なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「天ぷらえきそば320円(タイムサービス価格)」@えきそば 姫路駅店の写真2019年正月の青春18切符で行く西日本旅行の二日目、山口県の岩国から一気にここまでやってきました。時刻は16時55分くらいで、ギリギリタイムサービスが利用できます。昼食を食べていなかった事も有り、お腹が空いていたので喜び勇んで購入です。券売機で食券を購入し、店員さんに食券を提出します。

 食券提出から10秒くらいで登場!

 スープ:スープはおそばのおつゆを使っているそうです。このお店はおそばの発売が無く、うどんは売っているので”うどんのおつゆ”です。おつゆ自体は関西風の味付けで、あっさりと、それでいて滋味深い味わいでした。中華麺との組み合わせは初回こそ違和感がありましたが、3回目となった今回は「これはこれで美味い」の境地にまで到達できました。

 麺:中華麺ですが、なんとなくそばよりの中華麺のような気がします。ややぼそでやや縮れています。太さは中細いタイプで、麺量は120グラム有るか無いかくらいかなと思われます。120グラムが1玉だとすると、大盛りで180グラム、特盛で240グラムになろうかと思われます。うどんが250グラムで460円なので、値段のバランスとしては、中華麺やや優位であるならば適当な料金設定です。

 具:ねぎ、天ぷらなど。天ぷらは関西スタイルの天ぷらで、衣が沢山入っていて具があまり入っていません。具が何なのかもイマイチ分かりませんでした。えび天が入っているようではありますが、分からないままでした。

 ちょっと不思議な味わいですが、慣れて来ると癖になるような味わいでした。大盛りは40円+で1.5倍になるので、ある程度お腹を膨らませたい時は大盛り、または特盛、それか170円のサイドメニューを食べるのも良さそうです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「中700円(豚骨醤油、野菜マシ、ニンニクアブラカラメマシマシ」@自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 三ノ宮店の写真前日の夜”徳島”を頂き、非常に美味しかったので記憶に残っていて、まさに中毒症状のようになり股行ってしまいました。月曜日の祝日、お昼の12時半過ぎに行ったら外待ちが2名出来ておりました。小雨降るなか外で待っていると、後からドンドンお客さんが並び始め、13時頃には10人近い行列になっていました。20分程度待って入店。この時点で券売機にて食券を購入します。昨日と同じラーメン並にするか、それともつけ麺にするか、またはまぜそばにするかと悩んだのですが、今回も最安値であるラーメン”中”にして、お好みは「野菜マシ、ニンニクアブラカラメマシマシ」にしました。この時「豚骨醤油or塩or徳島」のコールをしなかったのですが、何も言わないと自動的に”豚骨醤油”になるようです。また、カラメはあんまりコールする人がいないようで、店員さんはちょっと動揺したようでした。ちなみに昨日の店員さんとは違う2名でした。

 待つ事5分で登場!

 スープ:昨日の”徳島”と比べると、普通に醤油の味が強い”豚骨醤油”でした。甘味は殆ど排除されていて、カラメマシマシしたので劇的なしょっぱさ。これはもう醤油そのものを飲んでいるようでした。またアブラは大き目の背脂が大量に入り、油もかなりの量入っているようでした。これはちょっとやり過ぎたか・・・・と思いましたが、後の祭りです。ちなみにニンニクは刻みニンニクが大量に入っていました。

 麺:麺はゴワゴワした極太の平打ち縮れ麺で、かなり硬めでしたが昨日と同じくらいの硬さ。普通のラーメンと比べたら非常に食べにくいですが、これだけの太さの麺だと考えたら、むしろこの位の硬さであればかなり柔らかくなっていると感じます。同じ太さの麺を出す系列自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店店の印象と比べると、同じ太さの麺ですが柔らかさはこちらの方が上、柔らかく感じます。麺量は315グラムらしいです。これは系列店でも同じ。かなりの量なので満腹になってしまいます。
  
