なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「豚骨醤油ラーメン840円(ライス2杯まで無料)」@ラーメン猪太の写真この日は前日まで3日連続でラーメン大 柏店さんに行っており、この日も友人のK兄弟を伴っていく事になっていましたが・・・19時2分頃の時点で完売していました。今並んでいるお客さんまでで終了との事で、それならとこちら、最近オープンしたラーメン猪太さんへとやってきました。平日19時7分の来店で、丁度カウンター席が2席だけ空いていました。

 券売機で食券を購入しますが、豚骨醤油ラーメンが840円になっていました。消費増税に伴う処置のようです。初回だったので基本の”豚骨醤油ラーメン”にして、無料のご飯を食べながら完成を待ちます。

 待つ事6分くらいで登場!

 スープ:ラーメン猪太さんは10年位前まで何度か利用していましたが、今回かなり久しぶりに利用しました。スープの味はどんなだったか・・・と忘れていましたが、一口飲んで思い出しました。色合いは豚骨っぽくないドロッとした茶色とクリーム色を混ぜたような色合いですが、豚骨のダシがしっかり出ていて、トロミと旨味が詰まった他ではなかなかお目にかかれない濃厚スープになっていました。背脂などはほんの少ししか入れていないそうで、それでこの味が出せるのか!?と驚きでした。鶏白湯のような雰囲気ですが、それを豚骨メインで実現させている唯一無二のスープ、そんな印象です。

 麺:麺は自家製麺だそうです。細いストレート麺で、博多ラーメンの麺のようになっていました。しかし味わいは違っていて、中華そばの麺のような・・・中華そば伊藤?のような感じで、博多ラーメンの面の細さでありながら、オリジナリティのある麺になってました。最初はやや硬め、後半は熱々の土鍋で麺が伸びて柔らかくなっていました。麺量は150グラム程度のようです。

 具:青菜系野菜数種、メンマ、半分カット味玉子、チャーシューなど。青菜系の野菜は地元柏産の野菜を使っているそうで、店頭の看板に”本日の野菜”として掲示されています。シャキシャキで新鮮な味わいで、濃厚スープとの相性も良いです。メンマも新鮮で歯応えがあり、半分カットの味玉子も味染みで美味いです。チャーシューは4ミリ程度の厚みで、シットリしていて旨味が染み込んだタイプでした。

 他のラーメン店ではまずお目にかかれない、濃厚豚骨醤油ラーメンでした。スープが美味い!野菜が美味い!ご飯2杯まで無料も嬉しいです。お値段はややお高いのですが、その価格に見合った価値があると思います。ちなみに、この日も19時20分頃は外待ち5名くらいになっていました。柏での再オープンから一月以上経ちますが、まだ混雑しています。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん720円(全部多め)開店記念100円&生卵50円」@ラーメン大 柏店の写真らーめん大柏店さんの開店記念セール三日目、この日は友人達4人と並びました。最初に某崎が、何人か置いてK兄弟&レスラーが、一人置いて私が並びました。なんでも我々4名と同級生だった友人も並んでいたらしく、K兄と話しをしていました。

 今回の注文は、らーめん720円(開店記念100円)に生卵を付けました。生卵は前日、隣で食べていた女性がつけめん”あつもり”に更に生卵を付けていて、美味しそうだったのでやってみる事にしました。無料トッピングは「全部多め」です。セール期間中は”増し”以上は出来ないそうです。

 日曜日16時に並び始め、着丼は18時8分でした。学生団体が時間かかってました。

 スープ:今回は”アブラ”や”味濃い目”を多めにしているので、かなり二郎感が出ています。スープ自体は醤油豚骨ですが、殆ど醤油です。カエシは通常でもやや強めですが、今回は味濃い目にしているので更に強く、その分深い(しょっぱい)味わいになっていました。個人的にはこの注文が一番良さそうです。逆に”味濃い目”を増しにしてしまうと、しょっぱくなりすぎてしまうと思われます。

