なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

続、呼塚の男

男性 - 千葉県 (1982年生まれ)

 週に2~3回程度ラーメン店調査をしています。地元柏から職場周辺、またはツーリング途中や旅行中にフラッと立ち寄ったお店で食べるのが好きです。 好きな味は味噌!または濃厚系!脂ギトギト系も好き! 味覚については自信ありませんが、食べたらレビューを信条にしています。

平均点 76.702点
最終レビュー日 2019年10月7日
1,272 807 10 335
レビュー 店舗 スキ いいね

「魚介醤油つけめん669円(クーポンで半餃子無料)」@めん王 若柴店の写真めん王さんのクーポンが3月末で期限となるため、その前に行ってきました。平日11時38分の来店で店内はカウンター、禁煙席共に満席で、喫煙テーブル席ならということで快諾し、案内されました。

 注文は”魚介醤油つけめん”で、620円の消費税で669円になります。それと定価190円+税の半餃子が
クーポンで無料になりました。

 注文から12分くらいで登場!

 半餃子のレビューはこちら:https://gyouzadb.supleks.jp/review/1222220.html

 スープ:登場した瞬間、なんとなく豚骨のような臭いがありました。魚介醤油ですが豚骨も使っているのかもしれません。魚介の味は程ほどに、醤油の味わいがメインのあっさりしたスープでした。微妙にとろみはありますが、基本は精湯系つけスープです。単体でもさっぱりと食べられますが、ここはラー油や胡椒、お酢を入れて味足ししました。

 麺:太麺か細麺かを選べます。太麺だと190gになります。つけ麺にすると正直なところ量が少なく感じました。これならば、1.5倍の大盛りか、2倍の特盛でも良いかもしれません。つるっとした丸みを帯びた麺で、黄色っぽい色合いになっています。のど越しも良く美味い麺で、つけめんでもその真価を発揮していました。

 具:麺の上に刻み海苔が少し、スープの中には白髪ネギ、ワカメ、メンマ、チャーシュー1枚など。白髪ネギのシャキシャキした歯応えと麺との相性がよく、メンマもやや大きめで食べ応えが有りました。チャーシューは厚みがあり、パサややトロで悪くないです。味わいも味染みで良い感じでした。

 美味しかったのですが、どうしてもつけ麺としてはスープがあっさりで好みではなかったのと、麺量が少なかったので個人的にはやや不満が残るメニューでした。正直なところ、幸楽苑の「濃厚魚介つけめん1.5」とそっくりだったかなとも思いました。

 つけめんに関しては、味噌つけめんもあるので、今度は味噌つけめんを食べてみようかと思います。ついでに今回はクーポン貰えませんでした(涙)

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「濃厚つけ麺800円」@麺屋 音 柏店の写真友人のK兄弟の兄より、今後行く予定の”ぐるっとパス施設訪問”について打ち合わせをしたいと言うので出てきました。夕飯を食べていないと言うので、今柏でイチオシのラーメン店「麺屋音」で食べようと言う事になり、訪問しました。22時閉店だと思っていたら、なんと23時まで営業時間が延びていました。と言うわけで21時55分ころの来店で、店内は7割程度の入り、店員さんは清潔感のある男女3名でした。

 券売機で食券を購入し、女性店員さんに手渡します。つけ麺は10分ほどかかるが宜しいですかと確認を受けました。またこの時ポイントカードの有無を聞かれ、無かったので貰う事に。7月15日までの期限で、8スタンプ貯めると1杯無料なので1スタンプ辺り100円くらいは割引になる計算ですが、2ヵ月半で後7回行かなければならないのはちょっと厳しいです。。。また、フェイスブックにて”いいね”すると200円相当のソフトドリンクがサービスになるなど、色々やっているようです。

