なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「ざる中華390円(クーポンでカレールー150円が無料)」@ゆで太郎 藤岡市役所前店の写真荒船山ツーリングに出かけ、山に登った後で利用しました。お店は藤岡市内、県道沿いにありますが、近くに大きな別の県道があるので、今は地元の車が主に利用する県道になっています。それでも交通量は多めの道でした。土曜日14時20分頃の来店で、店内は7名程度のお客さんが。店員さんは3名か4名か・・・くらいでした。

 券売機で食券を購入。今回は”ざる中華”を食べると決めていました。新メニューです。定価390円ですが、見た目量が少なそうで、これで満腹になるのかとやや不安でしたが、クーポンでカレールーを付ける事で腹も膨れるだろうと、この組み合わせを選択しました。

 待つ事4分程度で呼ばれました。

 スープ:ざる中華はそばつゆをつけ麺のつけ汁のようにして食べるので、悩んだ末に分類を”つけ麺”の”醤油”にしています。”その他”の”その他”でも良いかも知れません。さっぱりしたダシつゆに麺を浸して食べると、さっぱりとして美味いです。カレールーに浸して食べると、これはもうカレーつけ麺の味わいでした。

 麺:やや水っぽくて加水率は高めですが、札幌ラーメンのように黄色っぽくてコシがある縮れた中華麺で、味わいとしてはなかなかです。同じくらいの価格帯の他のラーメンチェーンと比べても、麺の美味しさは勝っている印象があります。麺量はそれほど多くはないですが、見た目上はラーメンの標準サイズである150グラムを茹でているような見た目なので、量としては悪くない量だと思います。大盛にすると半玉くらい増えるようです。

 具:麺のお皿にメンマ、わかめ、カイワレ大根数本、チャーシュー1枚など。別皿でネギも付いてきます。他無料トッピングコーナーから揚げ玉、カレールー用に福神漬けなどを頂いています。メンマはしっかりした歯ごたえのある一品で、カレールーに浸して食べるとイイ感じでした。カイワレ大根はピリッと辛味があって、麺と一緒に食べると辛味がアクセントになり美味いです。チャーシューは薄くて小さくて、このメニューの中では一番評価が低いです。ネギは別盛り状態からそばつゆに投入して頂きました。無料トッピングの揚げ玉はカリカリしていて、油感も増せるので汎用性高いです。

 終盤はカレールーにそば湯を入れて粘度を下げて食べてみましたが、これもアリ。最後はそばつゆをカレールーの器に入れて、更にそば湯を足してカレーラーメンのようにしてみましたが、これも美味しかったです。このメニューにはカレールートッピングがかなり使えました。スガキヤの”ざるラーメン”のように、1品で2つの味を楽しめるお得な組み合わせでした。次回はこれに大盛もつけて、より堪能したいと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「岩櫃らーめん750円&Aセット(ライス・餃子)100円」@優勝軒 吾妻店の写真ツーリングで群馬原町付近を走っていると、小規模の市街地にさしかかりました。この辺りならラーメン店でもあるかな~と思ったら、比較的大きな商業施設の入り口に「優勝軒」なんて見覚えのある看板が。これはいかねば!早速駐車場に止めて入店・・・ではなく、事前に調べて行く事を決めてから行きました。何でも地元柏にある優勝軒 柏店の系列なんだそうで、それはもう行かねばならんです。

 お昼過ぎ、12時半頃に入店。券売機で食券を買おうとしたら、やはりどれもやや高め・・・柏の優勝軒のほうが安いのになぁ・・・と思ったら、岩櫃らーめんというものがありました。いわ???イマイチ読めないこのラーメンがこのお店の自慢の一品というかオリジナル商品であるようです。しかもふじ麺よりもやや安い750円なので、その点も魅力でした。ですが、タッチパネルを見ると、なんと「ランチタイムAセット、ライスと餃子で100円」という非常にお得なメニューがあるではないですか!お腹の許容量など考えず、このランチタイムAセットを選ぶことにしました。店内はかなり混雑していて、営業中のサラリーマン風の集団や買い物中の主婦のような女性、観光客風の方までさまざまでした。

 ランチAセット餃子のレビューはこちら http://gyouzadb.supleks.jp/review/801310.html

 注文から10分くらいで登場!