 具:モヤシ、キャベツ、チャーシュー4枚など。何故か昨日よりもチャーシューが1枚少なくなっていました。モヤシの盛り具合は昨日より1段階多いはずですが、後で写真で見比べるとそれほど多くは見えません。実食したところ、昨日よりも1段階分増えてました。キャベツは硬いキャベツ片が少し入っている程度でした。チャーシューは薄くて脂身が多くて個人的には好きなタイプですが、二郎系のチャーシューはサイコロのように四角くてゴロゴロした肉感を楽しめるものが多いので、この点はちょっと”インスパイア系”っぽいです。

 昨日に引き続き食べましたが、圧倒的に昨日の方が美味しく食べられました。カラメをマシマシしてしまったのでかなりしょっぱい味わいになってしまったのは失敗でした。野菜量はこの位でも大丈夫そうです。また味そのものも”徳島”の方が”豚骨醤油”よりは美味しいかな、と個人的に思いました。結局スープまで完飲出来ず、すごすごと退散しました。
 
 次回はラーメン中”塩”にして、野菜ニンニクアブラ”マシ”、何ならバタートッピング(50円)もやってもいいかもしれません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「中700円(徳島、ヤサイちょいマシ、ニンニクアブラ魚粉マシ)」@自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 三ノ宮店の写真青春18切符で行く2017年正月の神戸旅行の二日目、この日は三ノ宮駅前にあるドカ盛りマッチョさんへと夕飯にやって来ました。三連休の日曜日20時半過ぎの来店で、店内は空席が少しありましたが、その後直ぐに外待ちが出来ていました。丁度良いタイミングだったみたいです。このお店はチェーン店で、系列の自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店には3回くらい行っていますが、三ノ宮店は初めてです。前日にラーメン荘 歴史を刻め 六甲道にて二郎系ラーメンを食べているのにも関わらず、と言うよりもそこで刺激されて二郎系に毒されてしまい、二日連続の二郎系ラーメンです。これは太る。。。

 このお店では並ぶ時は食券を買わず、入店時に食券を買うシステムでした。前日とは間逆のシステムです。入店して食券を買い、カウンター席へ。すると直ぐにお好みを聞かれます。こちらも前日とは違いました。二郎系店舗では提供直前にお好みを聞かれる事が殆どですが、食券が紙タイプの場合は事前に聞かれる店舗もあるようです。

 今回の”呪文”は、ラーメンのタイプは「徳島」で、お好みは「野菜ちょいマシ、ニンニクアブラ魚粉マシ」でお願いしました。カラメなども調節でき、後で「追いカラメ」しているお客さんもいました。自由度が高いです。

 5分で登場!早い!

 スープ:”徳島”ってなんじゃろな~と首をかしげながら食べてみたら、甘味のある醤油豚骨スープの”徳島ラーメン”のスープを使っているから徳島だったようです。そう言えば徳島で徳島ラーメンを食べた時に甘味のあるスープを飲んだ覚えがあります。これがかなり美味い味わいでした。アブラは大き目のアブラがゴロゴロっと入っていて、かなりゴキゲンでした。ダシはラーメン荘 歴史を刻め 六甲道と比べるとそれほどでもないですが、ダシ自体もしっかり出ていて、他のインスパイア系とは一線を画すレベルでした。魚粉は煮干し魚粉のようで、苦味が強い印象です。これで甘味と苦味、そして卓上ボトルで辛味も付加する事が出来、科学的にはかなり美味い味わいに。またカラメ感もかなり強いですが、他の味が混ざる事でしょっぱさだけが前面には出ない状態になってました。

 麺:麺は極太いゴワゴワした平打ちタイプの縮れ麺で、自家製麺のようです。ドカ盛り自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店
では硬くて食べにくい印象でしたが、こちらは硬さは抑えられて非常に食べ易いです。ラーメン荘 歴史を刻め 六甲道と比べても食べ易い印象でした。麺量は中盛りまで無料で増量でき、中盛りだと315グラムだそうです。かなりの量になります。麺量は細かく量を指定できるので、女性でも安心です。 