 K兄と話していたら、彼が頼んだ濃厚煮干しそばが先に登場。その2分後くらいにつけ麺が登場。10分くらいでした。

 スープ:長時間炊いた鶏豚骨魚介スープと野菜のポタージュを合わせて・・・とあり、複合したスープであるようです。一口啜ってみると、以前食べた濃厚煮干ししょう油味とは違った、複雑で濃厚な味わいで非常に美味いです。どちらかと言えば煮干し系の魚介の味が一番上にあり、その下に鶏や野菜のダシが隠れているような印象がありました。油感も凄く、粘度がかなり高くてドロッとしていました。ダシが非常に良く出ているので、全て飲み干す頃には「ラーメン二郎でラーメンを食べた後のような」満腹感を得られました。

 またスープは温め直しも出来るようです。このスープは熱々の状態の方が美味しさを楽しめそうなので、臆せず温め直しをして貰った方が良いかもしれません。スープ割りは卓上のボトルにて出来ますが、こちらもしっかりとダシが出ているので、多少割ったくらいではまだまだ濃厚のままでした。2回スープ割りをして、それでようやく他店で入れてもらうスープ割りと同じ程度の濃度まで薄まりました。

 麺:麺は小麦と卵のようなかん水のような風味のある黄色みがかった麺で、ほぼストレートでかなりの太麺でした。また硬さもあり、歯ごたえがかなりありました。加水率はやや高めで、つるっとした喉越し良い麺です。麺量は並で300g程度かなと思われます。

 具:具材は麺の上にカイワレ大根が数本、スープの器の中には細切れチャーシュー、ネギ、メンマなどが入っていました。具材はどれも小さく切られているか元々小さめのものを使っているようです。チャーシューは1センチ×2センチくらいの細長い形が多く、三角錐のような形になっているものもありましたが、それぞれ味染みで密度の濃いタイプでした。パサしっとりタイプに近いような気がします。

 つけ麺も美味かった!非常に濃厚で、完食したらもうお腹一杯です。味の方向性はトリプルスープを謳う名店の味、と言う感じで、どこだったかつけ麺が美味いといわれている店の味にかなり近いものがありました。これだけ美味いつけ麺を自宅から徒歩圏内で味わえるなんて、これは幸せです。良い街に住んで良かった(笑)。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「つけ麺450円(替え玉無料)」@博多天神 新宿西口店の写真友人の奴氏とその友人と3人で忘年会があり、忘年会の前に都内巡りをする事になりました。新宿歌舞伎町を歩いて、お昼にと利用したのがこちらです。14時40分頃の来店で、店内はお客さんが3名程度。店員さんは2名でした。つけ麺を注文すると、あらかじめ替え玉付きで出してくれる事になりました。

 5分ほどで登場!

 スープ:カツオのタレと豚骨のスープが適度に混ざり合い、これは想像以上のウマさでした。粘度はかなり低くシャバシャバですが、味が比較的濃いので麺との絡みも良いです。しっかりとしたカツオの味は一時期流行った魚介系つけ麺のスープにかなり似ていますが、豚骨スープも入っているのでより複層的な味わいになっていました。これはアリです。

 後半は高菜、白ゴマ、ニンニク、ラーメンタレなどを投入しましたが、ラーメンタレを入れるとしょっぱくなり過ぎたのでバツ、高菜や白ゴマはアリです。ニンニクはスープの味を殺してしまったので止めた方が良さそうです。

 麺:ラーメンに用いられるものと同じ極細ストレート麺でした。今回はあらかじめ替え玉付きになっているので量が多いです。麺の茹で加減はやや柔らかめでした。麺量は茹で後で300gくらいはありそうです。シャバシャバスープとの絡みも比較的良いです。

 具:スープの器の中にはネギが、麺の器の中にはメンマとキクラゲ、チャーシューが麺の上に乗っていました。メンマ&キクラゲはザクッと一掴み程度でそれなりに量がありました。チャーシューは小さめが1枚で薄くパサッとしたタイプでそれほど美味しさはありません。

