なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーシューメン 750円」@蒲原館の写真某著名人が日本一と認めるラーメンということで訪問。

前置きは特にないので早速レポへ
スープは鶏ガラをベースとした動物系の旨みがしっかり出ており、醤油のよさを上手く引き出している塩梅。鰹出汁もあってだろうか、中華そばのなかでは割と味に深みがあり思わぬ味わいで美味しいとテンションが上がっていきます。
しかし、麺の湯切りが甘く、麺をスープに投入し麺をなじませないでの提供のため、かき混ぜるとその旨みが茹でたお湯で消失し、ぼやけた味に。静岡県では決して珍しくない水で薄めてのあっさり(笑)でどこも主張してこない系統なのでうが、こちらの店でもそれは健在でした。
とは言え、旨みは残っているのでスープを啜ると素朴でしっかりとした味あわいで美味しいです♪

麺は130g程の中細麺。上記の麺で薄める采配でスープとの絡みは良くない印象で、麺の味わいが主体的。かん水の量は少なく、麺肌はやや白っぽい印象で、あっさりスープには程よい存在感。ボソッとした食感でやや硬めな茹で具合で緩やかなウェーブの啜り心地が良いです♪

トッピングはネギとチャーシュー4枚。チャーシューはしっとりと質感で、味つけせずにシンプルに肉の旨みを楽しむタイプで美味しかったです♪

最後はコショウを調整しながら完食。動物系の旨みがしっかり出たあっさりスープにお供がよく映えて美味しかったです♪

消費税増税の影響を受けてか、過去の投稿よりも値上がりはしていたものの、ラーメンとしてしっかりまとまっており、リーズナブルである以上に「あっさり」さも含め、ソウルフードとして根付いていることを感じる一杯でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏そば」@好麺の写真平日2010分 前客5名、 後客7名。

浜松駅から徒歩3分くらい、トヨタレンタリースの向かい。浜松出張終わり、浜松餃子つまみにしこたま飲んだ〆で伺う。初訪問、新幹線時間も30分後出発だったので迷わずイチオシされている

鶏そば(750円)を。食券ではなくテーブルオーダー。

頼んでから確認するのも筋違いだけど、メニューをじっくり見つめるとディナーセットが充実してる。らーちゃー、餃子ラーメンから丼ラーメンセット、餃子晩酌等々、1000円前後。グランドメニューは醤油、塩、味噌、四川ラーメン、からの焼きそば、丼もの、回鍋肉酢豚レバニラと、所謂、中華無双。飲んだ〆での僕のような客もいれば、ご飯を食べにこられている夫婦、会社仲間と飲みに来ている面々。幸せな空気と活気が漂ってる。

丼着は早かった。体感だと3分くらい?とすら思えるくらい早く来た。トッピング葉物の緑が黄金スープとわかりやすい綺麗なコントラストをだしてる見た目、テラテラ油は鶏油か?そのおかげで輝き増している。
うーん、鶏!!わかりやすく、かつ期待通りの鶏ベース清湯ラーメン。パンチはあるが塩気は控えめ、中細ちぢれ麺のプチプリ弾けと良い感じで、〆ラーメン正解。細切りの鶏チャーシューは食べるからにヘルシーで全体的にパンチあるが重くない。
しっかり〆られつつ新幹線にも余裕で間に合った。今度はじっくり色々つまみながら飲みにきたいですね。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん濃厚魚介豚骨  780円」@麺匠うえ田の写真休日のお昼に訪問。店内は広いが、訪問時は半分くらいの入り。

★★★★☆ スープ
魚介が多いめの豚骨魚介。

★★★☆☆ 麺
中細ストレート。大盛り無料。

★★★☆☆ 具材
肩ロースの大判チャーシューに太めのメンマと海苔とネギ。

★★★★☆ コスパ
ランチはライスやカレーがサービス。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「普通のラーメン、浜松餃子、五目あんかけ焼きそば、レタス炒飯他」@五味八珍 メイワン店の写真浜松駅ビル メイワンレストランフロア内。浜松出張時、浜松餃子をつまんでビール飲んで帰ろうと同僚と立ち寄り。浜松餃子の有名店数あれど、こちらは浜松餃子からの、炒飯やらラーメンやら、ファミリー中華とうたわれているだけあり嬉しい炭水化物とともに。それにコスパもいいと同僚イチオシ。何より浜松駅ビルだからギリギリまで時間も気にしなくて良い。
ビールやらハイボールやらレモンサワーやらを飲みながらたのんだのは

