なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「浜松餃子とつけタンタンメンのセット1069円」@五味八珍 メイワン店の写真2019年夏のK軍団で行く蒲郡・浜松旅の一日目、夕飯として利用しました。木曜日18時30分頃の来店で店内は8割以上の盛況ぶりでした。ご当地の名物料理である浜松餃子とラーメン、またちょっとした居酒屋利用も出来るので、地元の方から観光客の方まで多くの利用があるようです。

 今回は事前に調べておいたセットメニューを注文します。税込み1069円で麺類と浜松餃子、ライスが付いてくるセットです。麺類は定価750円くらいで、浜松餃子も550円だったかするので、セットにするとかなりお得になります。しかも事前に公式サイトからクーポンを出しておいたので、5%引きも出来そうです。

 注文は”浜松餃子とつけタンタンメンのセット”にしました。定価1069円になります。

 浜松餃子のレビューはこちら:https://gyouzadb.supleks.jp/review/1262303.html

 注文から8分くらいで登場!

 スープ:つけタンタンメンのスープはサラッとした坦々スープで、味わいとしては辛味は少なくやや味濃い目でした。粘度の低いサラッとしたスープなので麺との絡みはどうかと思ったのですが、そこそこしっかり絡んでくれたので美味しく頂けました。辛味が足りなかったので卓上のラー油をかけて辛味増しします。

 麺:角ばったストレート中太麺で、つけ麺としてはやや細めでした。加水率が高いのかちゅるちゅるしています。余り期待していませんでしたが麺が結構美味いです。麺量はそんなに多くは無いですが、つけ麺としての最小単位よりは多いです。恐らく茹でる前で250グラムか300グラム程度はあるのではと思われます。

 具:麺の上に刻み海苔が、スープの中には刻んだ万能ネギが入っていました。具材としては少なく感じますが、餃子も付いてくるのでボリュームとしては多く、結果具材入って無くて助かりました。

 餃子とライスも食べてお腹一杯になりました。つけ麺も意外と本格的な味だし、これで1069円ならば悪くないです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「大宮坦々麺640円(辛め)」@日高屋 柏駅東口店の写真最近、坦々麺がマイブームになっています。丸亀製麺さんでも坦々麺を発売していて、早速食べてきました。そんな坦々麺マイブームのなか、日高屋さんでも”大宮坦々麺”なるメニューが期間限定で発売されていたので、食べてみる事にしました。

 平日12時15分頃の来店で、店内はほぼ満席の大盛況ぶりでした。お客さんはご隠居さんが多く、お昼休みのサラリーマン風のお客さんも居ます。ご隠居さんはビールなどアルコールを注文している方もいらっしゃいました。

 メニューの中で、大宮坦々麺は”通常の坦々麺”の上に写真が貼られていました。どうやら大宮坦々麺を発売している期間中は混同を避ける為に通常の坦々麺をメニューから外しているようです。注文すると「辛めも出来ます」と言われたので、辛めで頼みました。またこの時は大盛りが出来ないものだと思っていたのですが、どうも大盛り出来たみたいです。大盛りにすればよかったか・・・。

 注文から8分くらいで登場!

 スープ:基本的には坦々麺っぽくない甘いタイプのスープでした。ポークとチキンのWスープに昆布をベースにした塩味のスープで、辛味タレを入れなければ結構甘いスープになっていると思います。辛味タレはコチュジャンのような味で、辛味タレ自体も甘辛いタイプのようです。辛味タレを入れると辛味もかなり付加されて、これはなかなか良い感じの味わいでした。どうやらニンニクや甘口の荒挽き唐辛子なども入っているようです。

 麺:麺は中細い縮れ麺で、加水率高めのプリッとした麺でした。麺自体は特に悪くないです。麺量は並盛だと150グラム弱程度で、男性の方であればラーメン単体ではやや物足りないと思うかもしれません。

 具:溶き卵、玉ねぎ、ザーサイ、ニラなどが入っていました。最初は玉ねぎとニラの食感が印象強めなのですが、ザーサイのコリコリした味わいもこれでなかなか良い食感でした。大物具材は入っていないのですが、食べ応えとしてはそこそこありました。