 スープ:店内POPには「こってり味噌スープが癖になります!」とあります。個人的な印象としては、背脂も入っていますが、味噌の味がうすーく、こってりとはちょっと思えなかったです。背脂にしても、本場柏優勝軒 柏店のそれと比べたら薄めでした。先ほどの店内POPによると、にんにく増し、背脂増しもできたようです。それは知らなかった・・・・。

 麺:ふじ麺にそっくりの極太ほぼストレート麺です。角ばった麺でかなり硬く、ボキボキです。ふじ麺そのものよりもさらに硬いです。麺量もやや多めで、200グラム?250グラム?くらいありそうです。麺は小麦のような風味がかなり強く出ていて、小麦っぽい麺(自家製っぽい麺?)が好きな人にとってはたまらない味わいでした。

 具:キャベツ、ねぎ、もやし、コロチャーなど。キャベツ&ねぎは生っぽいです。もやしはやや多めに入っていますが、ふじ麺の時のような山盛りではなかったです。野菜も増量できるようです。コロチャーは大量に入っていて、まとめたらふじ麺のチャーシュー1.5枚分、他店のチャーシュー5枚分ぐらいありそうでした。

 セットのライス&餃子も食べるので苦しくなってしまい、食べるのに30分以上かけてしまいました。これはもう次回また行って、野菜&にんにく&背脂増しで注文するしかないです。これはもうリベンジしなければ!!ちなみに全体としてはかなり大盛りのラーメンで、しかし味はもう少し濃いほうが好きだなーというのが全体的な印象でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギミソラーメン690円」@ラーメンショップ 下仁田店の写真荒船山にツーリングに行った帰りに入りました。前にこの前を通った時、ああこんなところにもあるのか~と思ったのですがスルーしていたので、今回は入ることにしました。朝7時から空いているのは峠越えのトラック運転手さんの需要を踏まえてのことでしょうか。11時半頃に入りましたが、店内には3人ほどお客さんがいました。後から4人くらい入ってきて、こんな山奥に!?と驚きでした。店内には3名の店員さんがいて、どうやら主人とその奥様、また親族の方もいらっしゃったようです。ここ下仁田は下仁田ネギが有名ですが、金欠もありただのミソラーメンを注文。したのですが・・・・・・。

 5分待って出てきたのは、ネギミソラーメンでした(汗)

 スープ:”アブラ多め”で頼んでいます。またあとから来たお客さんが”味濃いめ”で頼んでいたので、味濃いめのアブラ多めの注文も可能なようです。味はよく見かける赤味噌の味。山岡家の味噌の味に近いものがあります。またアブラについては、油はそこそこ、脂は小粒な脂がちょちょっと入っていました。山岡家だと”油少なめ”レベルの油量で、山岡家では入れてもらえない脂が加わっていると、そんな印象です。味そのものはそれなりに濃いめかなという印象です。

 麺:後から入ってきたお客さんが「ここの麺は太め?」などと聞いたら「細くも太くもない」という答えでした。私個人の印象としてはこれは細麺の部類にギリギリ入るかなという麺でした。やや縮れた中細麺で、硬めで頼みましたが普通の硬さでした。普通に頼むと柔らかめになってしまうかもしれません。麺量は丼の大きさ、スープ量からしたらやや少なく感じますが、一般的なラーメン店の通常量かなという気がします。