 スープ割りが出来るかどうか聞いたところ、出来るとの事なのでお願いすると、ラーメン用のスープをお玉で1掬い分程度入れてくれました。豚骨の味が濃くなり、スープ割りもまた美味いです。友人の奴氏は細麺が苦手との事で余り美味しいと思わなかったそうですが、私はかなりアリだと思いました。値段も安く美味しい!また是非とも食べたいと思います。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「梅つけ麺860円あつもり(クーポンで三田盛り無料)」@つけ麺専門店 三田製麺所 池袋西口店の写真先日の500円キャンペーンでクーポン券を頂きました。三田盛り300円が無料になるもので、これはかなりお得!6月末が期限だったので、それまでに行かないとなあと思っていたら、丁度都内へと出る機会を得たので行ってきました。池袋西口店、初めてだと思っていましたが過去1度行ってました。完全に忘れていました。。。

 平日13時半頃の来店で、1階席は3名ほどのお客さん。店員さんは男女3名でした。口頭で注文します。期間限定の”梅つけ麺”860円にクーポンで三田盛り(通常300円)、麺は”大盛””あつもり”でお願いしました。

 注文から4分で三田盛り&つけ汁が登場、その後1分で麺が登場!

 スープ:ドロドロの粘度が高いスープ。魚介の風味がかなり強いです。ですが、スープは単層なのか魚介の味が強いですがそれ以上の味が無く、大盛にすると半分くらいで飽きてしまいます。今回は”梅つけ麺”なので、大葉の上に乗ったシソの実をスープに浸していくと急に酸味のあるスープに変わりました。酸味とシソ感が加わり、風味があって美味さも一気に上がりました。

 麺:”あつもり”にすると、麺にスープ割り用のスープを少し投入して麺がくっ付かないようになるようです。と言う事は麺を水で締めてない??実際食べてみると麺がふにゃふにゃで”あつもり”の悪い所が出ていました。またあつもりだと梅つけ麺の風味が損なわれてしまうようで、梅つけ麺にするときは「あつもり厳禁」だと感じました。麺量は大盛にすると茹でた後の重量で610グラムになるようで、後で体重量ったら恐ろしいほど増えていました。。。。

 具:つけ汁の器にはメンマ、ネギ、コロコロチャーシュー数個など。梅つけ麺なのでそこに大葉とシソの実が入ります。三田盛りの具材は海苔2枚、メンマ、半分カット半熟玉子1個分、チャーシュー1枚など。メンマは太めで味染みで美味。海苔も麺に絡めて食べると美味いです。半分カットされた半熟玉子は殆ど熟されていましたが、黄身は熟しきれないギリギリの具合でかなり美味いです。スープに浸すと美味さがより一層上がります。チャーシューはコロチャーも1枚チャーもどちらもややパサしっとりでした。コロチャーの方がパサ感がありました。コロチャーは成型肉っぽいです。

 梅つけ麺は”ひやもり”にするのが良さそうです。ひやもりでしっかり水で締められた麺を、梅エキスが入った熱々のスープでサッパリと頂くのが美味そうです。また今回は他店のつけ麺でやった「つけ麺→まぜそば→らーめん」の流れを試してみました。

 最初は普通のつけ麺を、次につけ汁を麺の器に少し入れて麺を混ぜて”まぜそば風”にして、その後つけ汁と割りスープを麺の器にドバっと入れて”ラーメン風”にして食べてみました。まぜそば風に関しては、つけ汁にアブラ感が無く、またラーメンタレやお酢が無いのでやや厳しい闘いを強いられました。ラーメン風については、割りスープの分量が多めになりバランスがやや崩れてしまったのと、やっぱり油が入っていないとあんまり美味しくないみたいです・・・・・。と言う事は、油が入っているつけ麺ならば、まぜそば風もラーメン風も出来そうだと言う事になり・・・またどこかでやってみたいと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「辛つけ麺820円大盛あつもり(感謝祭で560円)」@つけ麺専門店 三田製麺所 セブンパークアリオ柏店の写真2017年の三田製麺感謝祭にて利用しました。5月18日から22日まで開催されるイベントで、つけ麺が500円、辛つけ麺が560円になります。18日はつけ麺専門店 三田製麺所 神田店にてつけ麺を食べたので、今度は辛つけ麺を食べに、地元近くのセブンパークアリオ柏店へとやってきました。

