはみじん切りに刻んだタイプで、アブラはドロッとしたタイプでした。

 麺:250gの麺はかなり長時間茹でていてデロデロでした。調理を見ていると、ある程度の人数分を一気に茹でているようです。着席してからの待ち時間の長さからすると、10分は茹でているのではと思われます。麺は平打ちやや縮れの自家製麺で、麺自体は美味しいと思いますが、茹で過ぎているのでヌタッとした味わいでした。二郎にしてはあんまり美味しくありません。危惧された麺量ですが、250gだと意外とそれ程でもなく、一気に食べきってしまいました。他の二郎と比べても、250gなら少ない量だと思われます。強いて言えば目黒店とか、そのくらいの量でした。

 具:モヤシ、キャベツ、チャーシュー2枚など。キャベツは細く切られていて存在感薄め。ヤサイも麺と同じく長時間茹でられているのでクタクタでした。こちらも茹で過ぎているので食感があまり良くありません。チャーシューは1枚は普通のタイプ、もう1枚は端の部分だったようで、固まりになっていました。どちらもパサ気味でかなりしょっぱく、”二郎チャーシュー”としてはそれほど美味しいとは思えませんでした。

 あくまでラーメン二郎”内”での比較ですが、麺とヤサイは茹で過ぎてヤワヤワ、デロデロ、クタクタになっていてそれほど美味しいとは思えませんでした。二郎は麺柔らかめのお店が多いようですが、その中でもダントツにヤワヤワでした。柔らかめは好きですが、ここまで柔らかだと食感が悪くなる気がします。スープもしょっぱいのにダシがあんまり出ていない感じ。チャーシューはパサでしょっぱいタイプで、何をとっても二郎としてはイマイチでした。自宅から一番行き易い二郎ですが、どうもイマイチ感が強いです。ただし、二郎インスパイアなどと比べると「間違いなく二郎」ではあります。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン750円(大盛無料・選択チャーシュー:バラ)」@自家製麺 Rootsの写真友人たちと筑波山へと登山に出かけ、その後お昼として利用しました。土曜日の13時半過ぎの来店で、店内は先客が3名くらい、店員さんは男女3名体制でした。かなり人気のお店で、整理券配布!なんて前評判を聞いていたので、こりゃあ混んでて無理なんじゃあないの?なんて仲間内で話していたので、あっと拍子抜けしてしまいました。

 注文はラーメンのみで、大盛が無料になるので、大盛にするかどうか選択します。またチャーシューの種類を「肩ロース、ロースト、バラ」から選べるようになっていました。これは日によって違うようです。今回は「バラ」にしました。他トッピングとして各種100円で選べます。

 待つ事7分程度で登場!

 スープ:こちらのスープは、いわゆる魚介系かなと思ったのですが、魚介にしてはもうちょっとがっつりした動物系の味わいもあるし、多層的なスープであるようです。方向性としては粘度の低いアッサリとしたラーメンで、清湯系のスープです。アッサリしていながらも滋味深いダシの出たスープで、かなり旨味を感じました。

 麺:麺は細ストレート麺で、やや硬めの麺でした。博多ラーメンの麺ほど細くは無いですが、中華そばとしてはかなり細いほうでした。中華そば屋 伊藤の麺に近いですが、自家製麺であるらしく、粉の袋が店頭に置かれていました。麺量は大盛だと結構あり、200グラム位ありました。逆に並盛りだとちょっと少なく感じそうです。

 具:ネギ3種、糸唐辛子、メンマ、バラチャーシュー1枚など。ネギは万能ネギ、白髪ネギ、わけぎの3種類。メンマは量多めでした。糸唐辛子は彩り程度で数本だけ乗ってます。バラチャーシューは厚さ1センチ強、縦4センチ横5センチくらいの長方形で、信じられないような柔らかさと脂感で、絶妙な美味さでした。チャーシューに関して言えば、史上最高のチャーシューと言っても良いかも知れません。

 個人的に清湯系のラーメンは白湯系ラーメンと比べるとそれほど触手が動かないのですが、このラーメンはそれでも相当な美味さを感じました。スープも麺も具材も、どれをとっても平均以上!それどころか、どれをとってもトップクラスの美味さでした。特にチャーシューの美味さは神がかり的なものがありました。