 麺:麺はごわっとした太麺で、初日よりもより太く感じました。友人は「柏で類似するラーメンと言えば角ふじと言う」と話していますが、初日よりも二日目よりもよりその印象は強くなりました。縮れ感も強く、小麦の風味もそこそこ感じられ、その意味でも印象がよくなりました。麺量は200グラムか250グラムか・・・結構多いので”大”を知らない人は注意が必要です。

 具:”ヤサイ”はモヤシがほぼ100%ですが、ちょっとだけキャベツ片も入っていました。モヤシは細モヤシでクタクタなので食べ易いです。ただし熱々なので一気に食べるには猫舌だときついです。チャーシューは1枚で、初日よりもしっとりしていました。二日目とほぼ同じで、厚みは4ミリくらい、しっとりややパサタイプです。二郎系のチャーシューとしてはまあこんなものでしょう。

 生卵は別皿にて提供されました。ここにラーメンタレをかけ卵を溶いて、麺を漬けてすき焼き風にして頂きました。メリットとして、熱々の麺が冷める点と、生卵の味わいやトロリ感が加わるので食感も新しくなり面白いです。ただし、生卵の味を強く感じられるかと言えば、そうでも無かったです。それとラーメンタレの味もダイレクトに味わえる利点もありました。50円ならば、これはアリです。

 三日目はかなり並びました。整理する店員さんは親切で好感が持てます。お客さんは大のスタイルに慣れていない人が多く、人数に対してかなり待ち時間が長い印象がありました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「つけめん820円(全部多め)開店記念100円&味玉100円」@ラーメン大 柏店の写真らーめん大柏店のオープン記念セール二日目、この日は友人であるK兄弟の弟と合流し、二人で食べる事になりました。土曜日15時半に合流して並び始めましたが、前日同時間帯と比べて、土曜日だけに並ぶ人も多め。20名近くが並んでいました。二人で近況を報告しあいながら並び続けると、50分くらいで店内入りできました。その後店内待ち5分くらいでバラバラに着席。それから4分程度で着丼でした。

 今回の注文はつけめんで、定価820円のところ100円になります。更に二日目なので味玉子を付けました。呪文は「全部多め」です。セール期間中は「増し」以上は出来ないそうです。

 並び始めてから65分で着丼!

 スープ:つけめんのスープはらーめんのそれよりもちょっと濃く、酸味も少しだけ加わっていました。ダシがあんまり出ていない感じはらーめんと同じです。背脂はらーめんほどではないにせよ、そこそこ入ってました。後半は一味などで味変しました。

 麺:つけめんは麺を水で締めるので、らーめんのそれよりも硬く感じます。縮れてボキボキっとした麺で、前日よりも太い気がします。K弟が「角ふじの麺に近い」と言っていて、そんな訳あるかと並んでいた時は思いましたが、なるほどこの感じは角ふじに近いと言うのも納得でした(汗)麺量はもしかしたらーめんよりも多いかもしれません。茹でる前で250グラム以上ある印象です。

 具:前日はモヤシ100%と書きましたが、今回はモヤシ95%にキャベツ5%でした。細モヤシをクタクタになるまで茹でて、そのままどさっと盛り付けるので熱々です。味玉子はちょい味染みでほぼ完熟でした。ゆで卵程ではないですが、とろり感はほぼ無くなっていました。スープの器の中に細切れ豚とメンマ、少しだけですが白髪ねぎが入っています。チャーシューはしっとりやや味染みで、昨日の印象よりも良かったです。

 らーめんよりも、つけめんの方が麺の風味というか食感を感じられるかなと思いました。麺量もらーめんよりも多い印象です。またスープ割りもちゃんと出来ました。汗だくになるらーめんよりも、暑い日にはつけめんの方が良いかも・・・そう思いました。印象はらーめんつけめんどっちもどっちですが、100円高い分評価はやや低めです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン720円(野菜ニンニクアブラ多め)開店記念100円」@ラーメン大 柏店の写真柏の中でも歓楽街的要素の強いエリアにらーめん大さんがニューオープンしました。10月4日の開店日から7日までらーめん、つけらーめんがそれぞれ100円になると言うので、オープン日に行ってきました。15時半の来店で、外待ち6名でした。外で13分くらい待って入店です。店員さんが予め注文を取ってくれ、100円を手渡しすると引き換えにプラカードを渡されました。らーめんは白いプラカード、つけらーめんは赤?らしいです。

 入店するとカウンターが10席。提供直前になって「野菜、ニンニク、アブラ、味の濃さ」など聞かれます。二郎系慣れしているお客さんと、あまり慣れていないお客さんと、それぞれ居りました。今回は「野菜ニンニクアブラ多め」でお願いしています。

 店内待ち7分程度で着丼!