浜松餃子、五目焼きそば、レタスチャーハン、五目チャーハン、鶏から揚げユーリンチー風、おつまみ三種盛り、フライドポテト、枝豆、普通のラーメン。

普通のラーメン、良い。名前の通りなんてわかりやすい。鶏ガラベースの醤油ラーメン。コクある部分は魚介ダブルになってるのかな?中太麺は滑らかな柔らかめで、そんな部分も、わかるわかる的な萌える。たらふく食べて飲んでしめる、あえて、こういう味にしてねらってんだろうな的なちょうど良さ。
ちなみに、餃子も他の料理も全力で美味い。餃子12個一皿を5人で頼んだのは六皿。レタスチャーハンも唸るものだったし、五目焼きそばは庶民大好きなチュウカフウ甘辛だれに、焦げ目も適度なパリパリと麺のモッチモチ、クセになる。
美味しかった。沢山飲んで沢山笑った。素敵な時間でした。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中盛りチャーシュー麺 濃いめ固めちょい多め 海苔 小ライス」@捲り家の写真10月9日(水)12時50分に訪問。
先客8名、後客6名。

入ってすぐ右手の券売機にて、表題のものを購入。
1500円入れて、
中盛りチャーシュー
海苔
小ライス
を、押す。
お釣りボタンを押すと100円出てきた。
???あれ???
50円足りない。
よく券売機を見てみると、ラーメンは全て50円高くなっている!
トッピングやライスは据え置き。
今月から50円上げたそうだ。

中盛りチャーシュー麺 1150円
海苔 100円
小ライス 150円

50円の値上がりしても、この美味しいラーメンにはついていきますよ!!!

バイトのお姉さんにチケットを渡し、濃いめ固めちょい多めと伝える。
水をセルフでくみ一番奥の席へ。サーフの寸胴の目の前である!
いい匂いだ!!!!!

待つ事4分で小ライスが到着。
いつものように、ライスの上に乗った塩キャベツの微塵切りに、豆板醤とニンニクと胡椒を。
軽く混ぜ混ぜしておく。
水を一口飲み、口の中を清める!
そしてすぐ、ラーメン着丼!!!!

おぉーーーー!今日も美味しそうだ。
まずはスープの上澄みの鶏油を一口。うまいっ!!!
最高だ。もう一口!うめぇ〜〜!!!
続いて底から掬ったのを一口。マジうめぇ〜〜!!!!
舌が痺れる!!!!!
豚骨出汁出てますな!!!!
最高!!!!
味わうスープに感動して、箸を持つ手が止まってしまっていた。
やべっ!軽く丼の中を混ぜて麺を啜る!
ツルモチシコ!!わぁお!!!うまい!!!
今日は文句なしのパーフェクト!!!!
スープを掬えば刻み葱も一緒にレンゲに。シャキッとしたネギである!いま切ったばかりではないかと思わせるみずみずしいシャキッとしたネギ!うまい!
苦手な方は抜いてもらいましょう!
海苔をスープに浸して、先に用意しておいたライスの上の塩キャベツの千切り微塵切りとライスを海苔で巻いて食べる!!
これ、最高なんです!!!
ラーメンには、胡椒もニンニクも豆板醤と、なーんも入れたくはないのである!
こだわりを持ち丁寧に作られたスープをそのまま味わいたいからである!
チャーシューすこし小ぶりではあったが、絶妙な味付け!
頬っぺた落ちそう!

麺をすする、スープに浸した海苔でライスを喰う!
この繰り返しである。
あっという間に完飲完食!
ご飯も丁寧に研ぎ、固めに炊いてある!最高だ!!
家系ラーメンいろんなとこあるが、ライト系では茅ヶ崎の清水家さんとせるくらい捲り家さん最高である!

この美味しさをなんとか皆様にお伝えしたい!

塩豚骨や、味噌豚骨もある!
味の濃さや油の量を自分好みで仕上げて食してもらいたい!

なにはともあれ、ほんとーーに久々の舌が痺れるスープ!
満腹満足であった!