 これはまた是非行きましょう!という事になり、店を後にしました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「夏季限定、トマトカレーつけ麺900円(クーポンで玉子無料)」@中華そばつけ麺 魚介の達人 久兵衛 取手店の写真前回行った時に貰った「トッピング1品無料クーポン券」の期限が迫っていたので、それを使うためにやってきました。平日12時過ぎの入店ですが、かなり混雑していてなんと満席!どころではなく、店内待ちが発生していました。こんなの初めてです。さすがの人気店です。券売機で食券を買って、店内にあるイスでしばし待ちます。

 5分ほど待ってカウンター席が空いたので着席。食券を店員さんに手渡します。トマトカレーつけ麺は半ライスが付いてきますが、平日ランチタイムなのでライスor半ライスはそもそもサービスで付いてきます。なのでライスをオーダーして、更にクーポン券の特典は味玉子でお願いしました。

 注文から・・・・・・・20分くらいで登場!かなり忙しそうでした。

 スープ:”トマトカレー”なので、カレーとトマトのあいのこ、どんな味になっているのかなと思ったら、殆どカレーでした。カレーつけ麺も系列店で食べたことがあるのですが、違いと言えば、カレーつけ麺には無いトマト片が少し入っていることと、チーズが少し入っていることなど。しかしカレーの風味がかなり強く出てしまっています。カレー恐るべし・・・。

 麺:麺は浅草開化楼の麺を使用しているらしく、極太縮れ麺となっています。硬めで歯ごたえがあり、やや小麦の風味のある味わいです。麺量は200gくらいであるようですが、なんとなく体感としてもう少し多いような印象がありました。”あつもり”で注文している人もいました。

 具:麺の丼の中にはトッピングの味玉子が1個、冷たい状態でした。スープの器の中には粉チーズが固まったようなもの、トマト片、ネギ、メンマ、豚肉片など。豚肉片は柔らかく脂身などもあって美味しいです。1cm角くらいに切られていました。トマト片は殆ど効力が無いような感じ。ほんの少しだけ酸味があるような無いような・・・・・程度です。チーズの風味も見た目ほどはありませんでした。メンマはそこそこ大きさがあるのでやや目立っていました。歯ごたえばかりで味はカレーの味しかしませんでしたが。玉子は半熟のようですが、ほとんど熟しておりトローリ感はありませんでした。

 後半、麺を食べ終わったらスープとライスを交互に食べることで口の中でカレーを完成させて楽しみました。これが想像以上に美味い!カレーつけ麺にはライスは必須です。ただし全体的に量が多いので、ここまで辿り着く頃には満腹状態になってしまうのが厳しいところ。今回も「超満腹!!」になってしまいました。

 お客さんは作業着の人が多く、大盛や特盛にしている人もいました。12時半を過ぎる頃になるとポツポツ席が空き始め、12時50分になれば団体客でも待つ事無く入れそうなほど空いてきていました。このメニューは8月末日限りですが、もしかしたら来夏またやるかも・・・・しれません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「和風魚介つけ麺780円&餃子350円(クーポンで無料)」@中華そばつけ麺 魚介の達人 久兵衛 取手店の写真地域の情報誌「ぱど」にて、久兵衛のクーポンが入っていました。今回のクーポンは、なんと太っ腹!餃子が1皿無料になるようです。まあ一皿と言っても、いわゆる半餃子、3つくらいの餃子だろうと思いますが、とにかく行ってみる事にしました。平日の14時頃の入店で先客が1名、30分くらいの滞在で後から1名の来客。店員さんは2名できりもりしているようです。券売機で食券を購入。チケットを渡すと、ライスか半ライスが無料で付くといわれたので、ライスでお願いしました。15時まではライスor半ライスサービスだそうです。

 餃子のレビューはこちら:http://gyouzadb.supleks.jp/review/921381.html

 待つ事5分でライス&餃子が、8分でつけ麺が登場!