 スープ:らーめん大らしいスープでした。豚骨醤油ですが豚骨のダシは薄く、スープの重たさ自体は普通の醤油ラーメンと変りません。背脂コールしたので背脂はしっかり入っています。二郎系だとしたら超ライト二郎系で、らーめん大の標準って感じでした。卓上にラーメンタレがあったので、タレをふた周りくらい投入しました。

 麺:麺もらーめん大の他店さんでよく見かける麺でした。ほぼストレートでやや縮れが入った麺で、3ミリくらいの四角い麺です。ちょっと歯応えがあって、麺の風味はあまり無し。麺量は二郎インスパイアとしては多くは無く、200グラムあるかないかって感じです。

 具:モヤシ100%、刻みニンニク(ニンニクコールした場合のみ)、チャーシュー1枚など。モヤシはクタクタになるまで茹でられており、大量に茹でてそれをどさっと丼に乗せるので熱々でした。細モヤシのようで、クタ感も合間って食べ易さがありました。チャーシューは4ミリくらいの厚みがあり、ややパサタイプでした。一口で全部食べてしまったのであんまり印象強くはありません。

 これぞライト二郎系!本物の二郎は重すぎて厳しいけれど、二郎系は食べてみたい!と言う人にオススメです。また野菜も増し増しまで増やしてもらえるので、兎に角モヤシを食べまくりたい!!と言う人にも宜しいかと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「醤油ラーメン(こってり)345円」@魚べい 千葉ニュータウン店の写真佐倉にある歴史民俗博物館に行った後で利用しました。日曜日14時半の利用で、店内は20名以上の待ちが発生していました。自動受付機で受付をして、20分待ちくらいと表示がありましたが、実際は10分以内に案内されました。回転の早いカウンター席を選択したので早く案内されたようです。

 早速注文です。この店舗は回転寿司ですが、タッチパネルより注文するしかありません。

 最初にキャンペーンメニューである”餃子にぎり”を注文し、その後で気になった”醤油ラーメン(こってり)”を注文しました。醤油ラーメンに背脂が入っているそうです。

 注文から7分程度で登場!レーンから流れてきました。

 餃子にぎりのレビューはこちら:https://gyouzadb.supleks.jp/review/1259233.html

 スープ:スープはあっさりと透き通った色合いで、醤油ベースですがダシの味も適度にありました。何か特定のダシが強いと言う事は無く、鶏や野菜、魚介なんかのダシが均等にでているような印象です。背脂については背脂片がほんの少しだけ入っているだけなので、殆ど背脂感は無いです。

 麺:麺は丸っこい縮れた中細麺で、やや硬めになっていました。黄色っぽい麺です。麺量は少なく、100グラム程度かなと思われます。あっと言う間に食べてしまいました。

 具:海苔1枚、メンマ、白髪ネギ、半分カット半熟玉子、チャーシュー2枚など。具材の内容はなかなか良い内容で、白髪ネギのシャキシャキ感や半熟玉子のトロり感、チャーシューもパサトロで悪くなく、値段からしたら十分評価できます。

 スープがあくまでもあっさりで、麺の量が少ない&あんまり美味くないので、この点数となってしまいました。具材は◎です。他の回転寿司チェーンと比べてもまあ普通で、回転寿司に来て寿司がダメな人などはアリかなと思います。またはどうしてもラーメンが食べたい人とか・・・。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「にんたまラーメン味噌620円」@ゆにろーず 千葉ニュータウン店の写真2019年夏のヤツプールの夕飯として利用しました。”ヤツプール”とは、友人のヤツ氏と一緒に行くプール行事の事で、今年で7回目か8回目か、毎年行っています。今回はお昼にラーメンを食べ、夕飯でもラーメンを食べる事になりました。土曜日夜18時55分の来店で、店内はガラガラでした。お客さん自体は10名以上居ましたが、お店が広いので空いているように見えます。店員さんは3名くらいでした。