また行きます!!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 26件

「うまいラーメンパートⅡ 850円」@松福 東椎路店の写真お好みを選べるシステムなので、麺硬め、味濃いめで注文。

スープは豚骨ベースにマー油が混ざったような濃い褐色をしているが、マー油ではなく魚粉が大量に溶け込んでおりスープを啜ったときに、ざらつくほどの量があり魚粉のインパクトがすさまじい印象。
濃いめだけあってか魚粉と豚骨の強烈な味わいに対し、油っぽさは低く重すぎないためインパクトのわりに軽めに食べられるスープがよかったです。静岡県でよく言われる「こっさり系」に分類できるスープといったところでしょうか。

麺は中太平打ちの縮れ麵で量は、150g程。硬めで注文したので芯が残っているのもあって、食感としてはプリッとした歯ごたえ、縮れの存在感のあり魚粉のパンチに対して印象は劣っておらず濃いめのスープにはマッチしていたように思います。

トッピングはほうれん草、ネギ、海苔、メンマ、チャーシューといった具合。
チャーシューは柔らかく脂がとろけるような食感で、魚粉のパンチがすごく負けない存在感となってたので組み合わせは良かったように思います。

総評してスープのオーダーを間違えてしまったのか、魚粉のパンチが全面的で粉っぽく無神経なスープであったのに対し、麺やトッピングがマッチしており、全体的にみるとまとまって着地したような一品であったと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「白そば」@麺屋 ブルーズの写真[訪問時期] 2019年10月上旬(平日) 昼
[注文方法] 口頭注目、後会計
[メニュー] 白そば
[価格] 850円
[スープ] 鶏+魚介/清湯
[味] 塩+白醤油
[麺] 細麺(150g位)
[トッピング] 鶏チャーシュー、ミニトマト、針生姜、大葉、葱


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12533323532.html

-----------------------------------------------

所用の後、移動途中にちょっと寄り道して、もう一杯。
この春、RAMENOIDさんの大人の遠足で知った店だ。
昼の部終了時間との戦いだったが、何とか滑り込み。
安堵が先に立ち、何も考えずに表題を注文して待つ間に、「ミドリ」なる限定の案内を見つけてしまう。
アサリ出汁にホウレン草ポタージュ、コーンピューレという斬新な組み合わせに惹かれたが、後の祭り。
調理は進んでいるし、限定15食なので売り切れていただろうと、自分を慰める。
僅か3分程でご対麺。

[レギュラーメニュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12533323532-14608696601.html
[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12533323532-14608696612.html

■ スープ
鶏と魚介出汁が穏やかに織り成すバランス系清湯。
蘊蓄によれば、タレは「三種の塩を独自に配合し,愛知産の白醤油・金沢能登産のいしるを加えた」とのこと。
塩メインっぽい書きっぷりだが、角がなく柔らかみがあり、やや甘味を伴う、白醤油の特徴が良く出た味わいだ。
出汁の主張より、このタレとの調和で飲み手を引き寄せるスープかな。
序盤はその甘味がやや気になるものの、後から薬味の針生姜や大葉と奏でるアンサンブルは、正に絶妙。
良く考えられた構成だ。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12533323532-14608696625.html

■ 麺
地元の老舗製麺所「叶屋」製という、加水を抑えた細ストレート麺。
啜り心地良く、ムギュパツ軽快な食感はクセになる。
味わいもスープと合っていて、結構気に入った。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12533323532-14608696637.html

■ トッピング
鶏チャーシュー、ミニトマト、針生姜、大葉、葱。
鶏モモ肉のチャーシューは、スープとの馴染み良く、もちろん軟らかくて美味しい。
ミニサイズの完熟トマトの甘味は、ハッとするようなアクセント。
その上には刻んだ大葉が丁寧に載せられ、ビジュアルの要になっている。
逆に針生姜は麺と同化して目立たず、刻み葱に至っては、敢えてチャーシューの下に隠してある。
独特のセンス。
上述通り、大葉と針生姜の、やや甘なスープとの駆け引きが、かなり印象的だった。

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12533323532-14608696644.html
[アップ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12533323532-14608696649.html

■ 感想など
「裏そば」と称する数量限定メニューを除いて、レギュラー麺はこのワンスープのみ。
かなりの自信とお見受けするが、まあ確かに美味しい。
焼きそばの町の路地にある、ビストロ風のお洒落なお店。
店内にはレコードジャケットが飾られ、偶々かも知れないが、流れるBGMは店名と似たブルース。
出てくるラーメンはイタリアンカラー、味わいは和風で美味。
ウケる要素は満載だ。

ご馳走様でした。

【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:薬味
・減点ポイント:

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン300g+愛情盛り♪」@K Dinerの写真ラーメン300g+愛情盛り
ニンニク少しをいただきました🍜
ん、美味い!お初の豚トロも絶品🐷
そして楽しい会話も更に嬉しく大満足の夜でした!
ご馳走様でした♪