 スープ:スープはサラサラしたタイプで、魚介の風味が凄まじく強いです。鰹のダシ&魚粉を大量投入している様子。タイプとしては「久兵衛そば690円」のつけ麺版のような印象です。味はかなりしょっぱく、また魚介の味も強めです。

 麺:麺は中細い縮れ麺でした。浅草開花楼の麺を使用しているようなのですが、商品によって麺の種類も違うようです。加水率やや高めでかん水も多め?の印象で、ややプチプチしたような感じの麺でした。小麦の風味などはあまり感じず、個人的にはそれほど美味しさは感じませんでした。麺量は200グラム程度のようです。

 具:スープの器にはネギ&魚粉が、麺の器には麺の上に梅干、海苔1枚、メンマ数本、ナルト、鰹節、チャーシューなど。チャーシューはパサっとした食感ですがしっとりしているのでパサ付き感はそれ程でもなく、やや柔らかめでした。味は特に付けていないようです。メンマは本数多め、6本くらい入ってました。梅干はちょっと新鮮な具材で、和風感があってなかなかです。

 個人的には、久兵衛そばのつけ麺版という感じですが、どちらかならば久兵衛そばの方が美味しいかなと言う気がします。また餃子ですが、3つだけの半餃子かなと高をくくっていたら、なんと5つも入っていてかなり豪華なお昼に。ライスも付いてフルセットのつけ麺定食になってしまいました。しかもトッピング無料券も付いてきて、サービスの良さに感動です。つけ麺は、今回はやや微妙な結果ですが、濃厚つけ麺やカレーつけ麺など、気になるつけ麺がまだまだあるので、そちらの方も試してみたいと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「こってり背脂そば690円(クーポン玉子&ランチライス無料)」@中華そばつけ麺 魚介の達人 久兵衛 取手店の写真地域の情報誌「ぱど」にて、久兵衛のクーポン券が入っていました。トッピングの玉子が無料になると言うもので、前回もそれで100円トッピングの玉子が無料になりました。さて今回は、先ず柏店に向かったのですが、何と臨時休業という事で、こりゃあ仕方ないぞとバイクを飛ばして茨城までやってきました。取手店も閉まっていたらどうしよう・・・と思って行ってみると、取手店は営業していました。券売機で食券を買い、食券とクーポン券を一緒に店員さんに手渡しました。そのままカウンターの空いている席へ着席。少し待っていると、15時まではライスが無料ですがどうしますか?と聞かれたので、お願いしてもう少し待ちます。

 6分ほどで登場!

 スープ:”こってり背脂”と言うメニューなので、かなり濃いラーメンなのかなと思ったら、スープそのものは鶏がらの清湯スープっぽい感じ。背脂が入っているからこその”こってり”で、背脂が入っていなければ普通の鶏がら醤油ラーメンの雰囲気です。背脂はかなり沢山入っていて、豚ロースの脂身を削ぎ落としたような大降りの背脂でした。他のラーメン店にあるような、チャッチャ系の背脂とは違った背脂のような気がしました。

 麺:中細い縮れ麺でした。茹で時間が短かったのか、やや硬めでした。麺量は多めで、150グラム以上ありそうです。100円増しで大盛、150円増しにすると特盛になって、かなり量多めに出来るようです。また麺は浅草開花楼の麺を使っているようです。

 具:具材はメンマ、ナルト、ネギ、海苔1枚、チャーシュー1枚、有料トッピングの半熟玉子1個など。各具材はそれぞれ少量ながらバランスの良い配分、チャーシューは大きめで、厚みもそこそこ、食感はパサ系でボロッとしたタイプでした。味は特に付いていませんでした。玉子は半熟ですが、熱々のスープに熱せられて、放置しているとどんどん完熟状態になってしまいます。出てきたらすぐに食べると、半熟になってトロッとして美味しいかと思われます。またこちらも特に味は付いていないようでした。

 スープは清湯、背脂はコッテリ、このアンバランスさはハマる人はハマると思いますが、個人的にはちょっとハマるまではいきませんでした。全体量は多く、またライスサービスも相まって、かなり満腹になりました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「久兵衛そば690円(クーポンで玉子&ランチライムライス無料)」@中華そばつけ麺 魚介の達人 久兵衛 取手店の写真地域の情報誌「ぱど」にて久兵衛のクーポンが掲載されていました。前々から行きたいと思っていたお店なので、これは良いなと思い訪問です。金曜日の11時15分の開店直後の来店ですが、既に2人のお客様が。お客さんはこの後も続々と来店してきていて、人気のほどが伺えます。券売機で食券を購入。背脂のラーメンと悩みましたが、初めてだったのでメインの”久兵衛そば”をチョイス。味玉子が無料になるクーポン券と一緒に渡すと、なんとランチタイムなのでライスか半ライスが無料になるとのこと。これは良いなと一緒にライスをお願いしました。

 注文から5分程度で登場!