 具:最初「普通のミソラーメンなのにネギいっぱいだなあ」なんて思っていたら、やっぱりネギラーメンでした。白髪ネギが一掴み程度バッと入れられていて、更に海苔が2枚とワカメが入っています。ネギが下仁田ネギなのかどうかはわかりませんが、やや辛味が有りシャキシャキした歯ごたえでかなり美味しかったです。チャーシューはボロボロに砕かれて入っていました。チャーシューを全部合わせても1枚にはならないと思います。

 オーダーミスですが、それを許せてしまうような牧歌的な雰囲気が流れていました。実際、ネギラーメンにして良かったと思うネギクオリティーでした。ネギ入りにすると110円増しになるようです。またこのお店、ラーメン系メニューの種類が異様なほど豊富(トッピング分をメニューにしている為もあるけれど)なのと、それ以外の定食メニューもあり、またお土産まで売ってました。その他ラーメンショップオリジナル?の椿唐辛子と、ニンニクもボトルも置いてありました。量も多めで、いかにもラーメンショップらしいラーメンでした。美味しかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「獅子ふじ麺700円→500円(麺200g、チャーシュー1枚)」@獅子王の写真両毛地区で発行している無料クーポン誌に、こちら獅子王のクーポンが入っていました。700円までの商品が500円になるということで、なんと30%近く割引に!という訳で行きました。柏からだと100キロ以上走るため、ガソリン代からしたら片道だけで400円くらいかかってしまうのですが、それはそれ、これはこれ、ツーリングとスパ銭の新店舗訪問をかねて行ってきました。最初、場所はほぼ分かったのですが、どうしても店舗を発見できず、3回くらい通ってやっとわかりました。どうやら他店舗の駐車場にお店があるような感じで、通りからは一見するとわからないようになっていました。

 券売機で食券を購入して、少し待ってご案内、更に8分ほどで登場!

 スープ:かなり甘めの醤油スープでした。更に脂が凄い!柏にある角ふじと比べても多いです。というか、脂の塊が小さく、そのためスープをレンゲですくうとより大量の脂を口に入れることになり、それが「脂ーーー!!」という印象を持たせているようです。

 麺:麺の量は200gか300gまで選べるようです。今回は減量中であることも鑑み、200gにしておきました。麺は極太麺でややちぢれたストレート気味の麺でした。少しだけ蕎麦のような色合いがしており、それが麦?蕎麦?な味わいを醸し出していました。

 具:モヤシ大量、ヤクミタマネギ、キャベツ、チャーシューなど。写真を見ての通り、モヤシについてはこれでもかっ!!という感じで入ってます。その上にキャベツが少し、ヤクミとしてのタマネギのみじん切りもあり、そんな巨峰がそびえています。群馬三山のいずれかの山を意識している?かどうかは不明です。ちなみにチャーシューは1枚から3枚まで選べる太っ腹。私は上記理由により1枚にしました。チャーシューは何かに漬け込んだような味がしていましたが、味そのものはスープの強さに負けているような気がしました。

 味は角ふじでもあった「ふじ麺」のそれに近いです。サービスはこちらのほうが断ぜん上です。腹が減ったらうちに来い!の言葉通りの爆発的な量でした。これでも、事実上の”少なめ”ですからねぇ。。。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ごじめん醤油650円(クーポンで500円)」@中華そば・特製もりそば 己勝軒 満帆の写真バイクでツーリング中、お昼になったので入りました。あれ?この間来たばかりなのに!?そうです。またまたの”クーポン利用”です。このためにわざわざここまで来たと言っても過言ではありませんが、そのためにかかったガソリン代を考えると、クーポンの意味など全くなくなってしまうという・・・とはいえ、そこはツーリング&温泉含みなので、良しとしてます。券売機で「クーポン」のところを押し、食券とクーポン券を一緒に店員さんに手渡します。そのとき「(無料)トッピングでニンニクはどうしますか?」というのと「ごじめんは塩か醤油がありますが、どちらになさいますか?」というのと、二つ聞かれました。ニンニク入りの醤油で頼みました。

 12分くらい待ってようやく登場!