 平日14時頃の来店で、フードコートは4割くらいの入りですが、テーブル席が多いので一人だとちょっと気まずさが。カウンター席を後で発見したので、そこに座りました。

 受付にて注文して、なんと直ぐにつけ麺登場です。2分も待ちませんでした。

 スープ:スープは基本的に豚骨魚介系で、魚介の風味が強いです。ドロドロで粘度がかなり高く、味も濃いのでつけ麺らしさがあります。ただし魚介系の味がやや単調なので、麺をずっと食べていくと飽きて来てしまいました。辛味にかんしては、ラー油や一味系の辛味があり、最初は美味さが、その後からじわじわと辛味が追いかけてくるような感じでした。辛味自体はそれほど強くは無いので、辛つけ麺を注文してから一味で辛味増ししているお客さんが居たりしました。

 またスープ割りは返却口近くにある魔法瓶にてセルフで入れられます。だし汁になっていて、スープ割りしても旨味が残るので、割った後のスープも美味しく頂けました。ただしあまりにも薄め過ぎたら薄くなりすぎて味気ないものになってしまいますが。

 麺:大盛400グラム(茹で上がり640グラム)まで無料です。なので大盛でお願いしました。また大盛だと量が多くて食べるのに時間がかかるので”あつもり”でお願いしています。あつもりだと麺が締まらないで食感が悪くなる印象があったのですが、今回はそうでもなく、温かさが後半まで持続していてイイ感じでした。麺は極太ストレート麺で、モチっとした食感があってなかなか美味いです。全粒粉などが入ったつけ麺が増えて着ていますが、こちらのお店のつけ麺の麺はそのような苦味を生じる成分があまり入っていないので、やや甘味のある味わいの麺になっていました。

 具:スープの器の中にメンマが3本、ネギ、海苔1枚、コロコロチャーシューが2個程度入っていました。具材は正直な所しょぼいです。メンマは太めでしたが、一本だけ筋張っていて硬いものがありました。チャーシューは形が崩れ気味でした。パサジューシータイプで引き締まった肉でした。悪くないですが、形が崩れていたのは残念な感じです。

 辛味がある方が美味しいかなと思いました。ただし60円増しですが・・・。麺は大盛だと後半飽きてしまいます。中盛りくらいにしたほうが最後まで美味しく食べられるかなと。。。または、トッピングを色々付けると飽きずに楽しめるかもしれません。スープの味は一世を風靡した濃厚つけ麺のそれなのですが、どうしても麺量が多すぎると飽きてしまうのが難しい所です。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺760円大盛無料(イベントで500円)」@つけ麺専門店 三田製麺所 神田店の写真ネットサーフィンをしていたら、三田製麺所の感謝祭なるイベントが翌日から開催される事を知り、丁度都内へ出る予定があったので行って来ました。用事がある茅場町から近くにある店舗を探した所、神田店が良さそうだと思われたので神田へ。同地で友人のK兄弟&レスラーと合流し、平日12時頃現地へと行ってみると・・・なんと外待ち15名以上の列が出来ておりました。

 まあ回転速いだろうと思い並んでみると、あっと言う間に列が進んでいき、10分もしない間に入店できました。感謝祭の内容は「つけ麺、辛つけ麺がそれぞれ260円引き」になり、更にトッピングも割引されるなどなかなかお得です。注文は「つけ麺大」にして、しばし待ちます。ちなみにつけ麺大まで無料で増量可能、茹で後で640グラムあるんだそうです。

 5分もしないうちに登場!