 スープ:かつおふりかけも登場か?というくらいに鰹の匂いが凄いです。魚介魚介魚介!!の濃厚な風味に、レンゲですすって飲んでみても濃厚!ですがスープそのものはサラサラとしている、いわゆるシャバ系でした。このギャップがたまらないですが、これにトロミ感が加われば、つけ麺としてはかなり美味しくなりそうな気がします。つけ麺も食べてみたいと思いましたね。

 麺:麺は浅草開花楼の麺を使っているそうですが、中細い縮れ麺で歯ごたえも十分。風味もなんとなくあるような気がして、こいつは美味しいです。麺量は150グラムくらいありそうで、白髪ネギと一緒にシャキシャキ食べても、スープと一緒にするするっといっても美味しいです。

 具:ナルト、メンマ、ねぎ、白髪ネギ、海苔1枚、サービスの半熟玉子、チャーシュー1枚など。半熟玉子まで乗ったこの見た目、ラーメン店でよくある「スペシャル」の雰囲気です。これだけの具材で690円と言うのはかなりお安い印象。それぞれの具材は、ナルト&海苔&ねぎは普通、メンマは結構大きめで甘味があって美味しく、白髪ネギは一部白くない部分も混ざってますが、基本的にはシャキシャキで美味しいです。半熟玉子のトロトロ感はこれまでの半熟玉子でも最高クラスで、味もやや塩気のある味わいでこれまた美味です。サービスでなくても、100円出しても食べる価値あります。チャーシューは厚みは6ミリ程度で普通の厚みですが、なんとなく厚さを感じる重厚な歯ごたえ。裏返せば硬いとも言えますが、悪い硬さではないです。赤身部分はパサっとしていましたが、脂身は柔らかく、全体としてはそれほど悪くありません。

 流石は取手でも1位の人気店だけあります。次回は是非、背脂ラーメンを食べたいと思います!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「つけめん800円」@つけめんTETSU 壱の木戸 水戸店の写真友人と水戸旅行にやってきました。初日は水戸市内を散策し、二日目は大洗を散策しました。大洗から水戸に戻ってきて、夕飯をいただきに来ました。日曜日19時過ぎの入店で、テーブル席が空いていました。むしろこちらが食券を買うのを戸惑ったので(5人で来て時間がかかった)、既に座席を準備した店員さんを待たせるくらいの勢いでした。着席して少し待ちです。

 着席してから5分以内で登場!一番早い人は3分くらいで登場でした。

 スープ:かなり濃厚なスープで、粘度の高いドロッとしたスープでした。体感では魚介は控えめに、豚骨などを入れた複合スープのような印象ですが、甘味や塩気などの”味”はあんまり強くは感じませんでした。ダシのうま味が強く出た、ドロッとしたつけ麺らしいスープと言う感じです。なんとなく苦味に近い味が出ていたような印象も。後で見た公式サイト情報によると、魚だし、げんこつ、鶏がらなどを二日間かけて煮込んだスープだそうです。店舗によりその配合や濃度が違うとの事。千駄木の本店ならばもっと濃いのかもしれません。濃厚だけれどもあっさりといただける、つけ麺に不慣れなお客さんが多いであろうこの立地では丁度良い濃度だと思います。

 麺:極太いストレート麺で、いかにもつけ麺らしいです。硬めで歯ごたえがあり、小麦の風味や麺の味わいもしっかりとします。喉越しが良く、つるっと食べられます。稲庭うどんでこんな喉越しの麺があったなーと思ったら、後で公式サイトを見てみると「うどん用粉とパン用粉をブレンド」とあり、小麦の香りや麺の喉越しの良さも納得です。麺の美味しさで見たら、大勝軒系の店舗の麺よりも美味いです。麺が美味すぎるが余り、あっという間に食べ終えてしまい、量的には物足りない気分です。250グラム程度で茹でているようで、次回は大盛にするしかないと心に誓いました。

 具:麺の上にカイワレ大根が、スープの中にはメンマ、ナルト、ネギ2種、チャーシューが入っていました。カイワレ大根は食べ方が悪いと喉にそのまま流し込まれ、危うく喉に引っかかってえずく所でした。ナルトは2枚くらい入っていて、メンマは大きめのメンマが3,4本、どれもしっかりと味が付いていて美味しいです。チャーシューは焼き鳥串のような短冊形にカットされていて、香ばしさがありそれなりに美味しいです。トロともパサともしない、焼き鳥系でした。