 友人が先に食べていて、その友人は「辛味が無くて美味しくない」と立腹していましたが、辛めで頼むとしっかり絡みもあるし、何より甘味と旨味があるので全体的には美味しいです。既存メニューの坦々麺とは味の方向性がかなり違うので、同じ坦々麺でも別物だと思って食べるとちゃんと美味しいです。次回は大盛りができるなら大盛りで食べてみたいと思います。

 お会計はジェフグルメで、実質590円くらいになりました。またクーポン券も貰えたので、次回はなにかしら大盛りで注文したいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌坦々麺780円+税、半餃子190円(クーポンで餃子無料)」@めん王 若柴店の写真家族から貰っていたクーポンの期限が今月末だったので、そろそろ行こうかなと行ってきました。日曜日11時丁度の来店で、既に数名のお客さんが来店していました。前回はお店の手前側(野田より)の駐車場が使えましたが、今回は区画整理中になっていて工事中でした。後でグーグルマップの航空写真を見てみると、どうも道になるようです。

 注文は”味噌坦々麺”です。最近「坦々麺集中調査中」なので、今回も坦々麺を食べたいと思います。最近食べたのは”なか卯”さんの冷やし坦々うどん、”丸亀製麺”さんの坦々うどん、”柏坦々麺”さんの白ごま坦々麺、”135酒場”さんの坦々麺など。めん王さんの坦々麺はこの中の何位に食い込んでくるのか!?!?

 注文ですが、太麺(細麺か選ぶ)&ニンニク(無料)&豆板醤(無料)を選択しています。
 
 注文から9分くらいで先に半餃子が、12分で味噌坦々麺が登場!

 餃子のレビューはこちら:https://gyouzadb.supleks.jp/review/1240738.html

 スープ:ドロッドロのゴマ味噌ペーストでした。かなり粘度高いですが、味も濃いです。味噌味とゴマペーストの味がしっかりします。しかし坦々麺の味わいとしては単調で、”チェーン店の坦々麺で味が濃い感じ”くらいのレベルでした。ニンニク、豆板醤、ブラックペッパーなどを入れてみると、よりジャンク感が増して美味いです。ですが、そうなると坦々麺っぽさが薄れてしまうジレンマもまたあり・・・。

 麺:太麺で縮れています。こちらの麺は太麺だと190gあります。細麺だと170gになるので、沢山食べたい時は太麺で注文した方がよさそうです。麺は太いですが食感は丁度良く、モチモチっとして美味しいです。

 具:肉味噌、ほうれん草、白髪ネギなど。肉味噌は丸亀製麺さんの坦々うどんのそれと同じ感じでした。ほうれん草は崩してみると意外と沢山使われています。白髪ネギはシャキシャキして美味いです。白髪ネギの量が結構多いので、これは”味噌坦々麺白髪ネギトッピング”だと思うとなんとなくよりお得感が増します。

 お会計は税込み842円でした。10月からは更に高くなってしまいます。今回の坦々麺、スープは美味しいですが感動を呼び込むレベルまでは達していませんでした。麺の美味しさ、具材の量は十分満足行くものです。また全体量がかなり多く、クーポン券も貰えたので総合的な満足度はかなり高いです。坦々麺ランキングですが、135酒場に続く2位!の満足度でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「坦々麺500円(税抜き、別途お通し代300円)」@135酒場 御徒町店の写真YFCの上野動物園チケットを貰ったので上野動物園へ。その後夕飯(飲み会)として利用しました。メンバーはいつもの友人、K弟とレスラーの3名です。16時頃の来店で、店内は10名弱のお客さんと2名の店員さんでした。中華料理居酒屋なので、店員さんは中華圏の方のようです。

 坦々麺の前に色々飲み食いしました。フードメニューはどの料理もでかいです。ドリンクメニューはグラスがやや小さめですが、300円なので価格からしたら安いくらいです。色々食べていたら、メニューに「坦々麺」があるので気になって注文してみました。

 注文から8分くらいで登場!