 スープ:かなり濃ゆいスープです。豚骨醤油と言っていいと思いますが、更にプラスして背脂&油もどろっと入ってます。柏地区にある”角ふじ”のラーメンとかなり似ていますが、こちらの方がよりドロっとしている印象です。トロミがあるとも言えるんでしょうか。

 麺:極太麺です。かなり硬く、ボキボキっとした食感です。初めて食べて、これをラーメンだと思えないという人も多いです。私も最初の頃はそう思いましたが、今ではこの麺のトリコに。麺そのものはそんなに量が多くはないようですが、モヤシが多いのでお腹いっぱいになってしまいます。

 具:ナルト、キャベツ、もやし、チャーシュー、半分カット半熟タマゴなど。一番上にナルト、そのすぐ下にニンニク、その下にキャベツ、その下にモヤシの山があるという、まるで芸術作品のようです。半熟タマゴは半熟から完熟へと至るギリギリのライン、チャーシューは柔らかく、また厚みもあり美味です。もやしがあまりにも多く、しかも味が付いていないので、別に特性醤油がビン詰めでサービスされました。これが甘みがあり、もやしやキャベツにかけると美味です。しかし、あまりかけすぎるとスープの味が強くなりすぎる危険も!その点には注意が必要ですね。

 全体としては美味しいです。がしかし、食べているうちにお腹いっぱいになり、厳しくなってきてしまいました。食べ手と体調を選ぶラーメンでした。でも、またすぐに食べたくなる中毒性がありますね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ぶたぶたつけめん700円(割引で500円)」@らーめん・つけめん 満帆 太田本店の写真ツーリングの途中、クーポンを持っていたので入りました。そろそろかなーと思っていたら突然あったのでびっくりしながら入店。券売機で「クーポン」の500円ボタンを押し、クーポン券と一緒に店員さんに手渡します。セルフのお冷を飲みながら、待ちます。

 待つこと8分程度で登場!

 スープ:最初に「にんにく入れてもよろしいですか?」と聞かれましたが、はいと答えておきました。スープは最初アツアツで、見た目は濃度は高くないものの、ドロリとした脂を感じます。麺に絡ませてスープを味わってみると、なるほどかなり強いニンニクの味と脂の濃さを感じます。また、背脂も結構入っています。これまで食べてきたつけ麺のスープとは全く違った方向性のスープでした。ごじめんのスープをつけ麺用にしたような感じでした。

 麺:大勝軒おなじみの極太麺でした。しかしちょっとべたつきがあり、モチモチを通り越してちょっとハシに絡みつきます。それは少しだけマイナスでしたが、麺の量も十分にあり、総合的には悪くはありませんでした。

 具:ナルト、海苔、キャベツ、萎びたメンマ、チャーシュー、半分カット半熟タマゴなど。ナルトと海苔はかなり小さく、彩りを添える程度の役回りです。メンマについてはかなり萎びていて、これはむしろないほうがいいかと思います。チャーシューは柔らかく、タマゴもいい感じでした。

 全体的に完成度は高いと思います。今までのつけ麺の概念を覆すようなつけ麺で、かなり美味しかったです。これが500円で食べられるというのは非常にラッキーでした。クーポンはまだありますので、また系列店を回ってみたいなと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「みそごじめん700円(クーポンで500円)」@中華そば・特製もりそば 己勝軒 満帆の写真先日桐生の駅に行ったときにモテコとTJがあり、どちらにも己勝軒の割引券が入っていました。という訳で千葉からわざわざやってきました群馬。太田には知り合いが住んでいたりしてちょっとだけ地縁がありますが、実際に行くのはあまりありません。国道122号線沿いにあったイオンモール。その隣にある太田安眠の湯の隣にお店がありました。

 券売機で食券を買い、割チケを合わせて手渡し、注文してトイレ行って、8分程度で登場!

