なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油ラーメン、半炒飯」@はごろもの写真10月9日 13時 前客3名

仕事で御殿場に。駅前に目立つラーメン屋さんはあるものの、時間に余裕があったので10分程度歩き少し距離あるこちらに伺う。

すっごいほっこりとした空気。町中華店というより実家に帰ってきたみたいな、中々かもしだせない落ち着き感ある店内。そんな町中華あるあるだが、メニューが多数。食券機購入だが、店内至るところにセットなり定食なり瞬時に理解して決めるには迷いすぎる情報が掲示されていて、脳内シュミレーションフル回転…。でも結局

醤油ラーメン(500円)半炒飯(320円)を購入。迷ったら原点に、というか置きにいったオレ…。素ラーメン半炒飯セットが620円だったのだが合計200円の違いはどう違うのだろう…まぁ良い、再訪問機会あればその時に悩んでみよう。

待ち時間店内を見渡してみると、ラーメンウォーカー静岡版に何度も掲載があるよう。2012年には13位にランクインの紙面コピーが貼られてる。またラーメンづくりの思いとして

ラーメン作りは芸術だ
できるだけ誠実に素材から旨みを引き出し調和のとれた味に…(中略)…ラーメンは豚ガラと鶏ガラと人ガラで作られる芸術品だから

と熱いメッセージ。うーん、熱い。この熱さはこだわりやプライドの裏返し、そのチューニングを人柄とされるお味の自信をひしひし感じる。

お盆に両品乗ってご登場。ん、ん?ラーメンの表面白も入り交じった茶濁??ニボニボスープの表面ににじり出るような色見や、泡豚骨の面構えとは全く違う濁な水面。そこにまぁまぁな油分の厚みも見受けられる。てっきり昔ながらをイメージしていたので面食らったが、撮影ひとしきりでいざ実食。
…うっま!美味いわ、美味い。。。びっくりした。個性もすごくある。細ちぢれ麺がプリもちで弾け踊る様も好きだけど、とにかくスープがとても美味しい。旨み力のパンチがすごい。あぁ、あそこのラーン食べに行こ、と間違いなく思い出される一杯。
改めて店内を見渡しこのスープの美味しさを探る。そう、答えはそこに書いてあるはず。
ふむふむ、豚骨鶏ガラベースに貝柱、干えびスルメ、昆布、煮干しに数種のお野菜の天然素材。少しスモーキーに感じる香ばしさはアゴだしか…。このアゴだしが秀逸でちょっとした引っ掛かりがありクセになる。。まさに旨み成分色とりどりじゃないか。でも、かといって美味いラーメンができるわけじゃない、まさに人ガラ、完全にそのお人柄にホレました…。

が、炒飯は作りおきの再加熱???ラーメンに比べクオリティの差が歴然。米に入った温度が低いし油臭さがある。これなら、ラーメン大盛りか、もう一種ラーメン頼めばよかったな…。というのも、こちらのスペシャリテは肉そばのようだし、みそ系やニラがきいたはごろも系もあるみたいだし。

もう一度食べたいし他テイストも頂きたい。御殿場きた折りにはまた伺います。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

チャーハン良さげなルックスですが、残念でした~。
しかし出張先での麺食って、モノスゴクそそりますよね~(^^)

あたと_13号 | 2018年10月10日 01:32

あたとさん、コメントありがとうございます。
炒飯は残念すぎる感じでした。
でも、そうおっしゃる通り、出張先で期待せず狙わずで食べた一杯がうまかった時の
やったった感半端ないすね~

スージーのなのなQ | 2018年10月10日 10:12

スージーさん、おはようございます♪

スージーさんは他県のいろいろな所に
訪問されているんですね!
こういった美味しいお店に出会えるのも
ちょっとした散策心があるからなんでしょうね。
ランチだから近場~とかじゃなくて、
ちょっと歩いて~を見習いたいと思います!

コマンタレブ♡ | 2018年10月11日 06:21