 券売機で食券を買い、店員さんに渡そうと思ったら「席で待っていてください」と言われました。そうかここは食券を買ったらそのままオーダーが伝わり、食券の番号で呼び出しがかかるシステムなのかと思い出しました。

 待つ事7分程度で呼び出しです。

 スープ:甘味と辛味が混ざった赤白合わせ味噌ですが、赤味噌がやや強いイメージです。またショウガが入っているのかショウガの風味が結構強めに出ていました。味噌自体の味が濃く、また背脂も入っていてなかなかにヘビーなラーメンでした。好みの味なので美味しいと思いましたが、前日飲み過ぎて当日はお昼頃まで二日酔いで、お昼はお昼で似たようなラーメンだったので、ちょっときつかったと言うのが正直ありました。体調万全の時に行ったら、もっと美味いと思ったハズ!

 麺:麺は直径2ミリ程度で丸っこい麺でした。歯応えがあり卵の風味が強いなと思ったら、熟成玉子麺と書かれていました。この麺も結構美味いです。最適な美味しさとは思いませんが、下手なチェーン店の麺よりもずっと美味しいです。

 具:青ネギ、モヤシ、海苔1枚、半分カット半熟玉子1個分、チャーシュー1枚など。ネギは万能ネギのようですが、青い部分が多く青ネギっぽくもありました。モヤシはシャキシャキでやや硬め、量は控えめです。海苔は大き目が1枚、半分カットされた半熟玉子は1個分入り、どちらも半熟で味染みで美味いです。チャーシューはかなり大きな1枚ですが薄く2ミリ程度でトロパサしっとりタイプでした。先にトロ感が来て、でも赤身はパサだなあと思って、水分が多くてしっとりしているなと最後には思うようなチャーシューです。

 620円でこのレベルのラーメンを食べる事が出来るというのは、実はかなりお得なんじゃないかと思います。少なくともこれだけ背脂が入っていてこの値段は相当安いです。背脂といえばラーメンショップですが、各ラーショ店舗の平均値よりも美味しいと思います。ドリンクバーもあり、漫画コーナーもあり、時間つぶしには最適です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「みそラーメン750円(背油多め)」@MAKIBAの写真2019年夏の”ヤツプール”のお昼として利用しました。ヤツプールとは、ヤツ氏という友人と毎年行っているプール行事の事で、今年でもう6回目か7回目か・・・結構行ってます。今年は白井の市民プールに行き、その後で行きました。土曜日12時53分の来店で、店内は先客が6名くらいでした。店員さんは3名?のようで、どの店員さんも結構なご高齢のようでした。以前行った時と同じだと思われます。

 注文は”みそラーメン”750円で、背油は多めでお願いしました。以前行った時は、常連の人などは「超コテ」などと頼んでいる人も居ましたが、今回はそのような注文をしている人は居ませんでした。言わないと店員さんの方から聞かれます。

 注文から8分程度で登場!

 スープ:味噌の味はやや濃い目で、白みそベースの合わせ味噌のような味わいでした。二日酔いじゃなければなあと後悔です。背油も結構入っており、またラードの油も入っているのか、スープめちゃめちゃ熱いです。こってり濃厚、なかなかに凶暴なスープでした。体調万全の時に食べるとめちゃめちゃ美味いと感じたでしょう。

 麺:中細いつるっとした麺で、縮れ麺になっていました。札幌ラーメンの麺のようです。麺量は150グラム程度はありそうです。濃厚スープとの相性が良く、また清湯系のスープとの相性も良さそうです。最初はやや硬め、中盤からは柔らかくなり、食感の差異を楽しみました。