 スープ:クリーミーな味噌と、狂暴な背脂、そして「ニンニク入りますがどうしますか?」とあらかじめ聞かれて「お願いします」と投入してもらったニンニク。これでもうこれ以上ないコッテリラーメンに。個人的にこの組み合わせは非常に好きなので、どうしても点数も高くなり、味についても甘くなってしまいます。もう何も言うことなし、とにかくうまいです。

 麺:ごじめん、の語感よろしくゴジゴジしています。私の地元柏の「ふじ麺」とほぼ同じものです。うどんよりも太い麺、それでいてうどんのそれよりもずっと歯ごたえがあり、更に麺がぐにゃぐにゃ曲がっている変な麺です。見た目は下手したら脳みそのように見えてしまうんじゃないかという麺です。食べ手をかなり選びます。でもハマるとうまいです。

 具:大量のモヤシ、キャベツ、刻みにんにく、半分カットゆで卵、チャーシューなど。驚いたのは他の野菜大盛りラーメンと違い、きれいに富士山型に野菜が盛られているところ。モヤシが一番上に、その下に隠れるようにキャベツ、山裾には卵とチャーシューが。例によって麺は見えません。先ずはスープにもやしを浸しながらひたすら食べ、キャベツを浸しながらひたすら食べ、そうしてやっと麺にたどり着くという荒行です。また、ゆで卵はほとんど茹でられていましたが、微妙にほんのちょっと熟しきっていない部分もありました。チャーシューは塩気があり、柔らかです。

 卓上にあった辛みそをドバっと入れてみると、辛味が増していい感じでした。最初にクリーミーでマイルドな味噌の味を楽しみ、その後で辛味を加える、そうでもしないと完食が難しいくらいに大量だというのもありますが、そうやっていろいろな味を楽しめるところもまたこのラーメンの魅力でしょうか。とりあえず、普通のラーメンしか食べていない人にはあまりオススメしませんが、個人的には非常にウマいラーメンだと思ってます。美味しかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「辛みそラーメン1辛700円」@頭山満 桐生店の写真友人と4人で連れ立って群馬に行きました。当日は巨大台風が列島を直撃し、桐生も大荒れの天候でしたが、そんな中で腹ごしらえということになり、駅から強風の中をふらふらと歩きだしました。すると駅からすぐそばに一軒のラーメン店が。いかにもチェーン店風でしたが、ここしかないぞと入ることにしました。店内はカウンター、小上がり席、テーブル席があり、台風が来ているというのにかなり混雑していました。

 注文して、13分ほど待って登場!

 スープ:辛みそラーメンはプチ辛から4辛位まで選べます。それ以上となるとわかりませんが、店内に貼られた短冊には「10辛達成!○○高校●●」なんてあるので、常連のような立場になれば挑戦できるのかもしれません。信州白みそと富山1年みそを使っているなどとあり、味わいとしてはあっさりですが深みのあるいい感じの味わいでした。また辛さについては、1辛だと辛いのが好きな人にとっては朝飯前レベルです。

 麺:自家製麺をしようしているようで、中太いモチモチとした麺でした。モチモチ感がウリなので、やや柔らかいです。色合いとしてちょっと白っぽいです。

 具:モヤシ、ニラ、ひき肉など。モヤシはかなり己を主張しているのですが、ニラは色彩を魅せるためにちょいとある程度。また、ひき肉も目立たない程度入っています。

 700円の値段を考えたら、悪くないと思います。ただし一緒に別のラーメンを頼んだ友人は、トッピングをいろいろ付けたために値段がかなり高くなってしまいました。普通に頼んだほうがよさそうです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「日替わりランチメニュー(ねぎラーメン)500円」@ラーメンハウス新治の写真バイクでツーリングの途中、三国峠にアタック(?)する直前、お腹が空いたので丁度開店の時間に訪問しました。店内は開店直後だったのでまだ準備が整っておらず、入店してから「営業中」の看板を外に出していました。ちなみに後で団体のお客さんが入ってきていました。メニューを見てみると、何よりもまず「500円ラーメン」が目に入り、他のメニューが目に入りませんでした。たしか味噌が680円からありました。

 注文して、8分程度で登場!