 具:モヤシ、チャーシュー5枚など。野菜はほぼモヤシでした。というかキャベツの影が見えません。チャーシューは二郎系っぽくない、業務用のようなペラペラのチャーシューでしたが、薄い分柔らかくて食べやすいです。またジューシーで脂身も多く、5枚も入っているので量としては満足でした。野性味はさほど感じないので、二郎感は乏しいですが。

 これは美味い!前日のラーメン荘 歴史を刻め 六甲道と比べても食べ易い印象ですが、二郎感はラーメン荘 歴史を刻め 六甲道の方が強いです。この店舗がレベル80だとしたら、ラーメン荘 歴史を刻め 六甲道はレベル90って印象です。今回は”徳島”なので、一般的な二郎系ラーメンとはかなり違った味でしたが、それがむしろ美味かったです。これはまた行きたい!と思いながら店を後にしました。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン並750円ニンニクアブラトウガラシ」@ラーメン荘 歴史を刻め 六甲道の写真青春18切符で行く2017年正月の神戸旅行の初日。この日は地元柏から始発で神戸までやってきました。夜になり、六甲道で下りてこちらへ。六甲道駅からは歩いて10分弱の距離でした。国道沿いで行き易いですが、およそラーメン店らしくないブルーの外観と手書きの店舗名に圧倒されました。土曜日21時半頃の来店で店外待ちが10名近く出来ておりました。後ろで並びますが、このお店は「食券を購入してから並ぶ店」なのを知らずに、食券を買わずに並んでいたら後で店員さんに食券の確認をされた時に「あっ、食券買ってからお願いします」と指摘を受けました。なかなか物腰の柔らかい店員さんでした。

 並ぶ事30分!やっと店内へと通されました。どうやらこのお店は”ロット制”で、店のカウンター席を半分に分け、半分がラーメンを食べている間に半分がラーメンを待つようなシステムでした。5席ずつくらいで半分になっていました。

 今回の注文は、ラーメン並750円に”ニンニクアブラトウガラシ”でお願いしました。初回なので野菜やカラメはしませんでした。この判断は吉と出ました。

 店内待ち15分で登場!

 スープ:スープはかなりカラメが強い、しょっぱめのスープでした。しかししょっぱ過ぎないギリギリのところで攻めてます(耐性がない人はしょっぱ過ぎると思うけれど)。そしてダシもかなりしっかりと出ていて、インスパイアのレベルを超えてました。二郎本体の店舗と比べても、しっかりとダシが出ていて乳化している”人気店のレベル”まで到達しているようでした(例えるならラーメン二郎 三田本店の”神二郎”みたいな)。アブラはなんと別皿にて提供。ゴロゴロとしたホルモンの「マルチョウ」みたいなアブラの塊で、これを後入れして食べるシステムだそうです。これは嬉しいです。また今回はトウガラシも入れてもらってるので辛味があります。トウガラシは卓上のボトルでセルフ投入可能でした。ニンニクは刻みタイプで麺の上にこんもりと盛られていました。

 麺:麺はこれ以上無いくらいの超極太でゴワゴワした平打ち系自家製激硬麺でした。二郎店舗の麺はもっと細い平打ちっぽい麺で柔らかなのが特徴ですが、そんな二郎系店舗の常識を打ち破るゴワゴワ感でした。自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店の麺にかなり近い印象ですが、もっと太くて好戦的な麺に感じました。麺量もかなり多く、茹でている所を見るとほぼ目分量で入れてました。印象としては、茹で前で300gくらいかなと思われます。