 スープ:あれ!?美味い!?居酒屋のラーメンって、基本的には飲んだ〆みたいな感じでただしょっぱいばかりでダシも出ていないような「とりあえずラーメン」が多いのですが、こちらの坦々麺のスープはかなり本格的でした。白湯系坦々スープで、こってり濃厚、しかもピリッと辛くて、その辛さは胡椒系の辛さで独特な味わいでした。スープの濃度や粘度、味の方向性などかなり美味いです。驚きの美味さでした。

 麺:平打ち縮れ麺で、こちらも思った以上に美味しいです。麺の風味も良く、変な食感が無いので純粋に美味しさを楽しめました。麺量もしっかりとあり、130グラム以上はありそうです。3人で分けたのでイマイチ確実なところは分からなかったのですが、普通の坦々麺くらいの量は有りそうでした。

 具:モヤシ、チンゲン菜、ひき肉など。種類は坦々麺としてはこんな感じだと思います。具材の量も全体サイズからして普通です。味わいもちゃんとしていて問題ありませんでした。

 全体量も普通の坦々麺と同じくらいの量があり、それでいて500円+税は激安です。日高屋よりも安い!しかも味はかなり美味しく、下手したらこれまで食べた坦々麺で一番「好みの味」だったかもしれません。一緒に食べたK弟、レスラーも「これは美味い!」と太鼓判でした。135酒場自体が料理の質もボリュームも満点で、大満足でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「白ごま坦々麺(辛め)880円(ランチタイムサービスあり)」@柏担々麺の写真友人のK兄とお昼を食べる事になり、彼から聞いて気になっていた「柏坦々麺」さんへとやってきました。平日12時20分頃の来店で、店内は先客が8名ほど、40分程度の滞在時間で後からも5名ほどのお客さんが来店されていて、駅から多少の距離があるのに賑わっていました。

 注文は”白ゴマ坦々麺”880円です。ランチタイムはライス(80円相当)とデザート(単品価格不明)が付くようです。今回のデザートは烏龍茶のゼリーで、こちらのデザートを50円相当と仮定すると、130円引き・・・メインの坦々麺が750円になった!みたいな感じでお得です。

 また坦々麺は辛さを選択できるようになっていました。言わなくても店員さんから確認してくれます。今回は「辛め」でお願いしました。やっぱり坦々麺なら辛くてナンボ!と言う訳で、他のお客さんも辛めで注文している人が多い印象です。

 注文から10分程度で登場!

 スープ:シャバ系の坦々スープで、サラッとした粘度低めのタイプです。K兄が頼んだ”赤ゆず胡椒坦々麺”と見た目は殆ど同じでした。胡麻ペーストが肉団子の崩れたみたいな感じで固まってあるので、これを崩さないで一口啜ってみると、やや辛味強めのあっさりスープって感じでした。胡麻ペーストをスープに溶かし込んでいくと、ゴマのコクやドロ感が加わり、濃厚坦々麺っぽくなりました。更に卓上の赤・青それぞれの山椒を入れていくと、味がかなり大きく変わります。山椒のシビカラ感が強くなり、なんだか分からないけど本格派坦々麺っぽくなりました。

 麺:麺は中細い”柳麺”な雰囲気。細麺ですがしなやかでコシがあるタイプでした。どんなスープとも相性が良く、スープの個性を殺さない万能な麺です。麺量はそこそこ、150グラムくらい有るんじゃないかと思われます。大盛りにすると100円増しです。

 具:水菜、白髪ネギ、ゴマペースト、ひき肉、砕いたピーナッツなど。具材としてはスープとほぼ同化してしまうゴマペーストやひき肉などはあまり歯応えがありませんが、後から砕いたピーナッツの食感がありました。白髪ネギはなかなかいい仕事してくれます。具材に関しては目立つものは少ない印象です。

 正直、定価の880円だとちょっと厳しいかな・・・というのが本音です。今回のようなランチタイムのライス&デザートサービスだとお得感がある気がします。坦々麺としてのレベルは高いとは思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「やみつきタンタン麺850円(ぱどクーポンで600円)」@らーめん 一真堂の写真地域の情報紙、フリーペーパーの”ぱど”誌面にて、一真堂さんのクーポン付記事が掲載されていました。今回の特典は「やみつきタンタン麺850円が600円」で、新作ラーメンのやみつきタンタン麺が200円引きになるそうです。

 久しぶりの新作と言う事もあり、これは行かねば!と早速行ってきました。

 平日11時半の開店直後に行ってみると、既に3名ほどのお客さんが。いつものように大将の気持ちの良い挨拶に迎えられ、カウンター席に着席。即注文です。

 注文から5分程度で登場!