 個人的には、スープの味にもっと甘味や塩気、うま味があれば完璧かと思いました。麺はこれだけでもう究極的なくらい完成されていて文句のつけようがありません。具はメンマやチャーシューが比較的美味しいですが、これは美味い!と舌鼓ってレベルまでは達していませんでした。普通に美味しい、レベルです。さて後半はスープがぬるくなってきたので、焼き石をお願いしました。指南書きには「スープ割する前に焼き石を入れるとスープが焦げる事がある」とあったのを見逃していて、スープ割する前に焼き石を入れてしまいました。しかしスープが焦げる事はなく、またスープが熱々になる訳でもありませんでした。卓上にポットが常備されているスープ割りもぬるくなっていて、割りスープ自体が殆ど無くなっていました。ポットを新しく貰い、それでスープ割りしてみると熱々の割りスープで美味しくいただけました。割りスープはかつおの出汁が適度に出ていて、基本のスープの味を壊さない程度に風味付けしてくれます。

 最後にアンケートを店員さんに渡したら、一人しか書かなかったのに人数分の”大盛OR味玉子無料券”を貰いました。人数分渡してくれるつもりが、実際には人数分の倍くらいくれたので、一人あたり2枚くらい貰えちゃいました。この太っ腹なサービスで、個人的な評価が3点くらい上がりました。惜しむらくは値段が少し高めなので、もうちょっとでも安ければ・・・と思いました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スタミナウマニメン680円」@ラーメン 現代の写真友人を連れ立って水戸に旅行に来ました。初日は昼間水戸市内を観光し、歩きすぎてヘトヘトに。水戸駅前の郷土料理店でアンコウや納豆料理を堪能し、宿を取っている勝田へ。勝田にて「〆のラーメン」という事で、こちら現代さんへ。本当は、スタミナラーメン発祥のお店と言われている中華 大進に行きたかったのですが、土曜日19時40分の来訪でお店が閉まっていて、真っ暗になっていました。そもそもこの日は夜の営業すらしていなかったのではなかろうかと言うくらいにひっそりしています。なので対面にある現代さんに入ることにしました。店内大混雑で、テーブル席が空くまで店外で10分弱程度待ちました。ようやく店内に入り、注文します。お店がかなり忙しかったからか、なかなかオーダーを取りに来てくれなくて困りました。注文は、スタミナウマニメンを3人で、スタミナ丼を1人が、中華そばを1人が注文しました。

 注文から10分くらいで登場!

 スープ:トロミが付いたスープで、トロミがあるので熱々です。トロミはスープの殆どに及んでいて、殆ど巨大なあんかけのようになっています。やや甘辛い味わいで、食べているうちに熱い&辛味で汗だくになってしまいました。基本の味付は醤油だと思われます。これは美味しいです。

 麺:太いやや縮れ気味の麺でした。2ミリ&3.5ミリくらいの角ばった麺で、歯ごたえもかなりあり硬めで独特な食感があります。強めのスープに良く合う、とても美味しい麺でした。麺量も比較的多く、150グラム以上ありそうな雰囲気です。

 具:トロミあんかけの具材として、キャベツ、ニンジン、ほうれん草、レバー、ウズラの卵など。具材はどれも大きめに切られていて、しっかりと炒められていて柔らかくなっており食べやすいです。ウズラの卵は2つほど入っています。レバーはパン粉をつけないで素揚げに近いような揚げ方をして作ったような感じ。臭みが全く無く、メンバーの一人は「これってレバーかな?」と言う程でした。

 丼がでかい!量が多い!熱々!正直めちゃめちゃ美味いです。前にスタミナラーメン 松五郎 上水戸店で食べた時の印象よりも美味しいです。点数は余り変わりませんが、印象としては5点くらい開きがあるような違いがあります。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製味噌ラーメン700円&コテコテ100円(太麺無料)」@ラーメンショップ 牛久結束店の写真友人達と車で牛久大仏に行く途中に立ち寄りました。こちらラーメンショップ牛久結束店は日本一うまいラーメンショップ!?なんて噂があるくらい、人気のラーメンショップの中でも人気店なんだそうです。土曜日午後2時頃に行ってみると、なんとほぼ満席の大盛況!券売機で食券を購入(消費増税で値上げしてました。残念・・・)し、カウンター席が空いたので着席。チケットは特製味噌と太麺、コテコテの3枚を提示。麺硬め、味濃い目などの個別の注文はしませんでした。

 注文から8分くらいで登場!