 スープ:粘度の高い、濃厚魚介スープでした。スープの上には海苔が乗り、その上に魚粉まで乗っています。最初は「おー久しぶり!やっぱり美味い!」と思ったのですが、麺が多いので食べ進めていくうちにその単調さにはやや飽きてきてしまい、終盤は「うーん、魚介系つけ麺ってこんな感じだったっけ」となってしまいました。お酢があるとかなり味変出来たでしょうが、それが無かったのが痛かった・・・調味料はコショウ2種類と一味があり、今回は一味のみ試してみました。多少辛くはなりました。

 麺:最初はスープに浸さず麺だけを食べてみると、やや風味のあるつるっとした喉越しの良い麺で、たまごが練り込んであるかのような風味もありました。麺量は小150グラムから大400グラムまで無料なので、お腹も空いていたので大を選択。途中の半分くらいまでは美味しく食べ進められましたが、後半は単調な味に飽きてしまいました。満腹、と言う訳ではないのに飽きが来るのはやや寂しい気持ちに。

 具:メンマ2本、海苔1枚、ネギ、コロコロチャーシュー2個程度が入っていました。メンマは太くて歯ごたえが良くて美味。コロコロチャーシューは1片2センチ弱のサイズで、しっかり旨味のあるチャーシューで美味かったですが、もう1個くらい入っていると良かったような。。。

 いかにも魚介系って感じでそこそこ美味しいスープですが、後半飽きてしまったのはチト残念でした。並んでいたので早く食べようと焦ってしまったのも最後まで美味しく食べられなかった一因ではあると思いますが、お酢が有るか無いかも結構大きかったと思います。お酢があればもっと良かったかな、とやや残念に思いました。

 ちなみに友人達も大体同じ感想を抱いていました。またスープ割りは卓上にある魔法瓶で自由に割りスープを楽しめます。お会計時、次回使えるトッピング無料券「三田盛り300円、半熟玉子110円、野菜盛り110円がそれぞれ無料」を貰いました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚魚介豚骨ラーメン302円」@鳥貴族 柏あさひ通り店の写真実家の引越し作業を友人皆に手伝ってもらい、その慰労として利用しました。連休最終日の祝日、19時半頃の来店で、店内はほぼ満席の大盛況でした。少し待って、5人だったのを2名・3名で分ける事にして、後で合流する手はずを取って貰い、とりあえず別々で入る事に。別々の状態で1時間弱食べ飲みして、合流してから後半の一品として、友人オススメの「濃厚魚介豚骨ラーメン」を注文しました。このお店は全品280円均一(税抜き)なので、ラーメンももちろん280円です。税込みだと302円!安いです。

 注文から7分程度?で登場!酔っていたので正確にはわかりませんが、早かったと思います。

 スープ:公式サイトの説明書きによると「濃厚豚骨スープと、厳選した煮干・さば節の風味が特徴のラーメンです」とあります。なるほど想像以上に濃厚な味わいで、鶏白湯系の雰囲気。鳥のお店なので鶏がらの出汁なのかと思ったら、そうでもないのか・・・・全体的にはやや味濃い目(しょっぱい)ですが、居酒屋のラーメンなので敢えて濃くしているのでしょう。個人的には濃い味が好きなので、かなり美味く感じました。トロミがあって粘度高めなのも、濃厚スープならではです。

 麺:中太縮れ麺で、やや柔らかめでした。麺量は少なく、100グラムも無い位かと思われます。麺に関してはそこそこの味わいでした。特別美味しい!とは言えませんが、悪くはないです。むしろこの値段にしては健闘していると思います。

 具:万能ネギ、チャーシューなど。万能ねぎは青い部分がメインで、細めに切られていて食感は弱め。チャーシューも全体として小ぶり。ただしなかなか柔らかくて、出来としては悪くない代物でした。ちょっと小さ過ぎるチャーシューで、食べた気がしませんでしたが。。。

 スープは友人がオススメするだけあって、濃厚で美味いです。お酒飲んでいる時に食べると美味しい、塩気の強い味付けでした。スープのバランスなども濃厚な味わいに寄っていて、天下一品のこってり・・・とまでは行きませんが、方向性としては近いものがありました。全体量が少ない分、値段も安く抑えてありますが、302円でこの量・この味なら率先して頼みたくなるメニューだなと感じました。鳥貴族は全体的に安いので、最終的には一人当たり2600円くらいで済みました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン中315g700円(ニンニク背脂魚粉)」@自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店の写真青春18切符で行く「2016年春の18切符旅大阪編」の初日、この日は地元柏を始発で出発し、10時間くらい掛けて難波までやって来ました。日本橋にて所用を済ませ、19時半過ぎになってお腹が空いたので何か・・・・と思ったら、ふと急に二郎系が食べたくなってきて、こちらドカ盛りマッチョさんに足が向いてしまいました。