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚らぁめん」@麺や庄の ららぽーと沼津店の写真[訪問時期] 2019年10月上旬(平日) 昼
[注文方法] 受付で前会計(フードコート方式)
[メニュー] 濃厚らぁめん
[価格] 830円
[スープ] 豚骨+魚介/白湯
[味] 醤油
[麺] 中細麺(140g位)
[トッピング] チャーシュー2種、穂先メンマ、三つ葉、葱


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12532908522.html

-----------------------------------------------

出張とオープン日がちょうど重なり、10時前に来てみたら、ららぽーと自体が既に営業開始していた😅
「飯田商店」は120分待ちだとかで、とても仕事に間に合わないので断念。
隣で並びゼロの当店で、思い出作りすることにした。
メニューを見るとつけ麺推しのようだが、思うところあってデフォラーメンを選択。
呼び出しベルを渡されたのに、店前で待てとの指示。
3分ほどで「お待たせしました」と口頭で案内、意味ね~

[メニュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12532908522-14607660264.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12532908522-14607660326.html

■ スープ
節系を強めにフィーチャーした濃厚豚骨魚介。
魚粉らしきザラツキもなく、鰹主体の魚介を確り炊いているようだ。
その魚介が、終盤まで動物出汁に飲み込まれないので、粘度が高い割りにしつこさを感じない。
飽きが来にくいのはナイス。
但し一方で、節由来の酸味が抑えられていないのが気にかかる。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12532908522-14607660413.html

■ 麺
全粒粉入りの中細ストレート。
加水抑え気味の麺をやや硬めに茹でてあり、中盤過ぎまではサクパツ軽快な食感を楽しめる。
フードコートでのオープン直後にしては上出来だろう。
絡みまくる濃厚豚魚スープに、風味はややたじたじな感じ。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12532908522-14607660473.html

■ トッピング
チャーシュー2種、穂先メンマ、三つ葉、葱。
チャーシューは肩ロース低温調理の薄切りが2枚、煮たバラ肉が1枚。
折り畳まれた前者は美味しく仕上がっているが、後者は脂身率が高く厳しかった。
軟らかい穂先メンマは、部位による食感のアクセントが欲しい。
三つ葉は彩り、風味共に効いている。

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12532908522-14607660532.html
[チャーシュー2種]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12532908522-14607660517.html

■ 感想など
魚介の強さの功罪がはっきり出た一杯に思える。
敢えて、酸味も含めた節の旨味を前面に出したのかも知れないが、もう少し丁寧に炊けば更に美味しくなるのに。
静岡に「庄の」ブランドを正当に伝えるには、トッピのレベルも少し改善したほうが良さそう。
初日ならではの下ブレと思いたい。

㊗️オープン㊗️
ご馳走様でした。

【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:㊗️オープン
・減点ポイント:バラチャーシュー

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚らぁめん(830円)」@麺や庄の ららぽーと沼津店の写真10/4、2杯目。
あちらで楽しんだ後にこちらも出店していたので連食~
なにせこのお店の系列に行ったことないので(・・;)
あちらの大行列に比べれば…。まずは受付に向かい、メニューを閲覧(*・ω・)
連食なので、色々考慮して表題を注文。レジ会計を済ませ、番号札代わりの鳴らないベルを受け取って受取口へ。
少々待った後に商品を受け取って席を確保してから記念撮影📷️

[こだわり] http://photozou.jp/photo/show/1771915/263382928

トッピングは穂先メンマは長くて柔らかだが、単なる飾りか?ネギはちょっと辛味が残るもの。いつもこうなの?適量ではある。三つ葉は濃い緑は彩りとしては効果的。お肉はレアチャーシューは厚さ薄めでも折り畳むことで立体感を演出。旨さは豚の良さもあってかいい。煮豚も豚の良さもあってかいい味わい。

スープは確かに濃いもの。ただ、変にしつこいものにはなってないか。お魚の風味も感じられ、塩分のきつさはなく、頂きやすさはあるか。濃くても優しいものという感じ。

麺は全粒粉のストレートの中細麺か。加水率低めかなというものはコシはやや硬めか。のど越しはするりとはいける。絡み吸い付きは濃いスープなので纏ってくる感じ。麺量は150gくらいか。適量ではある。麺の素材はいいが、忙しさにかまけてか湯切りを含めて扱いが雑だったのは残念だし、納得いかなかったので大幅減点。

店主はあまりタッチしていないようで、その分色々混乱も生じていてバタバタ感が出てしまっていたものになっていたかなと。まあ初日だから仕方ないところはあるにしても、しっかりやらなければならないところはしっかりやって欲しかった。

このあとは色々お口直しなど敢行。ららぽーと沼津を程よく楽しみました~

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件