 スープ:見た目もそうですが、味もこれまた凄いコッテリでした。味噌の味はやや塩気の強い純正味噌味で、味もしっかりしてます。背脂もかなり多めに振られていて、粘度もやや高めでドロッとしてます。しかし同じ特製味噌でコテコテにしていない友人のそれと見た目がそっくりなので、もしかしてコテコテチケットがスルーされているのか!?とずっと疑惑が・・・・一応スープまで完飲出来ましたが、かなりコッテリしていてキビシイ闘いでした。これよりももっとコテコテしているとしたら、それはもう正気の沙汰ではないですね。。。純粋に美味しいです。ラーメンショップらしい味で、それをもっと先鋭化させたような味でした。

 麺:基本は細麺ですが、太麺注文が無料で出来ます。太麺にする場合は券売機に太麺ボタンがあるのでそれを押してチケットを出す方式です。太麺は6ミリくらいの太さのストレート麺で、やや楕円形の形をした平麺気味の麺でした。家系店舗の麺にかなり似ています。麺量は130グラムくらいで、具材が無ければもう少し多くても良いかもしれないあと言う量でした。硬さは麺が太いからかやや硬めに感じました。

 具:ネギ、メンマ、わかめ、海苔2枚、半分カット半熟卵1個、ぼろぼろチャーシュー1枚分程度など。ネギは味付けされていない白髪ネギ風で、普通の白髪ネギよりもざっくりと切られていて、白髪部分意外も含まれています。メンマは甘めでやや大きめで美味。わかめは殆どその存在を主張していません。海苔は大き目が2枚あり、箸休めに最適です。半分カットの半熟卵は味は特に付いていないようですが、トロッとしていて美味しいです。ぼろぼろチャーシューはややパサで味もあまり付いていませんが、柔らかめでまあまあでした。

 ”特製”にすると、どうやら半分カット半熟卵1個が付いてきて、白髪ネギが少し増えるようです。味玉子は50円、ネギトッピングは100円なのですが、ネギは半分以下の量なので、差し引きすると丁度良い値段設定だと思います。

 これが本当にコテコテなのか!?と今でも疑問ですが、それはまた別の話にしても美味しかったです。次回はもう少し空いている時間帯にコテコテ注文するか、または通常メニューを頼んで「脂多め」で頼んでみたいと思います。ラーメンショップの中でも特に美味しい!は間違いでしょう!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「こっさり700円(ニンニク投入)」@天下一品 つくば店の写真10月1日の天下一品祭りで貰った無料券を何時使うか?ここは温存して結局11月になってしまいました。ツーリングで水戸に行く途中にあるつくば店にて使うことにしました。つくば店はメニューが独特で面白かったのですが、無料券を使う為には基本メニューを頼むしかありません。基本メニューの中に「こっさり」があったので、こっさりでも無料券を使えるか聞いてみたところ大丈夫だということだったのでこっさり初体験してみることにしました。

 7分弱で登場!

 スープ:見た目は「こってり」でした。粘度は「こってり」に近いですが「あっさり」な雰囲気もあります。味は一口目は「こってり」気味ですが、二口目には「こっさり」なややあっさりした味も感じられました。「こってり」ほどはどろっと重厚ではなく、その辺りが「こっさり」さっぱり感もありますが、なんとなく天下一品なのに「こってり」で押し通せなかった残念な気持ちもまたありました。

 麺:中細ストレート麺でした。やや歯ごたえがあって普通の中華そばとは違いました。麺量はそんなに多くはない、130グラム程度かと思われます。

 具:青ねぎ、メンマ、チャーシューなど。青ねぎは多めに入っていて、生なのでシャキシャキした食感が強いです。メンマは3枚程度入り、チャーシューはペラペラの豚バラって感じでした。ねぎに関してはさすが店の前に「京都直送!」と謳うだけのことはあります。

 麺をすすり終った後で、残った青ねぎと共にスープを飲んでいたのですが、あれどこかで味わったことがあるような・・・と思ったら、無鉄砲 大阪店のとんこつラーメンのスープに似たような味わいでした。スープ飲んでいるうちに飽きてきたので、調味料投入で何とか完食しました。個人的にはやっぱり天下一品は「こっさり」よりも「こってり」の方が美味いかなあ・・・と思いました。一番美味いのは「味重ね」ですが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件