 具:キャベツ、モヤシ、ゴロゴロチャーシュー4個程度。キャベツは少なめですが大き目の1枚で、芯の硬い部分も入っていました。モヤシは茹でてあってややシャキ程度。何も指定しないと大人しい量ですが、マシやマシマシしている人のヤサイはかなりの量でした。このスープとこの麺でこれだけの大量のヤサイを食べられるなんて、信じられません。チャーシューはサイコロ状にカットされたもので、かなりの歯ごたえとジューシーさを感じる二郎っぽさ満点の野性味溢れるチャーシューでめちゃ美味でした。

 ”二郎”の名を冠していないラーメン店で、最も”二郎”に近いと感じました。むしろ下手な二郎よりもずっと二郎感が出てます。これは並ぶわけだなあと納得しました。正直なところ、私自身はここまで強烈だとまだ自分のレベルが追いついていないとすら感じました。これでもしもヤサイを少しでも増していたら、またカラメでもしていたらと思うと、恐ろしくて身震いしてしまいました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「天ぷらえきそば大盛400円」@えきそば 姫路駅店の写真友人と青春18切符で姫路までやって来ました。この日は岡山まで行く予定ですが、次の列車まで時間があったので、こちら姫路の”えきそば”で軽く腹ごしらえをする事にしました。大阪方面から播州赤穂行きの新快速がホームに入線し、下車したホームを少し歩いたらありました。上り線と下り線でそれぞれ店舗があるようです。店内はホーム駅そばの標準的な広さ。全て立ち食いカウンターでした。券売機で食券を購入しますが、通常が360円で天ぷらかきつね。大盛が400円で天ぷらかきつね。特盛が500円で天ぷらかきつねです。通常が麺1玉だとして、特盛は麺2玉と明記されていますが、ならば大盛は間とって麺1.5玉と思われます。ならば・・・40円増しで麺1.5玉の大盛が最もお得と言う事になりそうですが・・・特盛りになると他に具材が増えるとか、なにかあるのかもしれません。色々と謎です。

 食券提出から15秒で着丼!

 スープ:スープはそば・うどん用のダシつゆで、関西風の昆布や炒り子などを使ったダシだと思われます。ラーメンのスープにするにはかなりあっさりしていて、かん水が入った中華麺に近い麺とは微妙にアンバランスな気がしないでもないですが、このアンバランスさも含めてご当地名物として面白い味わいでした。

 麺:麺はそばくらいの細さの麺で、ラーメンだとしたら中細縮れ麺と言った印象です。食感や味わいもラーメンと言うにはそば寄りな印象でした。殆ど小麦粉で作ったうどんのような”駅そば”に、かん水を混ぜて作ったらこんな味わいになるだろうと思うような、独特な麺でした。やや粉っぽい味と塩気がありますが、これはこれで美味いです。
 
 具:青ネギ気味の刻みネギと天ぷらが1個。刻みネギの雰囲気は駅そばのそれに限りなく近いです。天ぷらは”関西風天ぷら”で、衣が殆どで小さな丸まったエビが数尾埋め込まれていました。ぽってりとした天ぷらで、水分を多分に吸っているのにもかかわらず箸で持ち上げても崩れませんでした。

 味については賛否分かれる味ですが、400円でこの量が出てくるならば満足です。360円の通常サイズと比べて、丼からして1.3倍くらいの大きさになっていて、スープの量もその分多くなっていました。美味そうな”鶏天”と”牛蒡磯辺揚げ”は人気だったのか売り切れていました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン醤油600円」@湘南らあめん頂の写真青春18切符を利用して姫路にやってきました。姫路城を見学して、お昼になったのでそろそろ何か・・・と、みゆき通りアーケードを歩いていたら、丁度よくラーメン店があったので入りました。ラーメンが600円からと言うことで、この安さが決め手です。店内は開店直後と言うことでお客さんは居ませんでした。店員さんは2名、券売機などは無く、口頭で注文します。

 注文から7分程度で登場!