 スープ:スープはサラッとした清湯系タンタンスープでした。味わいとしては塩味(?)っぽい味わいですが、そこに生ラー油なるものが使われているらしく、辛そうな赤いナニカが浮いていて辛味が加わっています。またニンニクの風味もガッツリくるので、サラサラした清湯系塩味(?)スープの中にあるコッテリガッツリした旨味が感じられるスープになっていました。従来の坦々麺のイメージを覆すようなスープでした。

 麺:自家製の麺で、玉子が練りこまれていると言う噂の麺です。細めの麺で縮れています。昔は柔らかめの茹で加減だったのですが、最近硬めになっています。独特な風味の食感があるので、好みは分かれるかもしれませんが、オリジナリティのある麺になっています。個人的にはつけ麺やまぜそばになるとより美味しいと感じました。

 具:白ゴマ、黒ゴマ、ニラ、生卵1個など。生卵は早いタイミングで投入されているようで、半熟気味になっています。白身の部分は既に固まってきていました。これをご飯と合わせるか、またはスープに溶かし込むかで悩みましたが、そのままするっと頂いてしまいました。玉子の食べ方は今後の課題とします(汗)。

 付いてくるライスは半ライスサイズです。半ライスが定価150円なので、ラーメン単体の価格が700円相当。既存のメニューだと”まぜそば”くらいのお値段になります。個人的には定価だとそれほど安いと言う印象ではないですが、全体メニューの幅を広げる、玄人好みの商品になったかなと思いました。

 このお店のメニュー、まだまだ食べていないものが沢山あるので、今後も定期的に通いたいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件

「冷やし黒ごま坦々麺&やみつき餃子2個1080円が540円」@紅虎餃子房 モラージュカシワ店の写真柏・我孫子ランチパスポート10にて掲載されていたので伯母さんと行ってきました。お昼休みを利用して、平日11時頃に来店で先客なしのゼロポジションでした。しかしその後50分程度の滞在時間の間に、5組くらいの来店がありました。お昼の時間帯はそれなりに賑わっているようです。

 今回のランパス特典は、定価1080円の”冷やし黒ごま坦々麺&やみつき餃子2個”のセットで、通常メニューにはそのようなメニュー設定はないようです。定価を推測すると、やみつき餃子は3個で180円なので、1個辺り60円、2個だと120円プラス税になろうかと思われます。ならば、冷やし黒ごま坦々麺は880円プラス税であろうと推測できます。

 注文する際にドリンクバー(税込み183円)もお願いしました。ドリンクを飲んで待っていると、7分程度で登場!

 やみつき餃子のレビューはこちら:https://gyouzadb.supleks.jp/review/1159261.html

 スープ:こちらのメニュー、イメージとしては冷やし中華です。したがってスープなどはありません。味付けとしては坦々麺らしく、ランパスには「麻辣醤や豆板醤で炒めた肉味噌」が基本的な味付け。それにラー油を足して辛味増ししているようです。伯母さんは辛味を抑えて欲しいとお願いしたら、最後のラー油が無い状態になっていました。食べた感じは、黒ごまが大量に掛かっている為殆ど黒ごま味でした。黒ごま味に旨辛な肉味噌の味付け。黒ごまは甘味が結構あり、甘味と辛味がマッチしていました。新鮮な味わいで美味いです。

 麺:細縮れ麺で、冷やされているからか弾力ある食感でした。麺量はそれほど多い印象でもないですが、180グラムから茹でて、それを氷水で締めているような感じでした。他のラーメンメニューで食べた麺と同じようで、食感がよく風味も良い麺で美味しかったです。

 具:肉味噌、キュウリ、モヤシ、カイワレ大根、黒ごまなど。肉味噌はかなり量が多く、後で相当な量が残りました。キュウリは冷やし中華と同じように切られていて、さっぱりシャキシャキです。モヤシはキュウリの添え物のようで存在感は薄いです。カイワレ大根は少量ですがピリッと辛くて存在感抜群でした。黒ごまはそのままもあればすりゴマもあり、全体を覆いつくしていました。

