なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン唐揚げセット800円」@ゆらら食堂の写真西日本方面へとツーリングに出かけた際、二日目のお昼として利用しました。GWに入った初日の土曜日、12時頃の来店で、店内は先客が7名でした。もっと混雑していると予想したのですが、意外でした。券売機で食券を購入しますが、メニューが色々あるので何にするか悩みます。迷ったのですが、ラーメンの気分に傾きかけていたのでラーメンで。店頭に掲げられた”人気メニュー”の欄にあった「ラーメン唐揚げセット」が気になったので注文してみる事に。

 ちなみに通常のラーメンは600円で、ラーメン唐揚げセットは800円だそうです。唐揚げが200円で付いてくるなら悪くはありません。

 7分くらいで呼ばれました。

 スープ:なんと!ラーメンは尾道ラーメンでした。もしかしたら初めて食べるかもしれない尾道ラーメンで、食べてみると醤油の味わいでカエシ強めでややしょっぱいです。揚げ玉のような大き目背脂が沢山浮いていて、その背脂は甘みがありました。東京などのラーメンにある「背脂チャッチャ」とはまた違った背脂感でした。これはなかなか良いです。

 麺:麺は平打ちで2ミリくらいのほぼストレートな麺でした。やや角ばった麺である印象で、そばの麺に形としては近いです。かん水の割合なのか、ちょっと変わった風味で美味いです。麺量は結構あり、150グラム以上ありそうです。

 具:ねぎ、メンマ、チャーシュー2枚など。チャーシューはペラっとしたタイプで、ややパサしっとりでした。味が染みていてこちらも美味いです。

 唐揚げに関してはやや大きめサイズが3個、サラダと一緒レモンを添えてに皿に乗っていました。皮がカリカリになっていたので、ラーメンスープに浸して食べたら柔らかくなって食べ易くなりました。唐揚げとしても悪くない味わいです。サラダはキャベツの千切りと貝割れ大根が入っていました。

 ご飯は白米か18穀米かを選べるそうです。今回は18穀米を選択しました。小ライス頼んだくらいの量で、ご飯はややモチッとしていて赤飯みたいでした。

 ラーメン自体の点数は77点と言ったところですが、それ以外の料理全体を合わせると満足度が上がり、80点くらいの定食でした。食べ終わってかなり満腹になりました。少し休憩してお風呂に入りました。入浴はサウナ無しで430円でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「石焼つけ麺750円」@濃厚豚骨魚介つけ麺 風雲丸 立町店の写真青春18切符での春の旅行。いつも九州に行くのですが、帰りは広島で広島風お好み焼きを食べるのが恒例となっていました。しかし今回はラーメンを食べてマイマップに★をつけよう!というマイ企画です。先ずは平和記念公園の平和資料館を見学し、やや重くなった心にエネルギーチャージをと、アーケードを歩きました。アーケードの入口にデカデカと「つけ麺!」なんて看板があり、その看板に吸い寄せられるように当該のお店に到着。入店して、券売機で食券を購入です。しばらく迷ったのですが、なんと石焼つけ麺があるというので、石焼つけ麺を食べることにしました。あとで思ったのは、広島風つけ麺というものがあり、ああどうせご当地初なら、広島風にすればよかったか・・・とは思いましたが、久しぶりの石焼に心奪われ、わくわくしながら待っていました。待ちながら、なんでも付け合せ用のキムチが無料とのことで、キムチを貰ってきてそれを食べてました。キムチも美味しいです。

 5分程度で登場!