 このお店は久しぶり、2回目の来店です。券売機システムは同じですが、メニュー構成や値段などは変わっているようです。ラーメンは並も中も同じで700円でした。カウンター席に座り、食券を店員さんに渡すと「麺量を100gから315グラムまで選べます」と言われ、少し悩んで315gでお願いし、更に「ニンニク入れますか?」と聞かれたので「ニンニク」そして最後に「背脂や魚粉など増す増さない??」と促されたので、背脂&魚粉を増しでお願いしました。

 待つ事8分くらいで登場!

 スープ:一口飲んでみて「あっ!これは!」衝撃が走りました。これは昔むかし10年位前にラーメン二郎 神田神保町店で飲んだスープとそっくりでした。醤油のカエシが強く、豚骨のダシがしっかりと出た独特な二郎系スープです。二郎直系店舗は店により仕込み具合によりスープの出来が違ってきますが、当時の神保町店や松戸店などはカラメが強くて油も多くて、飲み干してしまうと胸焼けしてしまうような濃厚スープでしたが、そのスープに濃度や味がそっくりでした。しかし醤油のカラメ具合は当時の神保町店のほうがやや濃かったかなとも思います。油の層の厚さは当時の神保町店のそれ以上だったかもしれません。魚粉の風味もありましたが、魚粉はそれほど強くは出ていませんでした。風味付けというか、麺をすすっていると一部「あっ、この辺魚粉かかってるな」と言う程度でした。

 麺:麺は平打ち縮れ麺で、かなり硬めでした。小麦っぽい風味で麺そのものは美味いですが、硬さには参りました。二郎直系店舗では麺は柔らかくしてある事が多いので、この点は二郎直系(二郎直系でもこのくらい麺が硬い店はあるらしいですが、未訪・・・なので)とは違いました。麺量は700円で100gから315gまで増やせるようですが、ここは意を決して315グラムでお願いしました。実際の麺量は想像ほど多くは無く、茹で上げ後の315gなのかな?と思われますが、定かではありません。

 具:モヤシ、キャベツ、チャーシューなど。モヤシ&キャベツの野菜に関しては、どちらもかなり茹でられていてシナシナでした。しかし味はよく、またキャベツは千切りのように切られていて食べやすいです。野菜は増量しなかったのでかなり量が少なく、その少なさは見た目以上に少なく感じました。味が良かったので、これなら野菜マシマシしても良いかもしれません。チャーシューはパサしっとりタイプで、2センチ四方くらいのごろっとしたタイプでした。二郎系っぽくて良いです。

 全体量は二郎系にしては控えめな印象ですが、二郎寄せ度はかなり高い気がします。また独自色も出ているので、二郎ファンではなく、このお店のファンもいるのではないかなと思います。つけ麺やまぜそばなどもあるようなので、また大阪旅行の際にはお邪魔しようかと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「つけめん750円(フーサワお食事券で500円引き)」@らーめん武士道の写真2月頃に行われていた「フーサワ100周年記念イベント」で手に入れたお食事券を使って、友人と4人で行ってきました。今回が2回目の訪問。さて何を食べようかとずっと考えていたのですが、しばらく考えた後、ラーメンの気分ではなかったのでつけめんをチョイス。定価750円ですが、500円分のお食事券を使ったので、現金で250円支払いにて注文しました。

 待つこと10分くらい?で登場!