 具:刻んだ万能ネギ、刻んだニラ、モヤシ、メンマ、わかめ、半分カット半熟玉子、チャーシュー1枚など。チャーシューはパサトロジューシータイプで、赤身部分はパサ感が目立ちましたが、脂身はトロっとしていて悪く無いです。ちょっとパサ気味ではありました。厚みは4ミリくらいあって、なかなか食べ応えはありました。モヤシなどの野菜がかなり多く、一瞬「あれ?モヤシラーメン食べてたっけ?」と思ってしまうほどでした。

 ヤツ氏「ここは美味い!かなり美味いよ!」と大満足でした。私は二日酔いで体調不良だったのでちょっとキツかったのですが、基本的には美味しく、スープまで全て頂きました。背脂チャッチャ系とは謳ってはいませんが、背脂系のラーメンではあります。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン680円味玉100円キャベツ70円(イベント10円他」@横浜家系ラーメン 宗八 柏本店の写真先日、柏祭りで付近を歩いていたら、8月2日にイベントで10円セールをやると言う告知ポスターを発見。これは良いなと友人のK弟を誘って2名で行ってきました。ネットに情報が上がっていなかったので、11時丁度の開店30分前の到着で並びゼロのゼロポジションでした。

 11時半まで並んで、開店です。券売機で10円のボタンを押し、更にキャベツ70円、味玉子100円のボタンも押しました。カウンター奥の席に着席し、お好み注文「麺柔らかめ、味濃い目、油多め」でお願いしました。

 注文から7分程度で登場!

 スープ:個人的な感想としては、カエシメインのダシ薄め、全体として家系の中では大人しいスープかなと思いました。最近横浜家系 薫風家に行ってみて、家系として比較をすると、スープの濃度はこちらの方があっさりです。他の家系店舗の記憶と比べてもさっぱりタイプ。あっさり・さっぱりとは言え、K弟は「普通でもしょっぱいと感じた」と言う程だったので、家系ファン以外は「味普通、油普通」が無難なようです。

 麺:麺は「柔らかめ」で注文しています。すると家系(インスパイア含む)史上に残る柔らかさになっています。柔らかいというかプニプニで、麺太めのインスタント麺のような感じになっていました。麺自体も短く、ちょっと変ってました。こちらの店舗では「麺硬め」くらいで注文する方が良いかもしれません。麺量は家系なので少なめ。ちょっと物足りなく感じました。

 具:基本的な具材としては、万能ネギほぼ無し、ほうれん草少々、海苔1枚、チャーシュー1枚など。今回はそれに有料のトッピングとしてキャベツ70円、味玉子100円を付けています。キャベツは握りこぶし大くらいの量が入りました。K弟は万能ネギを付けていましたが、それぞれ少量ずつシェアすると、彼は「キャベツ美味い、こっちにすれば良かった」と話していました。なるほどキャベツはほぼ生でシャキシャキ、スープを吸って少しだけ柔らかになり、味が染み込んでいて美味いです。味玉子は半熟煮玉子で黄身がトロッとしていて良い感じでした。チャーシューは小さいですがトロヤワで美味いです。チャーシュートッピングしておけば良かったかも。

 今回久しぶりだったので、個人的好みに当てはまる最適な注文に出来なかったので満足度自体は低めでした。もしも最適な注文だったとして、麺量が少なめなので色々トッピングしたくなります。またスープは他の家系と比べて薄いので、味濃い目注文をした方が良いかなと思いました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「ラーメン720円(オープン記念中盛無料)麺柔・味濃・油多」@横浜家系 薫風家の写真柏祭り二日目、友人の某崎と柏駅周辺の祭り会場を回った後で夕飯として利用しました。17時20分過ぎの来店で、店内はガラガラ、3名程度の来客でした。店員さんは男女3名で、皆さん若いです。

 券売機で食券を購入します。某崎はラーメン並720円に半ライス100円、ねぎもやし60円を付けていました。私は720円のラーメン並ですが、中盛無料なので中盛をお願いしました。お好みは「麺柔らかめ、味濃い目、油多め」です。

 注文から8分くらいで登場!