 スープ:”苗場・水上高原マップ”によると、無添加・天然素材がウリであるらしいです。なるほどかなり優しい味わいのあっさりした醤油スープでした。日ごろ添加物、化学調味料にまみれた舌にはあまりにも優しすぎ、その味を完璧には堪能できず、ちょっと物足りないような感じに。

 麺:手打ちっぽい細ちぢれ麺でした。かん水多めのような感じです。あっさりしたラーメンにはこのような細ちぢれ麺が合いますね。

 具:白髪ネギ、海苔一枚、メンマなど。メニューどおり白髪ネギが大量に盛られ、その上に辛味ダレがパラパラっとかかっています。ねぎが好きな人にとってはたまらないネギ量です。しゃきしゃきした味わいが麺と良く絡みます。

 500円でこのラーメンならば大満足!だと思います。建物はなんとなくどこにでもあるようなラーメンレストランの雰囲気ですが、味はなかなかどうして良い感じでした。ちなみに店内のパンフレット「苗場・水上高原マップ」にてこの先にある猿ヶ京温泉の日帰り入浴施設の割引券を入手、安価で温泉に入ってきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「赤とんこつラーメン700円(クーポンで500円)」@らーめん 成都の写真 ツーリングの帰りに、クーポンを持っていたので行ってみました。トマトのなんたらツケ麺を頼んでみようとしたら、なんとそれは本店限定メニューとの事。あちゃーと思いながらも、気を取り直して700円までのメニューが500円になると言うもう一つのクーポンを利用する事にしました。券売機で”限定②”を押し、出てきたチケットを渡しながら「赤とんこつラーメン」と告げます。なんのことはないこのメニューが一番分かり易い所で一番高かったからです。

 トイレに行っている間に登場!3分位です。

 スープ:かなり本格派のトンコツスープでした。久留米の豚骨ラーメンのような濃さ。まいるどな味わいと、コクのあるスープです。かなり美味です。ただし、赤とんこつの”赤”はどうやら”ラー油”のようで、これを溶かすとかなり辛くなります。辛くなると今度このスープの繊細な味わいがかなり破壊されてしまうので、赤を注文する際にはその点注意が必要です。

 麺:茹で時間がかなり短いため、硬さとしては”バリカタ”くらいの硬さでした。麺の量はそれほど多くは無いですが、何も言わずにこの丁度良さの硬さを作って出してくるあたり、さすがと言うしかないです(言いすぎか?)。

 具:キクラゲ、ナルト、海苔一枚、九条ネギ、チャーシュー、ガーリックチップ?のようなものなど。チャーシューは柔らかく、バターのような甘味もありかなり美味でした。もう少し大きいか、またはもう2、3枚あればと思ってしまいます。ただし、形が妙に綺麗に切られていたので、業務用である可能性は否定できません。それでもウマければイイ!ですね。

 またとんこつメニューの場合は”高菜”かまたは”紅ショウガ”のどちらかをサービスで出してくれるそうです。豚骨ラーメンの店は多くがどちらも無料で置いてあるのに比べたらセコいですが、ともかく今回は”高菜”の恩恵にあずかる事にしました。高菜はよくある”辛子高菜”とは違い、辛味の殆ど無い高菜でした。真っ赤なスープの残りに辛子高菜全投入になったらどうしようかと思いましたが、杞憂に終わりました。

 全体を通してかなりレベルの高い豚骨ラーメンでした。元々ここは豚骨ラーメンを出す店だと言う認識が全くないのに、かなりレベルの高い、都内で言えば田中商店のような高レベル豚骨ラーメンを食べる事が出来たなんて、かなりラッキー☆そんな気分でした。ただし、本来のイチオシメニューは別にあるようなので、今度は別のメニューを食べに再訪したいと思います。遠いけれども。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件