 スープ:見た目は完全な豚骨スープでした。替玉のシステムがあったり、高菜や紅しょうがなどがあるなど、どうやらこれは豚骨ラーメンのようです。豚骨なのに醤油やら塩やらチョイスできるタイプ。醤油で頼みましたが醤油感は余り感じませんでした。豚骨を48時間煮込んだスープで臭みの無い上品な味わいです。ただしやや味が薄めで温めでした。クリーミーであっさりしていました。

 麺:丸山製麺オリジナル玉子麺を使用しているそうです。細ストレート麺ですが、豚骨ラーメンの麺としては太めでした。麺量も豚骨ラーメン程度の量で少なめです。博多豚骨と比べると、麺がなるほど玉子を練りこんだような風味がします。

 具:半分カット半熟玉子、モヤシ、メンマ、海苔一枚、ヤクミタマネギ、チャーシュー1枚など。それぞれの具材はそれほど個性を主張することはありませんでしたが、ヤクミタマネギなどは斬新でした。チャーシューはやや薄めでその分柔らかさはありました。

 ランチタイムは小ライスが無料なのでライスをいただきました。高菜や紅しょうが、梅干とたくあんを取り放題なので、これをおかずに頂きました。ラーメンのクオリティは微妙でしたが、値段も安いしサービスは良かったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ごぼうかき揚げえきそば400円」@えきそば 姫路駅店の写真青春18切符で春の長旅。4日目の夕方、なんとか姫路まで戻ってきました。姫路は丁度1年前に姫路城まで歩いた記憶がありますが、いつも城の前まで行って、その時には時間切れになってしまいます。今度は行きたいなあと思いつつも、今回もまた駅構内だけですぐ乗り換えです。今まで知らなかったのですが、なんとここではホーム上でラーメンを食べることができるというので、早速行ってきました。こちら山陽本線の下りホーム、上りホーム共にあります。乗り換え時間が10分程度しかないので、急いでいくような感じに。券売機で食券を購入しようとすると・・・基本の「えきそば」は350円ですが、400円でごぼうかき揚げえきそばというものがありました。しかもそれがおすすめであるとのPOPが。ならばとごぼうかき揚げえきそばをチョイス。

 店員さんに食券を手渡して30秒ほどで登場!

 スープ:スープは和風のだしで、関西風のうどんやそばよりもやや濃い味のスープでした。中華スープのような鶏がらで醤油だれのカエシ・・・と言うようなラーメンらーめんしたスープではなく、それこそうどんそばで使われるような味わいです。どうやらこのスープが評判の味らしいです。

 麺:肝心の麺ですが、こちらが中華麺を使用しているからこそ「ラーメン」として認識されているとのこと。細い縮れ麺で、かなり柔らかでかん水が多いような印象です。店内には、マツコ・デラックスが「美味しい」と言って食べたなんて紙が貼ってありますが、個人的にはそれほど・・・・これならば、ぶっちゃけそばのほうがいいのでは?あ、そばを出す代わりにこれなのか。。。。

 具:青ネギ、ごぼうかき揚げなど。今回はこの「ごぼうかき揚げ」が神がかり的に美味く、マツコもごぼうかき揚げで食べればよかったのに・・・と思うほどです。細く切られたごぼうが麺のようで、これをシャキシャキと食べると麺を食べるなんかよりもずっとウマいです。またこちらはちくわのような練り物と一緒にかき揚げにしているようで、ややフワッとした魚の肉のような味わいもしました。

 これはもうB級グルメのそれなんだろうなと思いながら、10分以内に完食です。スープは美味しい、麺は微妙。ごぼうかき揚げは神!評価についても、単なる「えきそば」ならば60点くらいだったと思いますが、ごぼうかき揚げだけで10点増しです(笑)ついでにこのお店、えきそばよりもうどんのほうがそれぞれ40円ずつ多いです。だからなのか基本皆さんえきそばばっかり食べてました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

 神戸に行った時に食べましたが、なかなか美味しかったです。個人的に好きな味でした。チェーン店のようですが、無難な味に仕上がっているような、そんな味です。それでも、コッテリ好きな人でも楽しめる、そんな味かなと思われました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件