 スープ:スープの入った器がまず激熱でした。あまりにも熱いので掴むのが大変。何とか引き寄せて、麺をスープに絡めて一口。スープも激熱!スープは意外にもサラサラしていて、粘度としては低めですが、カツオ節の魚粉がかなり入っていて、濃度としてはかなり高いです。魚粉以外のダシも比較的高めであるような印象です。なかなか美味。ちなみに麺の器の端っこにはワサビが付いていましたが、これをどう使うか・・・後でスープに入れてみましたが、あんまり変化ありませんでした。他の使い方があるのかもしれません。

 麺:浅草開化楼の麺を使用しているそうです。袋から麺を取り出し分けて重さを量っていました。袋がどこかで見たことがあるなと思ったら、中華そば つけ麺 魚介の達人 久兵衛 北柏店にて使用されていた麺と同じでした。麺量はどうやら200gであるようですが、個人的にはこの量だと少なく感じました。300グラム、なんなら400グラムあっても良いかなと思うくらいですが、そうなると950円になってしまうので、それはちょっと・・・というところ。ちなみに麺はかなり太くボキボキした縮れ麺でした。またかなり硬めに感じました。この辺りも久兵衛と同じ印象でした。

 具:スープの器には、ネギとチャーシュー1枚が隠れていました。麺の器には海苔1枚、カイワレ大根、メンマなどが乗っています。メンマの量が多く、7,8本くらいありました。他店ではメンマトッピングしなければ無いくらいの量です。チャーシューはトロッと柔らかく、バターのような風味までする極みの逸品でした。これはマジで美味いです。

 スープ、麺、具、どれも平均点以上の美味さ。個人的には値段に対する麺量がやや厳しいかなと思いましたが、それ以外はかなり好印象でした。また何故かカキ氷がセルフでサービスしており、食べ終わってからセルフで作り、外で食べることが出来るようです。もちろん後で4人で作って食べました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「和風魚介つけ麺780円&餃子350円(クーポンで無料)」@中華そばつけ麺 魚介の達人 久兵衛 取手店の写真地域の情報誌「ぱど」にて、久兵衛のクーポンが入っていました。今回のクーポンは、なんと太っ腹!餃子が1皿無料になるようです。まあ一皿と言っても、いわゆる半餃子、3つくらいの餃子だろうと思いますが、とにかく行ってみる事にしました。平日の14時頃の入店で先客が1名、30分くらいの滞在で後から1名の来客。店員さんは2名できりもりしているようです。券売機で食券を購入。チケットを渡すと、ライスか半ライスが無料で付くといわれたので、ライスでお願いしました。15時まではライスor半ライスサービスだそうです。

 餃子のレビューはこちら:http://gyouzadb.supleks.jp/review/921381.html

 待つ事5分でライス&餃子が、8分でつけ麺が登場!

 スープ:スープはサラサラしたタイプで、魚介の風味が凄まじく強いです。鰹のダシ&魚粉を大量投入している様子。タイプとしては「久兵衛そば690円」のつけ麺版のような印象です。味はかなりしょっぱく、また魚介の味も強めです。

 麺:麺は中細い縮れ麺でした。浅草開花楼の麺を使用しているようなのですが、商品によって麺の種類も違うようです。加水率やや高めでかん水も多め?の印象で、ややプチプチしたような感じの麺でした。小麦の風味などはあまり感じず、個人的にはそれほど美味しさは感じませんでした。麺量は200グラム程度のようです。

 具:スープの器にはネギ&魚粉が、麺の器には麺の上に梅干、海苔1枚、メンマ数本、ナルト、鰹節、チャーシューなど。チャーシューはパサっとした食感ですがしっとりしているのでパサ付き感はそれ程でもなく、やや柔らかめでした。味は特に付けていないようです。メンマは本数多め、6本くらい入ってました。梅干はちょっと新鮮な具材で、和風感があってなかなかです。

 個人的には、久兵衛そばのつけ麺版という感じですが、どちらかならば久兵衛そばの方が美味しいかなと言う気がします。また餃子ですが、3つだけの半餃子かなと高をくくっていたら、なんと5つも入っていてかなり豪華なお昼に。ライスも付いてフルセットのつけ麺定食になってしまいました。しかもトッピング無料券も付いてきて、サービスの良さに感動です。つけ麺は、今回はやや微妙な結果ですが、濃厚つけ麺やカレーつけ麺など、気になるつけ麺がまだまだあるので、そちらの方も試してみたいと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件