 スープ:かなりドロッとした、粘度の高いスープでした。麺をつけつけ食べていると麺にスープを持っていかれるレベルがかなり高いです。魚介系のスープでカツオがかなり強いようですが、しかしそれだけで意外にもちょっと単調な味でした。昨今の「つけ麺の大家」とされるお店は、みんな豚骨魚介、または動物系と魚介系のWスープ、いやもっとトリプルスープくらいやって味に深みを出していると言う事が、こちらのスープを味わっていて逆に再認識する結果に。

 麺:麺は大盛り450gまで無料でしたので、450gでお願いしました。またあつもりもできますと言われましたが、石焼のスープなのであつもりの必要はないと思いひやもりでお願いしました。麺そのものは中太いやや縮れたまんで、ツルツルしていて味は特にありません。かん水が多いような印象です。また450gなので食べきれるかなーなんて思っていたのですが、これは茹でた後の水を吸ったグラム数で、想像よりもむしろ少ないくらいでした。雰囲気としては「やすべえ」の麺に似ていました。

 具:具は麺と一緒に三つ葉が、スープの中にチャーシューとメンマが数切れ、ネギなど。スープが石焼で熱々なのでどれもかなり熱いです。チャーシューは柔らかい味わいで美味でした。どうも具もやや拍子抜けしてしまいました。もうちょっと色々入っていたらなと思いますが、つけ麺なのでこんなものでしょうか。

 石焼なのでスープは最後まで熱々でした。麺もものすごく熱くなります。その為か石焼つけ麺用の取り皿まで用意される程。また後半には無料でレモンをもらえ、それをスープに絞って味を変えることができます。この辺りのサービスは結構いい感じですが、いかんせんスープの味が短調でもうちょっと・・・という感じでした。スープの味だけなら60点台かなという完成度ですが、石焼で大盛り無料、サービスも色々あったのでおまけして70点です。次回行く時は、是非広島風つけ麺を選びたいと思います。。。。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「しょうゆラーメン530円」@雑兵の写真 尾道!に初めて降り立ちました。広島焼きにも心惹かれたのですが、ラーメン好きとして尾道ラーメンを外すわけにはいかないなと思い、ラーメン店を探しました。最初は朱華園に行こうとしたら定休日。ならばと海のほうに歩いて行ったら、このお店がありました。他にないかなと探したら、つたふじや壱番館がありましたが、混んでいたのでこちらへ。このお店「雑兵」もそこそこ混雑していました。新店なので観光案内のパンフレットなどに記載もありませんが、今後お客さんが増えてくるかもしれませんね。

 カウンター席に座り、しょうゆラーメン(尾道ラーメン)を選択。少し待ってラーメン登場!早速食べてみると、麺は平打ち麺で歯ごたえのある麺でした。前に地元で行った中華料理のお店で食べたラーメンの麺と同じような麺でした。スープは醤油ベースのスープですが、油膜がかなり浮いていました。また固まった背脂が大量に浮いていて、スープそのものはあっさりなのに、飲んでいくと結構胃にもたれました。

 愚は柔らかめのチャーシューとメンマ、ねぎが入っていて、シンプルでした。何より530円でこれだけのラーメンを食べることができるんだから、尾道の人は羨ましいなと思うばかりです。変わったラーメンで、おいしかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏そば、辛さ中辛630円」@三十二匁 福山駅前店の写真 九州旅行の帰り、福山に降り立った私は、尾道に近いから尾道ラーメンとかあるかなと街を歩いていました。結果「尾道」の名を冠したお店を発見することは出来ませんでしたが、このお店を見つけました。

 早速入店、店内は洒落た空間で、最近のラーメン屋さんなんだろうなという感じ。券売機の前で悩んでいると、店員さんから「どのラーメンがお好みですか?」と聞かれました。お勧めは?と聞くと「野菜ラーメンですね〜」とのこと。

 しかし野菜ラーメンは少し割高だったので、鶏そばを選びました。

 鶏そばは辛さを「小辛・中辛・大辛」と選べます。私は中辛を選びました。

 鶏そば登場!白っぽいスープに、後で黄土色のスープを足したのかな?という印象のラーメンでした。スープを飲んでみると、なるほど結構辛いですが、白湯系の味も感じ、深みのある味わいでした。

 麺は細くて縮れていて、量は少なめでした。量は通常価格で4/3に出来たり、また大盛などもできるようです。

 福山に行ったときは是非またいきたいと思いました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件