 全体としては完成度が高く、美味しかったです。ただし定価を考えると、美味しさはあれど量も満足できる量ではないし、定価だったらキツイです。夏の暑い時にさっぱりと頂きたいメニューでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「坦々麺390円+半熟玉子50円」@スガキヤ 大仁アピタ店の写真伊豆半島ツーリングの途中で利用しました。国内のスガキヤで最も東にある店舗です。日曜日12時半頃の来店で、フードコートは家族連れを中心に7割程度の混雑振りでした。早速注文カウンターへ。最初は”特製ラーメン”450円の品を食べようと思って来たのですが、坦々麺が美味そうだったので坦々麺を注文。また”半熟玉子”が安かったのでこちらも注文。お会計は440円でした。レシートとタイマーを渡されたしばしの待ち時間です。テーブル席が空いていたので確保。

 注文から10分程度でタイマー鳴動!

 スープ:スープ自体はシャバ系でサラリとしていて、普通の坦々麺に見えたのですが、一口すすってみると想像以上に辛い!子供向けの商品が多いスガキヤにあって、辛さが特色の坦々麺ではありますが、ここまで辛く仕上げるとは驚きでした。タレが絡めてあるひき肉を崩してスープに溶かし込むと、鷹の爪が出てきてより辛く、そして旨味がアップしました。これは想像以上に辛いですが辛ウマいです。

 麺:麺は通常のラーメンと同じで、中細いほぼストレート麺を使用。スガキヤの基本のラーメンの味は豚骨系なので、細麺のラーメンが合いますが、坦々麺についてもなかなかイイ感じの味わいでした。また麺量は値段や丼の大きさからは似つかわしくない量があり、しっかりとお腹が膨れました。これだけの麺量が入っているとは驚きです。

 具:チンゲン菜風葉物野菜、モヤシ、ひき肉、トッピングの半熟玉子など。チンゲン菜風の葉物野菜は茎と葉がそれぞれ入っていましたが、殆ど茎でした。シャキシャキとした食感で美味いです。モヤシは硬茹ででザクザク。細いモヤシでした。ひき肉はスープに溶かし込むとほぼ無くなります。半熟玉子ですが、なんと別皿で登場。見た目は半熟というよりも温泉玉子のようで、温泉玉子にしいてもふにゃふにゃでした。むしろこのレベルの半熟玉子を作るほうが難しそうですが、こういうタイプの玉子は好きなので美味しく頂きました。

 これで単品390円は安い!外食坦々麺では知る限り最も安く、それでいて味は600円くらいの坦々麺(日高屋とか幸楽苑とか)と比べても勝ちそうなレベルの美味さ。また半熟玉子が50円と言うのも嬉しいです。玉子は基本100円、最近は120円くらい取られるお店が多い中、50円の値段で出してくれるのは稀少価値アリアリです。

 特製ラーメンが宿題になってしまいました。またスガキヤのご当地名古屋の名物”台湾まぜそば”もあるようなので、これまた宿題です。そしてネギトッピングも気になります。宿題が沢山出されてしまいました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「創作麺工房鳴龍ブランチ840円(クーポンで餃子無料)」@らぁめん花月嵐 流山おおたかの森店の写真先日、らあめん花月さんに行った時に貰ったクーポン券を使うべく再訪しました。土曜日の11時半頃の来店で、フードコートはまだ空席がありましたが、午前中なのにそこそこの混雑具合でした。今回は8月の期間限定メニューである”創作麺工房 鳴龍 ブランチ”です。創作麺工房 鳴龍さんの”支流”として、コラボレーションした企画です。鳴龍さんで850円にて販売している坦々麺がこちらで840円にて発売されます。

 鳴龍さんには赴いた事がないですが、だからこそ気にもなったので注文です。タイマーを渡され、キャンペーンのシールとクーポンチラシを貰いました。

 餃子のレビューはこちら:https://gyouzadb.supleks.jp/review/1087322.html

 待つ事8分程度でタイマー鳴動!