 スープ:濃厚コッテリな家系スープです。醤油ダレのカエシと、豚骨のダシのバランスは同じくらいで、今回は味濃い目なのでカエシがやや優勢でした。最初の数口は美味しいのですが、ぶっちゃけしょっぱいので後半は苦労しました。しかしスープ全部飲めたので、めちゃめちゃしょっぱいと言う程でもなかったです。個人的には家系としては悪くない味わいだと思いました。柏の家系としては、名店”王道家”がありましたが、王道家と比較すると味はずっとマイルドです。

 麺:中太いほぼストレートな麺で、柔らかめ注文しているので弾力を残しながらもつるっと柔らかな食感になっていました。中盛りでもそれほど多くは感じず。家系のラーメンは麺量が少ない印象があり、このお店も同じくらいの麺量でやっているのかな、と感じました。基本が150グラムくらい、中盛だと220グラムくらい・・・かなと思われます。

 具:ほうれん草、万能ねぎ少々、海苔3枚、ローストしたチャーシュー1枚など。海苔は大きめ、ローストしたチャーシューはパサ感が一切なく、しっとりしていて歯応えがありました。このチャーシューは好きです!美味いです!

 完全に家系でした。吉村家直系レベルのクオリティはあると思います(個人的にはあんまり差が分からないオンチなので・・・汗)。スープ、麺、具材どれも家系の正統派で、柏でこのレベルの家系が食べられるならば、家系はココで決まりでいいじゃないかとすら思いました。後は秋に出来るという王道家がどうなのか次第ですが、自宅から最も近い家系として、このお店は重宝しそうです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺280円+税」@大衆ジンギスカン酒場 ラムちゃん 柏店の写真大衆ジンギスカン酒場”ラムちゃん”が柏にオープンし、柏祭りの日に友人たちと5名で行ってきました。柏祭り&土曜日の16時15分の来店で、店内は既に半分以上が来店している状態でした。奥の席に案内され、色々説明を受けます。今回は「角ハイボール60分飲み放題」をドリンクとして、ラムちゃんセットを料理のベース(1名ずつ注文しなければならない)として、その後足りなかったらフードメニューを追加注文するスタイルで食べ飲みする事になりました。

 終盤、〆のつけ麺を食べる事にしました。280円+税で、お湯に浸った麺だけが鍋に入って登場します。それをつけ汁に付けて食べるスタイルです。

 注文から数分で登場!

 スープ:つけ汁はプレーンな状態で店員さんが人数分持ってきてくれます。そこにおろしニンニクを入れたり、レモン汁を垂らしたりして味を調整し、焼いたラム肉や野菜を浸して食べて行く内につけ汁に味が染み込んで・・・・これに麺を浸して食べると、想像以上に「普通に美味しい!」です。醤油っぽいスープのベースですが、そこに様々なエキスが入っているので、結局のところ”その他”のスープです。

 麺:麺は細縮れ麺で、スーパー等で売られている細縮れ麺、もしかしたらジンギスカンの本場北海道でよく使われているタイプの麺かもしれません。登場して直ぐに食べると麺がまだ硬く、しばらく置いてから食べると麺が丁度良い塩梅に。これは好みで分けると良いかと思います。

 具:麺を入れた鍋には麺以外には何も入っていません。つけ汁にはおろしニンニク、レモン汁、刻みパクチー(ラムちゃんセットに付いていた)などが入っています。ラムちゃんセットを頼んだならば、ラム肉やタマネギを具材と同様に見做したとしたら、1000円を越える高級つけ麺って事になってしまい・・・・・(汗)

 同じ”ご飯類”の白飯が200円+税なので、使い勝手の良さや値段そのものを比較したら、大人しくご飯を食べていた方が良かったかもしれません。しかしこの「ジンギスカンのタレで食べるつけ麺」の美味しさは一食の価値ありです。ほうじ茶でタレを割ってスープ割として頂けて、それがまた絶妙な美味しさ!癖になる美味しさでした。ちなみにご飯の”ほうじ茶漬け”もメニューにはあります。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件