なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーシューメン 750円」@蒲原館の写真某著名人が日本一と認めるラーメンということで訪問。

前置きは特にないので早速レポへ
スープは鶏ガラをベースとした動物系の旨みがしっかり出ており、醤油のよさを上手く引き出している塩梅。鰹出汁もあってだろうか、中華そばのなかでは割と味に深みがあり思わぬ味わいで美味しいとテンションが上がっていきます。
しかし、麺の湯切りが甘く、麺をスープに投入し麺をなじませないでの提供のため、かき混ぜるとその旨みが茹でたお湯で消失し、ぼやけた味に。静岡県では決して珍しくない水で薄めてのあっさり(笑)でどこも主張してこない系統なのでうが、こちらの店でもそれは健在でした。
とは言え、旨みは残っているのでスープを啜ると素朴でしっかりとした味あわいで美味しいです♪

麺は130g程の中細麺。上記の麺で薄める采配でスープとの絡みは良くない印象で、麺の味わいが主体的。かん水の量は少なく、麺肌はやや白っぽい印象で、あっさりスープには程よい存在感。ボソッとした食感でやや硬めな茹で具合で緩やかなウェーブの啜り心地が良いです♪

トッピングはネギとチャーシュー4枚。チャーシューはしっとりと質感で、味つけせずにシンプルに肉の旨みを楽しむタイプで美味しかったです♪

最後はコショウを調整しながら完食。動物系の旨みがしっかり出たあっさりスープにお供がよく映えて美味しかったです♪

消費税増税の影響を受けてか、過去の投稿よりも値上がりはしていたものの、ラーメンとしてしっかりまとまっており、リーズナブルである以上に「あっさり」さも含め、ソウルフードとして根付いていることを感じる一杯でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。