 スープ:最初にカウンター上に置かれていた”花山椒”を振りかけたので花山椒入りの状態からスタートです。坦々麺のスープはサラサラ系のスープですが鶏がらのダシがしっかりと入っていて、白ゴマのコクもあって美味い!と紹介文に書かれていた通り美味いです。ただし、感動するほど美味い訳ではありませんでした。「街一番の坦々麺」くらいのレベルです。

 途中から”禁断の激辛壷ニラ”と”禁断の粒ニンニク”を投入。すると・・・・・・・美味い!!激辛タレに漬け込まれたニラの辛味やニラ本来の刺激的な味わい、ニンニクの刺激的な味わいが美味いのですが、坦々麺本来の美味さを覆い被せてしまい、坦々麺でなくても同じ味になったであろう美味さになってしまっていました。花山椒のピリッとした繊細な刺激は既に無く、美味しい事は美味しいけれど、これはやっぱり”禁断”でした。。。

 麺:花月嵐専用の極細ストレート麺で、博多豚骨らーめんの麺と殆ど同じ太さでした。提供時”替え玉もあります”と言われていたのですが、餃子もあるので替え玉はしませんでした。餃子無しでこのラーメンだけを食べた時は替え玉したくなると思います。麺量は少なめで、茹でる前で100グラム位かと思われます。

 具材:具材はそぼろ肉&青ねぎのみ。シンプルな具材でスープや麺の味を堪能できますが、なんとなくもう少し色々具材を楽しみたいかなと思いました。そぼろ肉は甘味があり、これをほぐしていくと甘味がスープに移っていき、これまた違った味わいを感じられました。

 美味しいです。もちろん美味いですが、このラーメンに関しては感動するほど美味い訳ではありませんでした。また値段に対して麺量や具材の種類や量が少ないので、かなりの割高感がありました。餃子無料券が無ければ注文する事は厳しかったかもしれません。これで700円ならば80点は確実に超えてくるポテンシャルはありました。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「坦々麺860円(柏ランパス4で540円)中辛」@激旨麺厨房 劉の写真柏ランチパスポート4で新登場のお店です。ランチパスポート特典は、定価860円の坦々麺が540円になるというもの。320円もお得になります。日曜日の午前中、11時50分頃に来店して、店内はまだ空席がありましたが、その後続々とお客さんが来店。結局12時10分頃には満席&店内待ちが発生していました。ランチパスポート利用のお客さんよりも、通常利用のお客さんが多いようです。ランチパスポート利用の場合は券売機の「ランチパスポート」のボタンを押す事で食券を買う事が出来ます。カウンター席に座り、食券とランチパスポート冊子を提出。「小辛・中辛・大辛」の3種類が選べるようですが、今回も過去食べたときと同じ「中辛」にしました。

 注文から7分弱で登場!

 スープ:以前食べてから3年程度経っていますが、その時のイメージよりも美味しい印象です。あれから様々な坦々麺を食べてきて、舌が肥えた結果、この店の坦々麺のレベルの高さを理解した、という事でしょうか。スープはサラッとしたタイプで、2層構造になってました。山椒の辛さが本格的で、ピリッとした大人の坦々麺でした。

 麺:中太いストレート麺でした。日本のラーメンの麺と言うよりも、中国の麺の「柳麺」に近い印象です。硬さはやや硬めで、麺量は140グラムくらいでした。風味が良くて美味しい麺だなあという印象です。

 具:白髪ネギ、万能ネギ、刻んだザーサイ、菜っ葉の茎、葉(ほうれん草?)、ひき肉など。刻んだザーサイとひき肉、またもしかしたら刻んだキクラゲも入っているかもしれません。それぞれの食感がシャキシャキとして斬新でなかなか良い味出してました。白髪ネギなどはやや大振りに斬られていて、こちらもシャキシャキした歯ごたえで美味です。まとまった具材としてはありませんが、坦々麺らしくて良かったです。

 値段がややお高いのですが、その分本格的な味わいでした。ピーナッツペーストなどを入れた甘味のある坦々麺とは違い、山椒が入ったピリッとした坦々麺で、スープの粘度も低く、サラサラした辛めの味わいでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件